東京オリンピック 新エンブレムの作者はネット民の追及に耐えられるのか?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2015年12月7日(月)の報道によると、

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日正午、公式エンブレムの応募受付を締め切った。応募総数は1万4599点有ったそうだ。

2015年7月24日に佐野研二郎氏のデザインがが選ばれた時は、応募総数が104作品だったらしいので、140倍もの応募が有った事になる。

この後の選考の流れとしては、

  • 年内(2015)に事前審査
  • 100~200作品に絞り込み
  • 来年2016年1月7~9日にエンブレム委員による最終審査
  • 数点に絞り込み国民参画審査実施の有無を第7回エンブレム委員会で議論(注:その後決定した。末尾の追記参照)
  • 最終選考作品は2016年春に公表予定

というスケジュールだ。

さて、ここからが問題だ。

ネット民による猛烈な追及

公表された作品は、ネット民による猛烈な調査の対象となる事は明白だ。

アートディレクター佐野研二郎氏のデザインがベルギーのリエージュ劇場のロゴと酷似している事が報道されて以降、佐野氏が関与した他のデザインに関しても、ネット民の猛烈な調査の結果、数々の盗作疑惑が指摘されたのを覚えている。

ネット民の中でも、特に某大型掲示板にある既婚女性掲示板、通称、既女板(=鬼女板)の住人(頻繁に書き込む人)は、世間の疑惑・不正などに対して、猛烈な調査によって詳細な個人情報レベルまでを突き止めるという恐るべき能力があるようだ。

なので、鬼女と呼ばれているらしい。鬼女=既女=主婦 となるが、恐るべし主婦の能力だ。

 

さて、今回応募した1万4599の人やグループは、前回の佐野さん盗作疑惑を知った上で応募しているのだろうから、もし自分やグループが当選した場合には、佐野さんの例と同じく、自分やグループのメンバーの素性が、ネット民によって猛烈に調査される可能性を考えて応募している事になる。中には、何も考えていない人も居るかもしれないが。

兎に角、2016年の春に発表が行われた直後から、その新エンブレムを発案した人は、ネット民の追跡により、

  • 住所(自宅、会社、学校など)
  • 氏名
  • 職業
  • 電話番号
  • 学歴
  • 家族構成
  • デザイナーなら過去の作品全て
  • 友人関係

など、あらゆる個人情報が世間に暴露される可能性があるのだ。

そういうリスクを冒しても応募している訳なので、誰から何と言われても、私は

  • 清廉潔白
  • 青天白日
  • 品行方正
  • 公明正大
  • あと、何があるかな?思いつかない。

と言い切れるような聖人君子だろう。

叩けば埃が出るような人は、絶対に応募出来ないと思う。

そんな人いるのか?まあ兎に角、そういうリスクを顧みず応募する訳だから凄い勇気だと思う。

佐野氏の盗用疑惑事件の二の舞にならない事を願うばかりだ。

東京オリンピック絡みでは、既に新国立競技場建設白紙撤回問題、エンブレム盗用問題、などなど、既に世界的に恥を晒しているわけだが、これ以上はやめてほしいと思っているのはワテだけでは無いだろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうせなら、

  • 国会議員
  • 地方議会議員
  • 公務員
  • 裁判官
  • 警察署長
  • などいろいろ

そういう人々の経歴、行動、その他を調査すればいいのにと思う。

2014年に政務活動費問題で号泣釈明会見を開き一躍有名になった元兵庫県議会の野々村竜太郎氏などの例もあるように、税金が政治活動費と言う名目でどういう使い方をされているのか、気になる人は多いいと思う。

野々村氏の例などは、ほんの氷山の一角だと思う。

一部の市民オンブズマン、市民団体などがそういう調査をしていると思うが、徹底的にネット民が追及する世の中になれば、政治家は規律を正さざるを得なくなるだろう。

海外視察と言う名目で、ビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行き、殆どの行程が観光であり、視察と呼べるのは半日だけなどと言う、政治家の疑惑の行動は多々あるだろう。

是非、鬼女のみなさんは、政治家の行動にも注意を払って頂きたい。

 

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

略称TOCOG (The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)

2020年の東京オリンピック・東京パラリンピックのための組織委員会。

2014年1月24日に発足した。

現在の本部は虎ノ門ヒルズにある。

 

われこマップ

wareko maps
旧グーグルマップ風の使いやすい地図です。地図を見ながらストリートビューを見ることが出来ます。

 

Googleマップ

ストリートビューで見ると、ここが出て来るのだが、

このプレハブっぽい建物なのか?

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会がプレハブに有るはずは無いだろう。

要調査だ。

 

関連記事

東京オリンピック 新エンブレムの国民参画審査 – 波乱の予感はワテだけか?

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ生活
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント