Windows VPS

ワテの場合、Windows VPSをバリバリ使っている。

Linux VPSも試したことがあるが、Windows VPSの良さはなんと言っても Visual Studio でASP.NET の WEBサイトを簡単に作成出来る点だ。

使い慣れた Visual Studioを使って ASP.NET Web Formや ASP.NET MVC のサイトを作成して Windows VPSに発行する(Web Deploy)。

そうすると、IISサーバーを使って簡単にWEBサイトが構築出来るのだ。

Visual Studioを使うと、

  • C#
  • JavaScript
  • jQuery
  • Python
  • C/C++

などの使い慣れた言語を使ってWEBサイトの開発が可能である。

 

ブランド名プラン名初期費用月額費用無料期間SSDHDDMySQL転送量マルチドメインサポート
ABLENETWin1 (SSD)1,800円1,600円 (年払い時)10日60GB無し可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin2 (SSD)3,700円2,077円 (年払い時)10日120GB無し可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin3 (SSD)4,900円3,696円 (年払い時)10日150GB無し可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin4 (SSD)7,800円5,505円 (年払い時)10日150GB無し可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin1 (HDD)0 円1,600円 (年払い時)10日無し100GB可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin2 (HDD)1,886円2,077円 (年払い時)10日無し100GB可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin3 (HDD)2,839円3,696円 (年払い時)10日無し200GB可能無制限メール、フォーム
ABLENETWin4 (HDD)4,743円5,505円 (年払い時)10日無し200GB可能無制限メール、フォーム

表1. Windows VPS各社の比較

 

レンタルサーバーを長く運営する場合に気になるのは、やはり月額料金だ。 上の表では分り辛いので、月額料金のみをグラフ表示したのか下表だ。

ブランド名プラン名月額費用
ABLENETWin1 (SSD)
1,600円 (年払い時)
ABLENETWin2 (SSD)
2,077円 (年払い時)
ABLENETWin3 (SSD)
3,696円 (年払い時)
ABLENETWin4 (SSD)
5,505円 (年払い時)
ABLENETWin1 (HDD)
1,600円 (年払い時)
ABLENETWin2 (HDD)
2,077円 (年払い時)
ABLENETWin3 (HDD)
3,696円 (年払い時)
ABLENETWin4 (HDD)
5,505円 (年払い時)

表2. Windows VPSの月額費用の比較

 

このグラフなどを参考にご自身の予算に合ったサーバーを探して頂きたい。

 

Windows VPSのメリット

Linux VPSではなくてWindows VPSを検討している皆さんは、Windows VPSを選択する特別な理由があるのだと思う。

従ってWindows VPSのメリットに関しても良くご存じかもしれないが、ここではVPS素人だった頃のワテと同じレベルの人を想定して、Windows VPSについて簡単に説明したい。

ojisan2_think

VPSのOSとしてWindows Server 2012R2などのサーバーOSがインストールされたものがWindows VPSだ。

Windows Server OSのライセンス料が含まれている分だけ、Linux VPSに比べて料金的には割高になるが、様々なメリットがある。

具体的には以下の通り。

  • 自宅でWindowsで作業している人ならサーバーもWindowsなので分かり易い
  • リモートデスクトップ接続して、自宅パソコン同様に簡単に操作が出来る。
  • Linux, Unix系の知識を一切必要としない。
  • 標準装備のIISを使ってWEBサーバーを簡単に起動出来る。
  • IIS関連の設定もGUIで出来るので、LinuxのApacheサーバーのようなコマンド操作での設定は不要。
  • Visual Studioと非常に相性が良く、WEBサイトをASP.NETの手法で作成してWEB Deploy機能で簡単に発行出来る。
  • 無料のSQL Server 2016 Express なども手軽に利用出来る。

などだ。

Windows Server OSでIISを使ったWEBサイトは、大企業向けの大規模なWEBサイトを構築しても高い信頼性と安定性を実現できる。

 

computer_manual_man

ASP.NETを使って作成されている主な有名サイト

ASP.NETを使って作成されている主な有名サイトは以下の通り。

  • http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx
  • http://www.his-j.com/Default.aspx
  • https://www.aeonnetshop.com/shop/default.aspx
  • https://esupport.trendmicro.com/ja-jp/default.aspx
  • http://www.cainz.com/shop/default.aspx
  • http://kakaku.com/
  • http://stackoverflow.com/

有名な価格コムやHISあるいは国内流通最大手のイオンのショッピングサイトなどもIISとASP.NETで作成されている。

このようにWindows Server OSとIIS、ASP.NET MVCなどの組み合わせで非常に強力なWEBサイトを構築できるのだ。

Windows VPSを利用すると、それと同じレベルのサイトを個人でも構築する事が可能になる。

soba_demae

蕎麦の出前をとるか。

 

LinuxでもASP.NET Coreが稼働し始めた

従来はASP.NETの技術はWindows OS専用の世界であったが、最近では .NET FrameworkやASP.NET Coreと呼ばれるマイクロソフト製品もLinux上で正式サポートされつつある。

おそらく本年度中(2016)にはLinux OS上のApacheサーバーなどで、ASP.NETのサイトを運用出来るようになると思われる。

もしそうなればWindows VPSではなくて、価格的に安いLinux VPSを借りてASP.NETのサイトを構築する事も可能になる。

非常に気になる技術なので今後注目して行きたいと思っている。

まあ、しかしながらASP.NETに関してはあくまでWindows Server OS上のIISサーバーで動かすのが従来からの手法であるから、Windows VPSを使い慣れている人やこれからVPSを検討している人でも、ASP.NETをやるならWindows VPSが最もお勧めで有る事には変わりない。

Linux VPSでASP.NETが本格的に世間に普及するのは恐らく2017年に入ってからだと思う。

 

soba_morisoba

もり蕎麦を食うかな。

 

 

次の話題

Windows VPSチェック項目