【ワレコの金融講座】ビットコインが異常に高騰、投機か投資か?

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ワテの場合、仮想通過にはほとんど興味ない。

ビットコイン(bitcoin)が登場した当初は多少は興味があったが、仮想通貨は持っていない。

しかしながら、最近の報道を見ると、ビットコインが一年で何倍にも上がったなどのニュースが流れている。

そんなニュースを見て、「よっしゃ、ワイも全財産をビットコインに投資するか!」などと考える人もいるかもしれない。

まあ、投資でも投機でも、個人の自由なので好きにやれば良いだろ。

 

しかし、ワテの場合には仮想通貨には投資するつもりはない。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワテが仮想通貨に投資しない理由

短期的に利益を得る目的ならばビットコインなどの仮想通貨に金をつぎ込むのも良いかも知れない。投資というよりは投機かな。

つまりまあ博打みたいなもんだ。

世間で仮想通貨が話題になっているから、それがどんなものなのか良く分からなくても買っておけば値上がりする可能性はある。

それで売れば儲かる人もいる。

あくまでそういう投機目的で売買するなら良いかも知れないが、安全な資産と考えて仮想通貨を買うのなら、ワテとしてはお勧めできない。

何故かと言うと、仮想通貨に価値があるとは思えないからだ。

例えばビットコイン。

その仕組みを理解するためには数学的な難解な理論を勉強しなくてはならないので一般の人がビットコインの仕組みを理解するのが難しい。

まあ、ワテの理解で言うと、ビットコインとは、

  1. 数学的な手法を用いて改竄や不正が極めて困難な仮想通貨システム
  2. 高性能なコンピュータを利用すると、自分でビットコインを発掘出来る
  3. ビットコインの発掘量には上限がある

などだ。

一番目の理由は仮想通貨としては良い性質である。

他の仮想通貨に関しても、類似の性質を持っていると思う。

二番目の性質を利用して、自前で多数のコンピュータを用意して、日夜ビットコイン発掘のプログラムを動かして収益を得ている人もいるようだ。

しかしながら、ビットコインの発掘量には上限がある。

その辺りもビットコインの仕組みを詳しく理解しないと説明は難しいのだが、簡単に言うとビットコインの総量は2100万コインと予め決められているのだ。

なのでいくら発掘してもそれ以上のビットコインは出て来ない。

さらに後数年後にはその上限に達するらしい。

ビットコインはプレミアが付くのか?

 

あと数年後には、全てのビットコインが発掘されるらしい。

そうなると、ビットコインの価値は上がるか下がるか、どっちだろう?

ワテの予想では、上がる事は無いと思う。

下がる可能性の方が高いと思う。

なぜなら、ビットコインは単なる仮想通貨の一つだ。

まあ平たく言えば、その実体はコンピュータに保存されている単なるデータに過ぎないだろう。

ビットコインは仮想通貨としては古い部類に入るが、ではビットコインを持っていて何かいいのかと問われると、ワテには何も思い付かない。

強いて言えば、「ビットコイン」と言う名前が世間で良く知られているという程度でしかない。

そんなビットコインを持っているくらいなら、実体のある会社の株式を買うほうが、ワテとしては安全だと思う。

仮想通貨を持つ事は、スイカを持つようなもんだと思う

まあ要するに、仮想通貨に投資(投機)するのは、チャージしたスイカ(電子マネー)を売買するようなもんだと思う。

1万円分チャージしたスイカ(SUICA)は、現実世界では額面1万円分の価値しかない。

スイカに1万円分チャージされていると言うデータが記録されているだけだ。

当然である。

ところが、仮想通貨の世界だと、今は、それが何倍もの価格で取引されるような感覚にワテは思える。

果たしてそんなものが正常な感覚だろうか?

単なる電子マネーであるデジタルデータに額面以上の価値があるのだろうか?

それに仮想通貨の仕組みを使えば、いくらでもいろんな種類の仮想通貨を発行出来る。

仮想通貨は電子マネーとは違うと言う人も多いが、ワテは殆ど同じものだと思っている。

仮想通貨はいくらでも作れるし、誰でも作れる

2017年現在では、仮想通貨はビットコインだけでなく、

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • ・・・

など、数百種類もある。

まあ、仮想通貨でも何でも、「希少価値」があるものは価格が高騰する事はありうる。

なので、そう言う前提で仮想通貨に投資するなら良いだろう。

でも、いつ暴落してもおかしくない。

あくまで自己責任だ。

何でもかんでもIT化、ネット化、モバイル化すると大混乱に陥るだろう

最近の世の中は、何でもかんでもスマホで支払えるようになっている。

機械にスマホをかざすと、ピッと鳴って、自動で支払いが完了する。

スマホだけでなく、スイカとかパスモなどのICカードでも同じだ。

そう言う世の中はある程度は便利であるが、ワテはそんなに便利だとは思わない。

逆に、そんなに手軽に出金が出来ると結局はお金が出て行き易い仕組みなので、お金が貯まらない。

今まで通り、財布を開いて現実の紙幣や硬貨を支払う作業がそんなに面倒だとも思えないし。

スイカでピッと鳴らして支払う手間と、財布を開いてお金を払う手間って、時間的に大して変わらないでしょ?

 

昨日、GoogleのルーターがOCN関連のアドレス設定を間違えた結果、日本中の主要なプロバイダに於いて通信が不安定になったり、通信不能になったらしい。

ネット社会ではそう言う事故がいつ起こっても不思議ではない。

何でもかんでもIT化する風潮は、ワテが反対しても防止する事は不可能だが、ワテとしては、従来通りのアナログ的手法のほうが良い場面は多々あると思う。

お金の支払いもその一つである。

あるいは投票をコンピュータ化するのもワテは反対だ。

今まで何十年も人海戦術で手作業で開票作業して問題なく出来ていた選挙を、コンピュータ会社の口車に載せられて安易にIT化してもろくな事は無い。

選挙なんて数年に一回しかやらないから、使う職員も不慣れ。その結果、集計ミスがあったり、重要なデータを消してしまう危険性すらある。

一旦削除されたデータを復活することは不可能に近い。

それが紙の投票用紙であれば、焼き払わない限りはいつまでも残る。

あとで選挙に不正があったと言う疑いが出ても、紙の投票券が残って入れば検証は可能だ。

一方、コンピュータ内のデータでしか残っていない選挙データは、第三者が幾らでも改竄出来る可能性がある。アメリカの大統領選挙はロシアや中国のハッカーが関与したと言う疑いが報道されているし。それも国家ぐるみで。

なので、数年に一回くらいは職員を総動員して、徹夜で紙の投票用紙を人海戦術で開票作業をするのが良い。

自治体の職員の人たちも、数年に一回徹夜作業をすれば、休日出勤手当、休日深夜勤務手当が出るだろうから、それだけで数万円の臨時収入になり、ウハウハだろう。

中国のスマホ社会の行く末

中国はスマホ社会らしい。

なんでもかんでもスマホで決済できる。

未だに紙幣を使っている日本よりも数年進んでいると言う意見すらある。

はたして中国はIT先進国なのか?

まあワテの意見では、ネット社会は一旦なにかネットのトラブルが起こると大混乱に陥る危険性がある。

中国が今後どうなるのかは、ワテには分からないが、少なくとも日本は現状維持で良いだろう。

つまり、紙幣、硬貨による現金での支払いが主流であり、一部の店舗ではスマホなどネット決済が可能と言うハイブリッドな方式だ。

それで良いだろう。

だいたい、中国でスマホ決済が多い理由は、多くの偽札が出回っているからだ。

偽札が滅多に出回らない日本ではその心配は無い。

それと、社会の仕組みを変えるには、一般には各種の規制や手続きを経て行う必要があるが、中国共産党の一党独裁体制であれば、鶴の一声で実施出来るので、そう言う点で素早くスマホ決済社会を実現できたわけだが、日本や他の先進国はそうは簡単に行かない。

世の中の仕組みを何かを変える為には、多くの規制や制限があるからだ。

あまり急に世の中が変わったとしても、その方向が良いのかどうかは分からない。

まとめ

と言う事で、ワテの言わせると、ビットコインなどの仮想通貨を高値で売買するという事は、

例えば、1万円分チャージしたスイカを10万円で取引するようなもんだ。

果たしてそんな取引に意味があるのだろうか?

まあ、投資ではなくてギャンブル的な投機と割り切ってやる分には良いと思うが。

数年後にビットコインが全て発掘されたとして、流通量がそれ以上増えないビットコインは希少価値があると思う人は投資してみても良いだろう。

ワテの場合には、ビットコインが全て発掘されたニュースが出ると、その時点で暴落すると思う。

スイカにお金をチャージしたようなものが仮想通貨だと思っているワテに言わせれば、1万円のスイカを何十万円もの金額で取引する心境が理解出来ない。

でもまあ、それが投機と言う物だが。

 

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

コラム
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント