ドメイン名の取得

ドメイン名とは何か?

ドメイン名とは、下図の桃色で示す部分だ。

Example Domain

最近では日本語のドメイン名も取得出来る。

http://www.われこのサイト.jp

など。

末尾の .com や .jp の部分はトップレベルドメインと呼ばれる。

ウエブサイトを作成する場合には、

Example Domain

でも良いが、上記のように昔からの慣例に従って頭に www. を付けるのが一般的だ。

Example Domain

こんな感じ。

サブドメイン

ドメイン名を一つ取得した場合に、もし複数のサイトを運営したい場合には、

http://www.example.com/ 基本となるサイト

http://shop.example.com/ ショッピングサイトなど

http://blog.example.com/ 自身のブログサイト

 

などのように好きな名前を付けても良い。

このように example.com ドメインの前に付けたこれらの www、shop、blog などはサブドメインと呼ばれる。

まあ、例えて言えば example.comと言う会社を運営しているとすると、各部署に分けるイメージかな。shopならショッピングサイトを運営している部署と言うイメージ。

なので、もっと細かく分ける事も自由だ。

http://book.shop.example.com/ 本専用のショッピングサイト

http://flower.shop.example.com/ 花専用のショッピングサイト

などとしても良い。

サブフォルダで分類しても良い

ウエブサイトの役割を細かく分類する手法として、サブドメイン方式ではなくサブフォルダで分ける方式も良く利用される。

具体的には、こんな感じ。

Example Domain
Example Domain

一般には、大規模なウエブサイトの場合にはサブドメイン方式とサブフォルダ方式の両方を組み合わせて作成されている場合が多い。

個人でウエブサイトを運営する場合でも、好き好きなのでサブドメイン方式やサブフォルダ方式のどちらでも良いだろう。

 

なお、ここで用いた example.com はイグザンプルドメインと呼ばれていて、ドメインを管理する団体が保持している。

example.com の用途は、このページの記事中にも用いたように、何らかの説明文においてexample.com ドメインを使って説明に利用しても良いのだ。

つまり、例えばワテの場合ならこのページのドメインは wareko.jp だ。このドメインでサイトを運用していて何かネットワーク関係の質問とか疑問が生じた場合に、どこかの掲示板などに質問したい場合がある。

でもそこに具体的な http://www.warekp.jp と言う名前を出したくない場合もある。

そう言う時に、その代わりに example.com を使っても良いのだ。

 

 

主なトップレベルドメインとその説明

参考までに主なトップレベルドメインとその説明を表にまとめてみた。

 トップレベルドメイン 説明
.com(コム)「ドットコム」として近年はインターネットに限らずサービス名として利用される事が多くなった。語源は英語の「company」(企業)と間違われる事が多いが正しくは「commercial」(商業・商用)が語源である。
.net(ネット)ネットワークインフラ。個人や営利団体も取得可能である。

.org

(オーグ または オルグ)

語源は組織を意味する英語「organization」である。
非営利団体制限なし。
.info(インフォ)2001年10月1日運用開始
.biz(ビズ)商用のドメイン。2001年5月21日受付開始。レジストリはNeuLevel。
.name(ネーム)主に個人のドメイン名として使われる。
なお現在では、個人名と無関係に普通の「〜.name」というドメインも取得可能。
.pro(プロ)弁護士、医師、会計士及び活動団体
現在予約のみ
.aero(エアロ)航空会社、空港など
.coop(コープ)協同組合

.museum

(ミュージアム)

博物館・美術館
.jobs(ジョブズ)米国の人事管理業界向け、2005年に新規に追加が決定
.travel(トラベル)旅行業向け、2005年に新規に追加が決定
.mail(メール)Eメール対策用
.cat(キャット)カタルーニャ言語圏向け
.post(ポスト)郵便事業者向け
.asia(アジア)APEC地域の企業向け
.mobi(モビ)

モバイル関係者向け

2006年5月先行受付開始。10月一般受付開始。

.tel(テル)IPベースの電話番号用

.xxx

(エックス・エックス・エックス)

アダルトサイト用
非アダルト企業が自社および自社製品のイメージを保護するために申請する事もできる。2011年3月に導入された。

.example

(イグザンプル)

例示用
.invalid(インバリッド)「誤ったドメイン」を示す為

.localhost

(ローカルホスト)

IPアドレス127.0.0.1
.test(テスト)テスト用
.テスト国際化ドメイン名のテスト用

表1 主なトップレベルドメインWikipediaから引用)

 

トップレベルドメインは何が良いか?

ドメイン名の選択に於いては、ドメイン名の文字を何にするかと言う選択肢と、トップレベルドメインを何にするかと言う選択肢で迷う人も多い。

 

お名前.comなどのドメイン取得会社のサイトで、取得可能なドメインの検索が出来るので、

ドメイン名を exampleで検索してみると

  • example.com
  • example.net
  • example.co.jp
  • example.xxx

など、末尾のトップレベルドメインが異なる色々な候補が出て来る。

そのリストの中に出てきたドメイン名であれば基本的にはどれを取得しても良い。

しかしながら、幾つかの注意が必要だ。

トップレベルドメイン選択の注意事項

co.jp は法人向け

例えば co.jp は法人向けのドメインなので取得時には登記事項証明書などの提出が求められる。従って、事前に法人として法務局へ法人登記がされている必要があるので個人が co.jp を取得することは出来ない。

.xxx はアダルト系

.xxx は2011年に認可されたインターネットポルノ向けのトップレベルドメインだ。

もしそういうドメインを取得してアダルト要素の無い健全なブログサイトを作成したとしても、Google, Yahoo, Bingなどの大手検索エンジンからは .xxx というドメイン名が原因でアダルトサイトという判定をされる可能性もある。

もしそうなると、一般の人が何らかのキーワードで検索しても、自分のサイトが検索結果の上位に入る可能性が少なくなり、訪問者数の少ないWEBサイトになってしまうだろう。

無難な .com, .net, .jp などが良いかも

と言う事で、トップレベルドメインを何にするかはあくまで個人の自由であるが、もし迷って決められないので有れば、無難な所で

  • .com
  • .net
  • .jp

などを選択しておくと良いだろう。

 

ドメイン名の取得・維持に必要な費用

インターネットを見ていると、ドメイン取得代行の会社の広告を良く見るだろう。

それらの広告には、例えば、

.xyz 30円

.club 99円

.site 99円

.online 99円

.space 99円

.website 99円

.tech 99円

と言った安い値段を強調する広告が多い。

この30円を払って .xyz ドメインを取得したとしても、たったの30円で永久にそのドメインが自分の物になると言う訳ではないので注意が必要だ。

ドメインを取得し維持管理して行く上で必要となる費用は一般に以下の三つの項目がある。

  • ドメイン登録費用(取得時のみ発生する)
  • ドメイン維持管理費用(更新料とも言う)
  • Whois情報公開代行料金

以下ではそれぞれについて説明したい。

 

ドメイン登録費用

この費用は、ドメインを取得する時に掛かる費用なので最初に一回払えばそれ以降は何年使っても支払う必要は無い。上記の赤字で書いてある 30円や99円はこの費用だ。

30円などの格安ドメインを取得したとしてもそれはあくまで一年目の費用であって、後で説明するように二年目以降はどのドメインでも毎年当たり3000円程度の更新費用が掛かる。

従って何年にも渡って自分のWEBサイトを運営して行く予定であれば、一年目のみ30円などという安さだけで選ぶのではなくて、本当に自分の納得するドメイン名を取得するのが良いだろう。

 

あくまで一例であるが、本日(2016/8/5)現在、お名前.com のサイトの価格は以下の通り。

  • .com 1,040円
  • .net 399円
  • .xyz 30円
  • .club 99円
  • .click 199円
  • .info 340円
  • .mobi 470円
  • .asia 480円
  • .コム 499円
  • .org 699円
  • .jp 2,840円
  • 日本語.com 1,040円

中にはプレミアムドメインというような呼び方をされている高額で取引されるドメイン名もある。それらはオークションで売買されるものもある。

プレミアドメインのメリットは、比較的単純で短い名前なので覚えやすいと言うメリットだけでなく、前オーナーが運営していた時点でサイトの訪問者数が多い場合には、それを引き継いだあなたのサイトにも開設直後から多くの訪問者が来てくれるなどのメリットがある。

 

ドメイン維持管理費用(更新料とも言う)

一年目には掛からないが二年目以降に掛かる費用だ。

この費用が毎年掛かってくる。

トップドメイン名やドメイン取得会社によって料金は異なるが、おおよそ3000円程度を想定しておけば良いだろう。これよりも安い場合もある。

支払うタイミングであるが、取得したドメインを約300日くらい使うと、ドメイン管理会社からそろそろ一年経ちますよというメールが来る。

もし二年目以降も引き続き使うので有ればその時点で更新手続きを行う。

その時に支払うのがこのドメイン維持管理費用(更新料)だ。

whois_cost

もし支払わない場合には、自動的に解約されてそのドメインは他人の手に渡る事になる。

うっかり忘れて支払わない場合でも、自動解約されるので注意が必要だ。

なお、30円で取得したドメインで一年サイトを運営してみたが、今一つ訪問者さんの数も少ないので、別のドメイン名に変更して心機一転を図るなどと言う人もいるだろう。

その場合には、更新料を支払わなければ自動的に解約されるので、30円の費用のみでこの一年間はドメインを利用出来た事になる。

 

Whois情報公開代行費用とは何か?

ドメインを管理しているのはICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という国際機関である。そのICANNは、インターネット上でWhois情報を広く開示するよう義務付けている。

Whois情報とは

Whois情報とは、そのドメインを取得した企業や個人に関する情報だ。従ってドメインを取得すると、ドメイン取得時に提出した

  • 住所
  • 本名
  • 電話番号
  • メールアドレス

などの情報が自動的にインターネット上に誰でも閲覧できる形で公開されてしまう。

企業の場合ならそれでも問題は無いが、個人の場合にはこんな個人情報を丸々公開されてしまうと困る人も多い。

そういう場合に利用するのがWhois情報公開代理だ。

Whois情報公開代理

文字通り、代理でWhoisに登録してもらうサービスだ。

このサービスを利用した場合には、自分が取得したドメイン名のWhoisに登録されるのは、ドメイン取得会社(例: お名前.com など)の本社住所や代表者の名前や電話番号となる。

従って個人情報が公開される心配が無くなる。

そのWhois情報公開代理に要する費用がWhois情報公開代行費用である。

この費用は原則としては毎年支払う費用であるが、殆どの会社の場合には、そのドメインの更新料を支払うとWhois情報公開代行費用は無料になっている会社が多い。

なお、Whois情報公開代理に関しては幾つかの注意事項がある。

Whois情報公開代理の注意事項

注意1 全てのドメインで代行制度が有る訳ではない

全てのドメインでこのWhois情報公開代理が利用出来る訳ではない。

ドメイン取得会社でドメインを申し込み時に十分確認する必要がある。

注意2 あとで申し込むと費用が掛かる場合もある

お名前.comの場合には、ドメインの申し込み時に『Whois情報公開代理を申し込む』というチェック欄があるが、それを忘れて申し込んでしまい、あとでWhois情報公開代理を単体オプションで申し込むと毎年の料金0が適用されない。1000円程度の代行費用を毎年支払う必要がある。

他の会社に関しては未確認だが、いずれにしてもドメイン取得時には『Whois情報公開代理』を申し込むのが良いだろう。

注意3 いつかは公開されるかもしれない

ドメイン管理団体の最上位はICANNであるが、個々のドメインはその下位団体が管理している。

たとえば、.com を管理するのは、アメリカのベリサインという会社である。

日本の .jp ドメインは、日本レジストリサービス(通称JPRS)という会社が管理している。

もしそれらの団体の運営方針が変わった場合には、Whois情報公開代理制度が廃止されるなどの可能性も無きにしも非ずである。

つまり、今は自分の個人情報は非公開に出来ていても、将来に渡って永久に非公開かどうかは保証されない。

と言う事で、万一個人情報が公開されたとしても、それでも全然問題ないと言うような健全なWEBサイトを運営するように心がけるのが良い。

 

ドメイン関連に必要な費用のまとめ

独自ドメインを取得する場合の初期費用や毎年必要になる更新料についてまとめると下表のようになる。

 

項目初期費用一年毎の更新時
ドメイン取得費用 30円~3000円不要
Whois情報公開代行 0円~0円の場合が多い
維持管理料 不要2000円~3000円

表 1 ドメイン取得・維持管理に掛かる費用一覧(あくまでも一例)

 

なお、金額はあくまでワテの概算なので、正確な金額は各会社で申し込み時に再確認をお願いします。

と言う事で結論としては、ドメインに関して必要な費用は、

初回のドメイン申し込み時には30円~3000円くらい。

それ以降、毎年2000~3000円程度の更新料を支払う必要がある。

 

サイト運営にかかる費用