サーバーを借りる前の準備

クレジットカードを持っていると便利

creditcardpose_motsu_card

 

レンタルサーバーを借りる場合には、クレジットカードを持っていると便利だ。

クレジットカード払いで契約すると、手続きが簡単になりインターネット経由でレンタルサーバーを申し込むと早ければ30分くらいで利用開始が可能になる(会社によって異なるが)。

また、レンタルサーバー会社の多くは10~20日程度のお試し期間を設けている場合が多いが、お試し契約が出来るのはクレジットカード払いで申し込んだ人のみと言う会社もある( さくらのVPS)ので注意が必要だ。

そういう制限事項が有る場合もあるので事前確認が重要だが、一般にはクレジットカードは必須では無いので、持っていない人は銀行振り込み・郵便局振込などの支払方法を選択すれば問題ない。

 

整理整頓をする準備

レンタルサーバーを申し込むと、例えば

  • レンタルサーバーのIPアドレス
  • 管理画面のユーザーID
  • 管理画面のパスワード
  • FTP接続のユーザーID
  • FTP接続のパスワード
  • WordPressのユーザーID
  • WordPressのパスワード
  • MySQLのユーザーID
  • MySQLのパスワード

 

同じく、ドメイン管理会社からも

  • 管理画面のユーザーID
  • 管理画面のパスワード

などがメール送信されて来る。

普段から整理整頓が苦手な人は、こういう個人情報をしっかりパソコンなどに整理整頓する必要がある。万一パスワードなどを忘れても再発行は可能だが、そういうミスは極力減らしてWEBサイト作りに専念するのが良い。

 

ドメイン名を取得する(後から取得しても良い)

初めてレンタルサーバーを契約して自分専用のブログサイトを作成したいと思っている人は、GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトなどのアフィリエイトに挑戦する予定の人も多いと思う。

 

従来は、無料ブログサイトに登録しておけばそのブログのURLをGoogleアドセンスの申請に使う事が出来た。

ところが最近(2016/7)では、無料ブログサイトの

http://www.example.com/your_blog_page/

というような、サブフォルダ形式のアドレスではGoogleアドセンス申請が出来なくなった。

詳細はGoogle Adsenseヘルプのこの説明に記載されている。

 

従って今後はGoogleアドセンスに挑戦する人は独自ドメイン名を取得すると同時にレンタルサーバーも契約して、

http://www.example.com/

のような自分専用の独自ドメイン名の形式でGoogle Adsenseに申請する必要がある。

詳細はGoogleアドセンスフォーラムなどで確認するのが良いだろう。

 

なお 2ch.net などの匿名掲示板などにもネット収益関連のスレッドがあるので、そういうのを利用して質問をしても良いが、匿名掲示板なので正確な回答はあまり期待できない。

ドメイン名の取得に関しては、専用のページを作成しましたので、この記事を参照下さい。

 

ドメインは後から取得しても良い

レンタルサーバーを契約すると同時に同じ会社でドメイン名の取得も行うと手続きは簡単である。かつ、レンタルサーバー申込日とドメイン取得日が同じになるので、一年後の更新タイミングも同じ日になる。

運営しているサイトが一つだけなら、あまりメリットは無いが、複数サイトを運営している場合には、例えば3サイトの場合なら

  • サーバーA(ドメインX)
  • サーバーB(ドメインY)
  • サーバーC(ドメインZ)

の更新タイミングがバラバラだと、年に6回もサーバーやドメインの更新手続きを行う必要がある。

そういう点では、サーバーとドメインをペアで同時に申し込めば管理する上では分かり易くなる。とは言っても、まあ、ワテの経験ではバラバラで更新する場合でも慣れてしまえば何ら問題はない。

従って、サーバーとドメインの同時申し込みにはあまり拘る必要は無いと思う(ワテの意見)。

もし先にサーバーだけを申し込んだとしても、あとで取得したドメインをそのサーバーに割り当てる設定も簡単に出来る。

またドメイン取得の会社は、サーバー契約した会社とは別の会社あっても全く問題ない。

同じドメイン名を取得する場合でも、各社を比較すると料金が若干異なる場合もあるので、いろいろ比較してみると良い。

ドメインを後から取得した場合の設定

 

ドメイン名を取得したあとで、レンタルサーバーを借りるのが一般的だと思うが、ドメイン名無しでサーバーを借りた後で、後からドメインを登録しても良い。

その場合には、ドメイン名が無い期間はサーバーにアクセスするにはIPアドレスの数字 203.0.113.0 などを直接指定して

http://203.0.113.0/

とすれば良い。

ドメインを取得した場合には、

http://www.example.com/

などでアクセスできる。

このようなドメインとIPアドレスの関連付けはDNSサーバー(Domain Name Server ドメインネームサーバー)と呼ばれるサーバーに対して設定を行う。

具体的な作業方法は、ドメイン名を取得した会社の管理画面にログインをするとどの会社でもDNSの設定というような項目があるので、その中で

取得したドメイン      IPアドレス

www.example.com   203.0.113.0

を関連付る設定を行えば良い。

 

初めてレンタルサーバーを借りる人は、この辺りの設定作業は全くの未経験分野なので不安と言う人も多いと思うが、実際にやってみるととっても簡単だから心配はない。

 

WEBサイトを作成するツールを準備する

レンタルサーバー(共用サーバーやVPSサーバー)を借りた場合には、あとは自分で好きなWEBサイトを作成する事が出来る。

レンタルサーバー会社はあくまでサーバーを提供するだけなのでWEBサイト作成に関する質問は基本的にはサポート対象外だと考えておくと良い。

つまりWEBサイト作成に関する問題は自分で解決する必要がある。

 

個人ブログを作成する場合には、CMSと呼ばれるツールを使う場合が多い。

CMSとはコンテンツマネジメントシステム(英: content management system)の略であるが、WEBサイトの構築・管理の機能を持つソフトウェアだ。

WEBサイトと言っても各種のサイトがある。

  • 汎用的なウェブサイト(企業のサイト、学校のサイト、個人のサイト、その他)
  • 電子商取引のサイト(所謂ショッピングサイトなど)
  • ブログサイト
  • SNSサイト
  • 掲示板サイト

などなど。

 

WordPressを使うと簡単にブログサイトを構築できる

個人ブログ用のCMSソフトウェアにも各種の製品(有料、無料)があるが、最もよく利用されているのがWordPressという無料のオープンソースソフトウェアだ。

 

ちなみに、当サイトもそのWordPressで構築している。

今皆さんが読んで頂いているこの記事はWordPressというソフトがレンタルサーバー上で動いていて、この記事を表示している状態です。WordPressのユーザーIDとパスワードでログインすると、記事の編集作業なども可能になります。

 

WordPressは、PHPやJavaScriptというプログラミング言語と、MySQLという無料データベースで構築されているので、プログラミングの知識が無い人がレンタルサーバーにゼロからインストールして使える状態にするのは容易ではない。

しかしながら、最近では、レンタルサーバー各社の標準機能としてこのWordPressを簡単にインストールする機能が搭載されている。

あるいはWordPress専用サーバーと言うような名称で、WordPressに特化したサーバーも多数ある。そういうサーバーを契約すると、早ければ30分後くらいからブログ作成を開始する事が可能だ。

WordPressのはブログ作成ツールとして知られているが、画面の見映えを変更するテーマを入れ替えると、

  • 企業のWEBサイト風のページ
  • ショッピングサイト風のページ
  • 多くの写真を掲載した画像紹介サイト風のページ

なども自由に作成出来る。

テーマにも有料製品、無料製品が多数あるので自分の好きなテーマを探してインストールすれば良い。

初めてレンタルサーバーを借りる人は、手軽にブログが開始出来るWordPress専用サーバーなどを検討するのも良いだろう。

WordPressを使う場合には、自分で特にツールを準備する必要はなく、そのWordPressの管理画面にログインして、ブログ記事の編集画面に入って自分で記事を書いたり画像を貼ったりしてオリジナルのサイトを作り上げる事が可能だ。

 

ホームページ作成ソフト

以下は、良く利用されているホームページ作成ソフトの一例である。

下に行くほど高機能になる。

なお、ワテ自身は全ての製品を試した訳ではないので、興味ある人はご自身でご確認下さい。

 

 

 

 

 

これらのホームページ作成ソフトを使えば、パソコン上で作成したWEBサイトをレンタルダーバーにFTPなどの方法でデータ転送して簡単に自分のサイトを作成する事が出来る。

なお、言うまでも無いが、レンタルサーバー会社ではこれらの個々の製品に関しての質問などはサポート対象外だ。

FTP接続が出来ないなど、サーバーと関連するトラブルに関しては、サポートして貰えるとは思うが。

その辺りもお試し期間を利用して、サポートの対応の善し悪しを見るのが良い。

 

ドメイン名の取得