ラーメン店 「蔦」 ミシュラン初「一つ星」 豊島区 の場所と地図

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

東京都豊島区にあるラーメン店「蔦」と言うお店が、レストランガイドの本で有名なミシュランの評価で、世界初の「一つ星」を受賞したそうだ。

Japanese Soba Noodles 蔦(つた)

が正式な名前のようだ。

こういうニュースは見ただけでラーメンが食べたくなってくる。

でも、ミシュラン一つ星受賞となると、一体どんな物凄いラーメンやねんと思う人も多いに違いない。

  • ラーメン一杯何千円もするんちゃうか? とか、
  • スープの味付けはコンソメなのか? とか、
  • メニューが全部フランス語で、料理やワインの注文が出来ずに戸惑うのか? とか、
  • スーツにネクタイ姿で無いと入店させてもらえないんちゃうか? とか、
  • フォークとスプーンでパスタみたいに食べるのかな? とか、
  • ラーメンを作っている人は大将じゃなくて、シェフと呼べばいいのか? とか、
  • ラーメンを啜る音を出すとしばかれるのか? とか、(んな、あほな!)

小心者のワテの不安は増すばかりだが気になるラーメンだ。

一体全体どんなお店なのか

一体全体どんなお店なのか調査してみようと思ったら、店主さんのブログを発見した。

そこを見ると、日々のラーメン研究の過程が公開されている。

そのブログへのリンクを紹介させて頂くと、食材や味付けに関係しそうなカテゴリーも

などがある。

掲載されている写真は、料理に素人のワテが見ても、一目で美味そうだと思う写真ばかりだ。

一つ画像を引用させてい頂くとこんなラーメンらしい。

ramen_tsuta

ピンク色のチャーシューなんて、今までこんなの見た事無いぞ!と言うレベルだ。

不味いラーメン屋だと、本当に豚肉なのか何なのか分からないような謎のチャーシューが入っていて、食ってみても肉なのかゴムなのか分からないような怪しい店もある。

このピンクのシャーシューは、ラーメンに入れずにそのままステーキで食べてみたいわ。

これは普通のラーメン屋ではないな。ますます食べたい。

基本は、醤油ベースの普通のラーメンのようだ。

で、火曜日のみ味噌ラーメンのお店「味噌の陣」として営業しているらしい。

店主さんのこだわり

スープの味が味噌ベースの日には、「蔦」ではなくて「味噌の陣」というふうに店名まで変わる所に店主さんのラーメンに対するこだわりというか、思い入れのようなものを感じる。

普通のラーメン屋だったら、メニューに醤油ラーメン、味噌ラーメンの二種類を用意すればいいわけだが、そうはしない。

醤油ラーメンの「蔦」

味噌ラーメンの「味噌の陣」

という別々のお店で、味付けも素材も全く違う二種類のラーメンを提供しているということなのだろうか。

普通のラーメン屋だと、醤油ラーメンのスープに味噌を溶かしてそれで味噌ラーメンとして提供するだろう。でも、そういう安易なものは作らない。味噌ラーメンに特化した味噌スープを作って、味噌ラーメンとして提供する。

もしそうだとすると、物凄い、職人気質のようなものを感じる。

以上、全てワテの想像による文章なので、店主さんがそのようにコメントした訳ではありません。

メニュー

さて、価格やメニューに関しては、お店の公式ホームページが見つからなかったので、ネット上の情報を総合すると(2015/12/02) 現在、

醤油そば(黒トリュフの香り)

  • 醤油そば                 850円
  • 味玉醤油そば           950円
  • 焼豚醤油そば        1,150円
  • 海苔玉醤油そば     1,000円
  • 焼豚味玉醤油そば  1,250円

塩そば(白トリュフの香り)

  • 塩そば                   850円
  • 味玉塩そば             950円
  • 焼豚塩そば          1,150円
  • 南高梅塩そば          950円
  • 焼豚味玉塩そば    1,250円

大地のつけそば(ポルチーニ茸の香り)

  • 大地のつけそば         900円
  • 味玉つけそば         1,000円
  • 焼豚つけそば         1,200円
  • 焼豚味玉つけそば   1,300円

鶏油そば

  • 鶏油そば                800円

鶏油そば専用トッピング

  • グリルチキン            200円
  • バジルトマトソース   100円
  • 生卵                          50円

麺の増量

  • ラーメンの大盛り(麺210g)  150円
  • つけそばの大盛り(麺300g)  100円

ご飯類

  • たまごかけご飯      350円
  • 肉飯                     250円
  • 〆のスープ茶漬け   200円
  • ご飯                     100円

トッピング

  • 焼豚              300円
  • 極太メンマ     100円
  • 味玉              100円
  • 海苔              100円
  • あおさ海苔     100円
  • 南高梅           100円

などがあるようだ。

物凄く分かり易い料金体系だ。恐らく店主さんはA型だと思う(ワテの推測です)。

トッピング 焼豚300円で、あの美味そうなピンクチャーシューが追加できるなら、これはお勧めかもしれない。

さて、気になるその豊島区のラーメン店「蔦」の場所と地図であるが、

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラーメン店「蔦」の場所と地図

Japanese Soba Noodles 蔦
東京都豊島区巣鴨1-14-1
03-3943-1007
営業時間
11:30-16:00
材料切れの場合終了
定休日 火曜日・水曜日
火曜日は味噌の陣として営業

JR山手線 巣鴨駅南口 徒歩2分の場所だ。

われこマップ

wareko maps
旧グーグルマップ風の使いやすい地図です。地図を見ながらストリートビューを見ることが出来ます。

※ 一部のネットユーザーの間ではミシュラン☆☆☆級の凄い地図サイトだと噂されているらしいわれこマップ(あくまで私が耳にした噂です)

 

Googleマップ

ストリートビュー

池袋に行く機会があれば是非食べてみたい。スーツとネクタイは必要ないようだ。

でも、2時間待ちの行列ができるらしいので、それを覚悟で行かなくてはならない。

まあ、ミシュラン世界初の一つ星ラーメン店なんて、今後も滅多に出ないだろうから、2時間待つ価値は十分あるな。それも1000円前後で味わえるわけだから。

是非行きたい。

追記(2015/12/07)

 

 

鳶 とび

 

 

蔦 つた

 

良く似た漢字なのでこの際両方覚えよう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント