【事故の場所】北海道札幌市豊平区平岸3条8丁目 居酒屋「海さくら」ガス爆発 場所と地図

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

報道によると、2018年12月16日(日曜日)の午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸3条8丁目の飲食店や不動産仲介会社が入居するビルでガス爆発があった。

爆発があった飲食店は、

北のさかな家 海さくら 平岸店

との事だ。

突然のニュースで気になったので、事故現場の場所を調査してみた。

2018/12/17追記

その後の報道によると、ガス爆発が起こったのは居酒屋ではなくて右隣のアパマンショップの可能性が高いらしい。

その辺りの理由も後半部分に追記した。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北のさかな家 海さくら 平岸店の場所と地図

ネットのニュース報道による札幌市消防局に「ガス爆発が起き、建物が倒壊している」と119番があったと報道されている。

居酒屋さんならガスを使う可能性が高いので、この「北のさかな家 海さくら 平岸店」が事故現場の可能性が高いと思われる。

ツイッターで見付けた事故現場の写真 by よめこさん

よめこさんと言う人のツイッターでは、「平岸の海桜爆発して家揺れたんだけど…」との事だ。

引用元 ツイッター pic.twitter.com/imirhLgDjq

その場所をGoogleマップで見付けた。

Googleマップで見る海さくら 平岸店

ツイッターの写真と比較すると、道路標識の矢印が同じ位置にあるので、海さくら 平岸店はこの場所で間違い無いだろう。

ストリートビューではアパマンショップが見える。

その左隣りのお店が「北のさかな家 海さくら 平岸店」だ。

「北のさかな家 海さくら 平岸店」付近のストリートビュー

 

北のさかな家 海さくら 平岸店の情報

北のさかな家 海さくら 平岸店

お手頃シーフード・海鮮料理店
所在地: 〒062-0933 北海道札幌市豊平区平岸3条8丁目1−28
時間:
営業時間外 ⋅ 営業開始: 17:30

予約: gnavi.co.jp
電話: 011-816-7736

北のさかな家 海さくら 平岸店(豊平区(平岸・月寒)/海鮮・魚介料理) - ぐるなび
北のさかな家 海さくら 平岸店(豊平区(平岸・月寒)/海鮮・魚介料理)の店舗情報をご紹介。お店のウリキーワード:海鮮居酒屋など。ぐるなびなら店舗の詳細なメニューの情報や地図・口コミなど、「北のさかな家 海さくら 平岸店」の情報が満載です。復活するまで、待っててください!!!

引用元 Google検索結果

 

 

ネット検索すると、事故現場となった

「北のさかな家 海さくら 平岸店

とは別に、

「北のさかな家 海さくら 麻生店

と言うお店もある。

チェーン店だと思われる。

事故現場の近隣の店舗、建物情報

 

ひらぎしケア鍼灸整骨院

北のさかな家 海さくら 平岸店の左隣りにある鍼灸整骨院だ。

ヒラギシケアシンキュウセイコツイン
ひらぎしケア鍼灸整骨院

平岸駅(市営)から110m ( 南平岸駅から790m、中の島駅から800m )
北海道札幌市豊平区平岸3条8丁目1-28
リラク・ボディケア 接骨・整骨 、整体 、鍼灸
夜間OK、カード可
駐車場有、クーポン有

引用元 https://www.ekiten.jp/shop_7026074/

国内最大級の店舗・施設の検索・口コミサイト「エキテン」の評価では、5段階評価で4.71なのでかなりの高評価だ。評判の良いお店に違いない。

ファミール平岸

アパマンショップの後ろに高層ビルが建っているが、このビルはアパマンショップの建物とは道路を一つ隔てて建っているので、爆発事故とは無関係だと思われる。

ファミール平岸 〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条8丁目1−26
物件種別 マンション
築年月(築年数)2000年3月(築19年)
建物構造 RC(鉄筋コンクリート) 建物階建 地上15階
総戸数 42戸

引用元 https://www.homes.co.jp/archive/b-7739892/

と言う建物だ。

事故現場のから数メートルくらいしか離れていないので、爆風や火災の炎の影響などはあったと思われる。

Googleマップで見るアパマンショップ平岸駅前店

ツイッターの写真を見ると、「アパマンショップ平岸駅前店」が跡形も無くなっている。

爆風で吹き飛ばされたようだ。

アパマンショップ平岸駅前店は、地下鉄南北線平岸駅から徒歩2分くらいだ。

 

アパマンショップ平岸駅前店のGoogleマップ

アパマンショップ平岸駅前店の情報

営業時間、定休日

10:00~19:00 時間外対応可能です!(要予約)
水曜日 12月は12日、26日は営業しております。年末年始は12月28日~1月3日まで休暇とさせていただきます。

住所 〒062-0933 北海道札幌市豊平区平岸三条8丁目 1-28 酒井ビル1F 

最寄り駅 札幌市南北線 平岸駅/徒歩1分

TEL 011-813-4901

FAX 011-812-5567

会社名 株式会社アパマンショップリーシング北海道

宅建免許 北海道知事石狩(1)8320

引用元 http://www.apamanshop.com/shop/01061112/

 

事故発生時刻は日曜午後8時頃と報道されている。

一方、アパマンショップのサイトの情報によると、営業時間は夜7時までとなっている。

事故発生当時は店員さんも帰宅した無人の店舗で有れば良いのだが。続報を待ちたい。

広域地図で見る平岸の場所

平岸と言う場所が札幌のどの辺りなのか調べてみた。

札幌駅から南に4.7キロメートル、徒歩約一時間くらいの場所だ。

Googleマップで見る札幌駅から平岸までの経路

 

自作地図サイトで見るアパマンショップ平岸駅前店付近

Googleマップとストリートビューを連動して見られる便利地図サイトを作ってみた。

黄色い人(ペグマン Pegman)を少し左に動かして大通り(平岸通)に出るとアパマンショップや居酒屋海さくら 平岸店を見る事が出来る。

ガス爆発はアパマンショップ裏のガスボンベの疑いがあるらしい

当初はガス爆発が起こったのは居酒屋海さくら平岸店だと思われていた。

ところが事故翌日の 2018/12/17(月)の報道によると、その後の警察や消防の現場検証の結果、アパマンショップの裏に設置されていたガスボンベが最初に爆発した可能性があるとの事だ。

その爆風でアパマンショップの店舗が吹き飛び、隣の居酒屋にも被害を与えて火災も発生したと言うシナリオが考えられるらしい。

さっそくストリートビューでその場所を確認してみた。

写真 ストリートビューでアパマンショップ平岸駅前店の店舗裏にあるガスボンベを発見

その結果、上の写真のようにアパマンショップ平岸駅前店の店舗裏に少なくとも5本のガスボンベが写っている。

その拡大写真は以下の通り。

写真 アパマンショップ平岸駅前店の店舗裏にあるガスボンベ拡大写真

ボンベには「セントラルガス」と言う文字がある。

ネット検索してみると、北海道セントラルガス株式会社のボンベのようだ。

会社名 北海道セントラルガス株式会社
本社所在地 北海道札幌市白石区中央一条4丁目3番地76号
設立年月日 1966年10月1日
資本金 40百万
売上高 30億71百万円(2018年3月)
ホームページ http://www.csggas.co.jp/hokkaido/
株主 セントラル石油瓦斯株式会社(100%保有)
事業内容 LPガス・灯油ならびに関連商品の販売
事業所・営業所 札幌営業所、札幌北営業所、室蘭営業所

引用元 https://www.csggas.co.jp/hokkaido/

北海道セントラルガス株式会社さんが扱っているガスはLPガスだ。

LPガスとは、液化石油ガスのWikipediaによると以下の通り。

液化石油ガス(えきかせきゆガス、英: liquefied petroleum gas、LPガス、LPG)は、プロパン・ブタンなどを主成分とし、圧縮することにより常温で容易に液化できるガス燃料(気体状の燃料)の一種である。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/液化石油ガス

つまりまあ、LPガスとは何かと言うと俗に「プロパンガス」と呼ばれている良く見かける普通のガスだ。

ちなみに、同じくWikipediaの続きを読むと、LPガス(=プロパンガス)の臭いは人工的に添加してあるらしい。

気体としてのLPガスは空気より重く、空気の1.5~2倍の重さになる(100%プロパンの場合、15℃・1気圧で1.865kg/m3)。比重が空気より重く下に滞留する性質がある。

また、ガスが漏れると爆発を起こしやすく危険なことなどから、ガスが漏れた際に感知できるようメルカプタン等を添加して着臭(タマネギの腐ったような臭いと表現されることが多い)し最終消費者へ供給される。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/液化石油ガス

なるほど、そう言う事か。

まとめ

ガス爆発は怖い。

過去にも何度も爆発事故が起こっている。

日本の主なガス爆発事故はWikipediaからの引用すると以下の通り。

発生年月日 事故名 死者・負傷者
1963年(昭和38年)1月24日 深川都市ガス爆発事故 6人死亡
21人負傷
1963年11月9日 三川鉱炭じん爆発事故 458人死亡、一酸化炭素中毒患者839人。
1970年(昭和45年)4月8日 天六ガス爆発事故 79人死亡
420人負傷
1981年10月16日 北炭夕張新炭鉱ガス突出事故 死者:93人
1980年(昭和55年)8月16日 静岡駅前地下街爆発事故 15人死亡
223人負傷
1982 年 8 月 20 日夜半 ダイセル化学堺工場爆発事故 6名が殉職
1983年11月22日 つま恋ガス爆発事故 死者 14人
負傷者 27人
2007年(平成19年)6月19日 渋谷温泉施設爆発事故 3人死亡
4人以上負傷
2011年3月11日 福島第一原子力発電所事故(1~4号機) 水素による 死者 地震・津波による死者 2人(4号機タービン建屋内)その他の死者 2人
原発による災害関連死を含めた死者 1600人
負傷者 地震による負傷者 6人
1号機・3号機の爆発による負傷者 15人
被曝の可能性
従業員 30人(100 mSvを超過した人数)
住民 88人(除染を実施した人数) その他の負傷者 19人
損害 21.5兆円

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/ガス爆発

 

自宅、アパート、マンションなどでもガス漏れ警報器は必須のアイテムだ。

ガス漏れ警報器は、ガス会社さんから毎月数百円でレンタルして使っている人も多いと思う。

その場合は、2~3年使えば一万円くらいの出費になる。

でも、この製品だと実売価格数千円なので、買って自分で設置すれば2~3年くらい使えばレンタルよりもお得になる計算だ。

それに家電大手のパナソニックの製品なので安心感がある。

節約派の人は、この際、ガス会社さんとの契約内容を見直すと良いだろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

何でも調査
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント