【全国のひとみさん大迷惑】ひとみ故障、ひとみ誤噴射、ひとみ異常【そんな名前付けたらあかん】

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)が2016年2月17日(水)打ち上げたX線天文衛星「ひとみ」であるが、指令ミスでエンジンが誤噴射して太陽電池パネルが根元からポッキリ折れてしまったらしい。

 

その結果、修復不可能となり運用を断念したそうだ。

確かに太陽電池が折れたら、そりゃあ復旧は無理だろうなあ。

あかんがな。

 

そのお詫びの記者会見の説明の様子をテレビニュースで見た。

報道によると、ひとみの開発費は

310億円

らしい。

 

「310円置くんちゃうで」

と多くの関西の人は言うだろう。

 

太陽電池

太陽電池は今では手軽に入手できる。

こういうのを持っておけば太陽光で充電できるから便利だ。

約3000円くらいだから、310億円有ったら1000万台くらい買えるな。

15000mAh x 1000万 = 15 Ah x 107 = 150万 Ah

出力は5Vのようなのでワットに換算すると

5V x 150万 Ah = 750万W

か?

たしか原子力発電所の発電量が一基当りだいたい100万~150万KWらしいから、ちょうど原発5台分の電力が賄えるのかな?

それが操作ミスで一瞬にしてパーか!

もったいない。

ああ、これは林家パー子師匠。

単なるパーつながりです。

人名というのは、その扱い方に注意しなくてはならない。

 

全国のひとみさん

さて、ニュース連日で

  • 「ひとみ」が故障しました。
  • 「ひとみ」は制御不能で異常回転しています。
  • 「ひとみ」は通信が途絶えて再起不能になりました。
  • 「ひとみ」にデブリが衝突し分解した可能性あり。
  •  …

こんな報道が連日されたら、全国の

  • ひとみさん
  • 瞳さん
  • 仁美さん
  • 日登美
  • 一美さん

は大迷惑だろうなあ。

安易に人の名前をそういう実験機材の名前に付けるべきではないだろう。

高速増殖炉「もんじゅ」も同様だが、工業製品は必ず故障する運命に有る訳で、特に研究目的や実験目的の機器の場合、故障する確率も高い。

そんなものに人の名前を付けたら上記のような「ひとみさん大迷惑」な状況が発生する事は、考えるまでもなく分かるはずだ。

それにも関わらず、そんな名前を付けるJAXA、あかんだろ。

大人のひとみさんならまだ良いが、子供のひとみちゃんなら、この人工衛星の故障報道が原因で、冷やかされたり、からかわれたりして、いじめを助長する可能性も十分ある。

 

故障の原因詳細(ワテ調査)

報道では、太陽電池パネルが破損した原因は、

  • 姿勢制御装置の不具合
  • プログラムミス
  • 地上から送ったデータに誤りがあった

などの複合要因のようだ。

 

どのような経緯で太陽電池パネルが折れたのかをワテがネットの情報を収集してまとめてみた。

以下、ワテの理解なので間違ってる可能性もあります。

 

まず、

2016/3/26(土)午前4時すぎ、「ひとみ」は「機体が回転している」と誤認し、姿勢制御装置が回転を止めようとする力を掛けた。

でも実際には回転していなかったので、この姿勢制御装置の不具合によって本当に回転を始めてしまったらしい。

本来なら、この異常回転を止めるための操作が自動的に行われるはずだったのだが、地上の担当者が「ひとみ」に送ったデータに誤りがあり、回転をさらに加速させる結果となってしまったと言う事だ。

別の報道では、打ち上げ後の2月28日(日)に再設定したプログラムにミスがあり、エンジンが誤噴射して回転が加速したとの報道がある。

なので、この

「データの誤り」=「再設定したプログラムにミス」

の可能性が高い。

 

推測するなら、たぶん、

double 回転を止めるためのエンジン出力パーセント = -100.0;

として逆方向に回転させるべき所を、

double 回転を止めるためのエンジン出力パーセント = 100.0;

のような感じで、プラスマイナスの符号を間違えただけなのに、その結果エンジン出力が正回転で100%になり、グルグル回りだしたんだろうかなあ?

あかん。

実際の状況はもっと複雑なのだと思うが、問題の本質は単純化すれば多分こんな感じだろうと思う。

なぜ事前に気づかなかったのか、それが一番の問題だ。

 

なお「ひとみ」の制御プログラムにMicrosoft社 のVisual Studio のC#言語が使われているのかどうかは未確認です。

また、変数名に日本語を使っているのかどうかも未確認です。

 

シミュレーションはしないのかなあ?

宇宙空間にいる「ひとみ」さんに対して何らかの制御を地上から行う場合に、本番の操作をする前に、地上の予備機とか、あるいはコンピュータシミュレーションで事前にテストはしないのかなあ。

回転方向を間違えるなんていう低レベルなミスは、事前にテストすれば小学生でも分かるだろう。

310億円の予算があれば、その僅か1%の3億円、あるいは0.1%の3000万円くらいでシミュレーションプログラムを外注すればいいのに。

エンジン出力を制御する本番データを実機に送信する前に、そのシミュレーションプログラムを使って事前にパソコン上で、機体がどんな風に動くのかシミュレートすれば、こんな低レベルな問題は事前に気づくと思うが。

 

これくらいの予算でも、十分実用性の高いシミュレーションプログラムを作成する会社ならいくらでもあるだろう。

ワテでも引き受けても良い。

その場合には、以下のデータをご提供願いたい。

  • 機体のCADデータ(全部は機密事項だと思うので、おおまかな表面形状程度のデータ)
  • CADデータの形式は一般的なデータ形式なら何でもOK
  • 機体の重量と重心位置
  • エンジン位置、数、方向、出力、エンジンの応答速度、etc

くらいかな。

まあ、JAXAからワテに発注される可能性はゼロパーセントだろうと思うが。

それは間違いない。

 

おもな宇宙関連施設の場所と地図

筑波宇宙センター

〒305-8505 茨城県つくば市千現2−1−1

電話: 029-868-5000

 

鹿児島県の種子島宇宙センター

〒891-3793 鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津

電話: 0997-26-2111(代表)

関連書籍

人口衛星にも萌え系があるらしい。

 

もしワテがシミュレーションプログラムを受注したら、萌え系画像を衛星にテキスチャーマッピングしたい。

 

追記(2016/5/24)JAXAが事故原因の詳細を公表した

エックス線天文衛星「ひとみ」が破損して運用断念となった事故に関して、宇宙航空研究開発機構は本日24日、詳細な原因を公開した。

その内容をワテ流に要約すると、

  • ひとみは3月26日姿勢制御装置の故障でゆっくりと回転を開始。
  • 小型エンジン4台を噴射して止めようとした。
  • 事前に送信済の作動指示数値データに誤りがあり、予期せぬ秒数・方向で噴射された。
  • その結果回転が加速し太陽電池パネルなどが遠心力でポッキリと折れて分離!

ここまでは今までの報道で分かっていた。

で、今日明らかになったのは、

  • 送信したデータは、コンピューター内の元データを一部加工して業者が入力。
  • しかしデータが正しいかどうかを委託業者が事前に確認していなかった。
  • また、JAXAも業者がデータをチェックしたかどうか確かめなかった。
  • この作業は、JAXA担当者が初めて行う作業であった。
  • その為にこのデータで正しく機体が作動するか送信前にシミュレーションを怠った。

もう、あかんわ。

日本、あかんで!

まず、業者さんはなぜデータを検証しなかったのだろうか。もし仮にJAXAとの契約書の中に、納入前に入力データが正しいかどうか検証するなどという項目が無かったとしても、普通の感覚なら、自主的に確認するだろう。

少なくともワテだったら、最低3回は確認するな。小心者なのでそれくらいやらないと落ち着かない。

パソコン上でシミュレーションして確認するなら、同じパソコンではなくて、念のために複数台の異なるパソコン上でOSの種類も変えて検証して、それぞれのパソコンで出力された数値データが小数点以下30桁目くらいまで完全一致していることが確認出来るまでは、落ち着かない。

もしワテがJAXAの担当者なら、その検証作業自体を数回繰り返すわ。JAXAなんてスーパーコンピュータも比較的自由に使える環境にあると思うし、スクリプトでも組んでおけば全自動で検証作業も出来るだろう。

お粗末とはこの事か。

 

日本の先行きが思いやられる。

このところ、杭打ち不正事件、高速道路の巨大橋梁落下事故、三菱自動車燃費不正事件、東芝不正会計事件など、もう日本は手遅れかもしれない。

 

シェーーーーーーーーーーーーーー!

 

まあでも、原因が分かった訳だから、再発防止のマニュアルを作成すれば、同じ失敗は繰り返す事は無いだろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ生活
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント