【ワテのコラム】まあ、たまにはゴキブリくらい入るだろ。大騒ぎする必要は無い。

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2016年10月27日の報道によると、シーチキン缶にゴキブリが混入していたそうだ。

  • 体長15ミリ 
  • 山梨県内で販売
  • メーカー はごろもフーズ(静岡市)
  • シーチキンLフレーク
  • 同社は工場で混入した可能性が高いとして購入者に謝罪
  • 製造から1年10カ月経過
  • 同様の訴えがないことなどから商品の製品回収などはしない

との事らしい。

なお、報道にるよと、はごろもフーズさんは今後は「製造ラインの再検査と社員指導の徹底、工場間で情報の共有を図り、全社を挙げて再発防止に努めます」と述べたらしい。

以下、本件に関するワテの感想だ。

まあ、そんなもの読みたい人もいないと思うがまあブログなので勝手に書いている。

後半部分には衝撃的な画像も登場するので昆虫嫌いの人は見ないほうが良いかも。

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はごろも シーチキンLフレークのLとは何?

はごろも シーチキンLフレークはこれだ。

ワテの好きな「はごろも シーチキンLフレーク」だ。

 

ところで皆さんは、このLフレークのLの意味をご存じだろうか?

シーチキンLの L は英単語の Light の頭文字だ。

シーチキンの定番は「びんながまぐろ」を使った「シーチキン」だが、それより低カロリーの「きはだまぐろ」を使った製品が「シーチキンL」だ。Light は低カロリーを意味する。

水煮タイプと油で調理したタイプがある。

ちなみにワテは油で調理したタイプが好きだ。コクがあって美味い。

 

さて、スーパーの缶詰コーナーに行くと沢山のシーチキンを売っているが、原料の魚の種類が幾つかあるので、この際、覚えておくと買い物が楽しくなるだろう。

 

  シーチキンフレーク

びんながまぐろ

成魚は全長140 cm・体重60 kgに達するが、マグロとしては小型種である。

フレーク 綿実油で調理
  シーチキンLフレーク

きはだまぐろ

成魚は全長239 cm・体重200 kgに達する。マグロ属8種の中ではミナミマグロ、メバチと並ぶ中型種である。

フレーク 大豆油で調理
  シーチキンマイルド

かつお

サザエの弟、ワカメの兄、磯野家の長男のカツオもいるが、シーチキンの原料は海にいるカツオだ。

大型のものは全長1m・体重18kgに達するが、漁獲が多いのは全長50cm程である。

フレーク 大豆油で調理

表1. シーチキン三種類の違いを知っておくと買い物が楽しい

なお、魚の説明はWikipediaより引用したものである。

こんな本があるのか⁉

はごろもフーズ株式会社の情報
商号 はごろもフーズ株式会社
創業 昭和6年5月25日
設立 昭和22年7月28日
資本金 14億4166万円
売上高 単体763億円 連結778億円(平成28年3月期)
従業員 単体557名 連結702名(平成28年3月末現在)
上場証券取引所  東京証券取引所 市場第二部(証券コード2831)
本社 静岡県静岡市清水区島崎町151
TEL:054-354-5000

表1. はごろもフーズ株式会社のサイトから引用

 

本社は静岡にあるらしい。

上記のGoogleマップよりも使い易いかもしれないワテ自作の地図サイトワレモバ(モバイル対応)

WarekoMaps Mobile ver1.5 - Wareko.NET アプリケーション

 

 

 

さて、缶詰に入っていたのがゴキブリらしいが、こんなやつか?

 

ゴキブリ(蜚蠊、ひれん)

ゴキブリ(蜚蠊、ひれん)は、昆虫綱ゴキブリ目 (Blattodea) のうちシロアリ以外のものの総称。

なお、カマキリ目と合わせて網翅目 (Dictyoptera) を置き、Blattodeaをその下のゴキブリ亜目とすることがあるが、その場合、ゴキブリはゴキブリ亜目(のうちシロアリ以外)となる。

(説明文と写真は ゴキブリのWikipediaからの引用)

Cockroachcloseup.jpg
By 邰秉宥 from Changhua, Taiwan – Cockroach, CC 表示-継承 2.0, Link

 

まあ、ゴキブリは嫌いな人は大嫌いな昆虫だ。稀にゴキブリを怖がらない人もいる。

中には調理して食べる人もいるらしい。

 

一方、よく似た昆虫にコオロギがいる。

コオロギ(蟋蟀、蛬、蛩、蛼)

 

コオロギは、昆虫綱バッタ目(直翅目)キリギリス亜目(剣弁亜目)コオロギ上科の総称。

直翅類とはバッタの旧称で、前翅(まえはね)の背側がまっすぐに尾部に伸びるので、この名があるらしい。

翅(はね)は昆虫の羽根を指す漢字らしい。

(説明文と写真は コオロギのWikipediaからの引用)

Gryllus-bimaculatus-4011.jpg
By Danny S.投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

 

ゴキブリとコオロギの比較

 

ゴキブリさん   コオロギさん  
動物界 Animalia 動物界 Animalia ここから
節足動物門 Arthropoda 節足動物門 Arthropoda  
昆虫綱 Insecta 昆虫綱 Insecta ここまで同じ
ゴキブリ目 Blattodea バッタ目(直翅目)Orthoptera  
  亜目 キリギリス亜目(剣弁亜目)Ensifera  
  上科 コオロギ上科 Grylloidea  

 

まあ写真でもよく似ているし、同じ昆虫なのにゴキブリさんだけが嫌われる理由が分からない。

一方、コウロギさんは自宅で飼育する人もいるくらいなのに。

ペット用の缶詰は人間が食べても問題無い

ネット情報によると、犬猫用の缶詰は、基本的には人間が食べても問題無いらしい。

つまり、使用する原材料の品質は十分に管理されているかららしい。

また製造工場の衛生管理なども十分に注意されているらしい。

例えば今回の事件がもしペット用の缶詰だったら、猫ちゃんが缶詰の中にゴキブリを発見したわけだ。

その場合は、猫ちゃんは

「今日は、ゴキブリの姿煮入りか!美味そうだニャー」

と思ったかも知れない。

まあ、人間の場合に例えて言えば、ちりめんじゃこの中に、小さなタコとか海老を見付けたような、ちょっと得した気分かも知れない。

違うか!?

まとめ

まあ、その~(田中角栄ふうに)

日本で消費されるシーチキンは年間で数億個?数十億個?良く知らんが、兎に角膨大な数だろ

ワテの場合、月に数缶は食べるので年間100個くらいか。

そうすると、日本全体では一年間で 

100個 × 1億人 = 100億個/年(日本全体で) 

くらいかな(ワテ推定)。

まあ、そんなに沢山生産していたら、ごく稀に何か別のものが混じっている事もあるだろう。

でもまあそんな事は滅多にない。宝くじに当たるくらい珍しい確率だろう。

それ以外の殆どすべての缶詰は安心して食べられる。

鉄道、電力、水道みたいな社会のインフラと同じで、普段何気なく使っていてもそれらを安定供給する為に裏方で猛烈に努力している多くの人がいるから24時間安心して利用できるのだ。

発展途上国に行けば一日に何度も停電するし、電車は何時間も遅れて来るし、そう言う国に比べると日本は完璧だ。

何か事故とか悪天候で電車が遅れて必死で駅員さんに文句を言っている人をたまに見掛けるが、駅員さんに文句を言った所で、電車の遅れが回復するはずもないし。

まあ、缶詰に何か入っていたくらいでは動揺しない不動の境地に達するのが良いだろう。

 

まあ、その、この書籍と本記事とは何の関係も無い。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

生活
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント