【ワレコの調査】高槻市立寿栄(じゅえい)小 ブロック塀倒壊 場所と地図【大阪北部地震】

この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

2018年6月18日(月)の朝7時58分頃に、大阪府北部でマグニチュード(M)6.1の地震が発生した。

文部科学省研究開発局地震・防災研究課 地震調査研究推進本部のサイトによると、今回の大阪北部を震源とする地震に関する情報が以下の通り。

2018年6月18日大阪府北部の地震に関する情報

  平成30年(2018年)6月18日7時58分頃に、大阪府北部でマグニチュード(M)6.1の地震が発生しました。

この地震で、大阪府大阪市北区(おおさかしきたく)、高槻市(たかつきし)、枚方市(ひらかたし)、茨木市(いばらきし)、箕面市(みのおし)の5市区で震度6弱、京都府京都市(きょうとし)、亀岡市(かめおかし)など18の市区町村で震度5強を観測したほか、近畿地方を中心に、関東地方から九州地方の一部にかけて震度5弱~1を観測しました。

引用元 地震調査研究推進本部https://www.jishin.go.jp/main/oshirase/20180618_osaka.html

だ。

M6.1なので阪神淡路大震災とか東日本大震災に比べると規模は小さいが、大阪府の直下型だったので古い家屋に多数の被害が出ているようだ。

地震 発生日時 マグニチュード
阪神・淡路大震災 1995年(平成7年)1月17日(火)5時46分52秒 M7.3
東日本大震災 2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分18秒 M9.0
平成28年(2016年)熊本地震 2016年(平成28年)4月16日(土)01時25分 M7.3
大阪北部を震源とする地震 2018年(平成30年)6月18日(月)7時58分 M6.1

表 近年発生した主な地震の発生日時とマグニチュード(引用元 Wikipedia)

さて、今回の大阪北部地震では不幸にして数名の方が亡くなられている。

その中でも、小学校のプール外壁が倒壊して無くなった小学生の事故は、連日報道されている。

ワテも気になったので、一体全体どんな危険なブロック塀だったのか調査してみた。

では本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高槻市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀

高槻市立寿栄(じゅえい)小学校をGoogleマップで検索してみた。

高槻市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀のストリートビューの画像を引用すると以下の通り。

写真 高槻市立寿栄(じゅえい)小学校の校門付近のストリートビュー

上写真で前方に今回の地震で倒壊したブロック塀が見えている。

そのブロック塀付近に近づいた写真を下に示す。

写真 高槻市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀のストリートビュー(倒壊前)

こんなに高いブロック塀は見るからに不安だ。

外からプールが見えないようにする目的なら、ブロックでなくて木製とかトタンでも良いし、あるいは樹木を植えるなどでも良いと思うが。

高槻市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀の場所

高槻市立寿栄小学校

〒569-0825 高槻市栄町3丁目11番2号
tel:072-694-8171/fax:072-694-8173

国公私立の別 公立学校
設置者 高槻市
設立年月日 1974年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地

〒569-0825

大阪府高槻市栄町3丁目11番2号

外部リンク 公式サイト

引用元 Wikipedia

 

高槻市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀の地図

ワテ自作の便利地図サイト(ワレコマップ)で見る高槻市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀の地図とストリートビューの連動表示だ。

ストリートビュー画像には現在工事中の塀の写真が出るはずだが、もし写っていない場合には、ストリートビュー画面をマウスドラッグして回転して視点を変えれば塀が見えるはずだ。

表示された地図で、右上の拡大ボタンをクリックすると大画面表示にも出来る優れものだ。

寿栄小のプール外壁のブロック塀が倒壊問題

報道によると倒壊したブロック塀は、高さが3.5メートルもあり、建築基準法が定める基準(2.2メートル以下)を大幅に超過していたようだ。

2018年6月18日(月)の地震では、寿栄小のプールの外壁にあたるブロック塀が約40メートルにわたって通学路側に倒れ、登校中だった同小4年、三宅璃奈さん(9)が下敷きになって亡くなった。

市教委はブロック塀について、基礎部分(高さ1.9メートル)にコンクリートブロック(1.6メートル)が積まれて計3.5メートルの高さがあり、建築基準法が定める基準(2.2メートル以下)に適合していなかったことを認めている。

浜田剛史市長も三宅さんの両親と面会し、「市に責任がある」と謝罪した。

引用元 毎日新聞のサイトhttps://mainichi.jp/articles/20180623/k00/00m/040/141000c

 

高さ3.5メートルのブロック塀をCADでデザインしてみた

Rhinocerosと言うモデリングソフトでブロック塀をデザインしてみた。

プールの横にあるブロック塀であるが、基礎部分(プールの高さ)が1.9メートル、その上にさらに1.6メートルのブロックが積み上げられている。

従って道路側から見ると高さ3.5メートルもの巨大は壁がそびえ立っているのだ。

そのブロック塀が、今回の大阪北部地震で途中から折れて道路に崩れ落ちた。

 

Rhinocerosでは、一つのブロックモデルをXYZ方向に好きな数だけ整列して配置する機能がある。今回はその機能を使ってみた。とても便利だ。

道路の側面に高さ3.5メートルもあるブロック塀が有れば、どんな専門家が安全だと宣言しても、ワテは絶対に信じない。

大きく揺れれば倒壊する危険性を感じるからだ。

大体、見たら分るだろ。

3.5メートルの壁だぞ。見上げるような高さだ。

そんな建築物には平常時であってもワテは近づかない。

なぜなら、劣化したブロックの破片が落ちて来るかも知れない危険性を動物的本能で感じるからだ。

同じく、街中を歩いていて、築年数何十年と言うような古いビルの横を歩く時には、出来るだけ壁から離れて歩くようにしている。

なぜなら、劣化した壁がはげ落ちて来る可能性も無きにしも非ずだからだ。年に一回くらいはその手の事故のニュースも見るし。

超慎重派のワテである。

ブロック塀事故の何が問題なのかを考える?

報道によると寿栄小の校長先生は、外部の人などからブロック塀の危険性を指摘されたので、高槻市教育委員会にも危険性を指摘していたようだ。

その指摘に対して、高槻市教育委員会の調査では問題無しとの判断が出た。

さて、問題は高槻市教育委員会が杜撰な現地調査で間違った判断をした事であると思われるが、世の中、この手の問題は良くある。

つまり、下の者が何かの問題点に気付いたとして、上の者に報告した。

でも、問題無しとの判断。

例えば会社の中での法令違反を見付けたので、内部告発したとしても、上層部にもみ消される場合もある。かつ、告発した本人は、左遷されるなどの被害を被るなんて事件も過去に何度も報道されているのを見た。某光学機器メーカーの事件が有名だ。

長い物には巻かれろ

例えば今回の件で言うと、校長先生は教育委員会から安全性に問題は無いという返事を貰ってそれで100%安心したのかどうかは分からない。

もし仮に教育委員会が安全だと言っているが、3.5メートルもの高さの壁は地震で倒れる危険性を感じるだろうから校長先生が他の機関にも危険性を指摘していたとする。

例えば大阪府など。もしその結果、大阪府の判断で危険だと判定されて地震が起こる前にブロック塀が撤去されていたとすれば、今回の事件は起こらなかった訳だ。

それならハッピーエンドなのだが、しかしながら物事はそうは簡単には行かない。

なぜならば、もしそう言う事になれば高槻市教育委員会にしてみれば、自分達の面目丸潰れだろう。

その結果、校長先生は正しい事をしたにも関わらず何らかの処分や不利益を直接的あるいは間接的に受けるかも知れない。

そう言う事を心配すると、校長先生の立場であれば教育委員会が問題無いと言っているんだから、自分は今も危険だと思っていても見過ごそうと言う気持ちになるかもしれない。

つまり長い物には巻かれろか。

まあ、あくまで仮定の話なので、今回の高槻市立寿永小学校の校長先生がそう言う行動を取ったと言う訳ではないので、その点はご注意下さい。

冤罪事件の担当検事・裁判官みたいなものか

袴田事件に代表されるように、昭和の警察が証拠を捏造して別件逮捕・自白強要で作り出した冤罪事件は多い。

もう何十年も裁判が続いている。

現在袴田事件を担当している検察官や裁判官達は、過去の検察官・裁判官達から引き継いだ証拠書類などを元に事件を担当していると思うが、どう見ても冤罪事件の疑いが強いのにたまたま自分が担当してしまった。

証拠も捏造の疑いが強いし、袴田さんよりも怪しい人物が他に居る事も良く知っている。どう考えても冤罪事件だと思うので正義感から無罪にしたいが、そんな事をすれば自分の今後の出世の道が絶たれるかも知れない。

なので、ここは無難に元々の死刑判決を引き継ぐ形で判決を出したのかな。

でも、多少は良心の呵責と言う物があるので、「死刑と拘置の執行停止については維持した」んだろうなあ。

1966年に起きた「袴田事件」で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(82)の即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、地裁決定を取り消し、再審請求を棄却する決定を出した。地裁が再審開始の根拠とした弁護側のDNA型鑑定について「信用性は乏しい」と判断した。

一方で、袴田さんの健康状態などを考慮し、死刑と拘置の執行停止については維持した。弁護側は再審請求の棄却を不服とし、最高裁に特別抗告する方針。

引用元 https://mainichi.jp/articles/20180611/k00/00e/040/173000c

まあ、無難と言えば無難な判決であるが、裁判長大島隆明君の顔に苦悩が見えるのはワテだけか?

大島隆明裁判長

↑をクリックで画像検索する。

そもそも袴田事件を最初に担当して死刑判決を出した裁判官の一人である熊本 典道氏は苦悩のあまり裁判官を辞めている。

熊本 典道(くまもと のりみち、1938年10月30日[1] – )は、日本の元裁判官、元弁護士。

2007年、合議の秘密を破り、袴田事件の支援者に宛てて「事件は無罪であるとの確証を得ていたが裁判長の反対で死刑判決を書かざるを得なかった」という内容の手紙を書き、その後改めて記者会見を開き同様の趣旨の発言をした。

熊本 典道氏のWikipediaから引用

出世する為には冤罪だと分かっていても死刑判決を平然と出せるような人間で無くては裁判官にはならないほうが良い。

木谷明

ワテが欠かさず聴いているTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」2018年6月23日の放送にゲスト出演されたのが木谷明さんだ。

このブログ記事になんとタイムリーなゲストなんだろう。

ワテには予知能力が有るのかも知れない。

木谷 明(きたに あきら、1937年12月15日 – )は、日本の法学者、弁護士。元裁判官。元法政大学法科大学院教授。元東京高等裁判所判事、最高裁判所調査官。

刑事裁判の有罪判決が99.9%以上を占めると言われる日本の裁判所にあって珍しく無罪判決を書くことに積極的だった裁判官として知られ、現役中に約30件の無罪判決を確定させた実績を持つ。

彼は、日本の裁判官のほとんどが検察の言いなりに動いて有罪判決ばかりを書き、大量の冤罪判決を生み出し続けていると言われる現状について、「私はかなり多くの無罪判決を出しましたが、1件だけしか控訴されませんでした。

でも、無罪判決にはたいてい検察官が控訴します。控訴されると無罪判決が破棄されることが多いのも事実です。

控訴されない無罪判決を書くには技術が要ります。いろいろな事件で苦労してはじめて一人前の裁判官になると思うのですが、無罪判決を書く苦労をしていない裁判官が多いのは残念なことです。

その結果、検察に物申すような裁判官が私の現役時代と比べて減ってしまいました。皆さん天下の大秀才なのでしょうが、腹の据わった裁判官はどこにいってしまったのでしょうね。この国の刑事司法の先行きが本当に心配です」と苦言を呈している[1]。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/木谷明

あかんがな。こんなこっちゃ日本もお仕舞だ。

木谷さんに関する重要な情報なので、Wikipediaから長文を引用させて頂いた。

気骨も信念も無い軟弱な裁判官は木谷明氏の爪の垢を煎じて飲ませて貰うほうがいいかも知れない。

まとめ

高槻市立寿永小学校のプール塀倒壊事件の後、日本全国でブロック塀を取り壊す報道を見た。

卒業生が卒業記念に描いた絵を何のためらいも無く危険だという理由だけで壊している。

昨日までは何の対策もしていなかったのに、大阪の事件が起こったとたんに掌を返したようにブロック塀を壊す。

まあ壊せば安全にはなるが、そんな安易な対応で良いのかなと心配になる。

日頃から安全性を点検する習慣が無かった事を反省すべきではないのかなあ。

つまりまあ、安全性を高める為のシステムを日頃から作る努力をするほうが重要だろう。

校長先生が大阪府や日本政府にブロック塀の危険性を訴えたとしても、教育委員会に目を付けられないような仕組みを。

でも難しいだろうなあ。

企業なんかで内部告発なんてしても本人に取って良い事は何も無いと思うからだ。難しい問題だ。

解決策としては、雇われる側ではなくて、自分で起業すればいいんだな。

簡単!

 

しかしまあ、ブロック塀を高く積み上げる事にどんな意味があるのかなあ。

防犯が目的なら、ブロックじゃなくても木製の塀で十分だと思う。

プールの盗撮防止なら、何らかのシート状の物でも良いし、あるいは植木などのほうが街並みにも良い。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップコラム何でも調査
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント