WordPress専用サーバー

世の中には、大きく分けて四種類のレンタルサーバーがある。

ここではそのうち個人あるいは企業が一般的に良く利用するサーバーを表にしてみた。

共用サーバークラウドサーバーVPS
  • 一般的な共用サーバー(Linux OS)
  • ASP.NET 共用サーバー(Windows OS)
  • WordPressに特化
  • 一般的なクラウドサーバー
  • WordPressに特化
  • Linux専用 VPS
  • Windows専用 VPS
  • Linux, Windows可能VPS

この表には記載していない四番目のサーバーとしては、専用サーバーと言うのがある。専用サーバーは一般に月額料金も1万円以上と高額な高性能サーバーなので、ここでは割愛した。

 

初めてレンタルサーバーを借りようと思っている人はインターネットを検索して多数のレンタルサーバー会社のサイトや、レンタルサーバーの比較サイト(当サイトもその一つ)を訪問して、仕様、値段、口コミ、評判、使い勝手などを調査中だと思う。

以前のワテもそんな感じだった。

しかし、はっきり言って、レンタルサーバー選定は何を比べれば良いのかがさっぱり分からないと言う人も多いと思う。

どのサイトを見ても、PHP, MySQL, Apache, SSL, WordPress, FTP, … などという全く知らない英単語の羅列。

もちろん、これから自力でレンタルサーバーを借りて自分のブログサイトを開設したいと思っている人であれば、それくらいの専門用語はネットで調べてその意味を一つずつ理解する必要はある。詳しくは分からなくても、大体どういう物なのかを把握しておく事は重要だ。

でも、中にはややこしいことは良く分からない。

兎に角、世間の多くの人がやっているようなブログサイトを開設したいと言う人も多いと思う。

ややこしいのは嫌い。自分のブログサイトを立ち上げたい

無料のブログサイトも多数があるが、Googleアドセンスなどのアフィリエイトを行う場合には、現在では無料ブログサイトでは登録出来ないなどの情報もある。従って、Googleアドセンスなどに挑戦したいと思っている人なら、

  • 自分専用のドメイン名(www.example.comのような名前)
  • 自分専用のレンタルサーバー

この二つを準備する必要がある。

これらは別々の会社で取得や契約をしても良いし、一つの会社でまとめて一度に契約を行う事も可能だ。

さて、ややこしいことは良く分からないので兎に角世の中の大勢の人がやっているらしいアフィリエイトに挑戦したい。

そのためにレンタルサーバーを契約したい。

そういう人にお勧めなのがWordPress専用サーバーだ。

WordPress専用サーバーがお勧めだ

WordPressとは何やねん?

それは無料のソフトで、レンタルサーバーにインストールしておけば、ブログサイトを簡単に作成できる便利なソフトだ。

世界中で使われている非常に有名なソフトなのである。

WordPressで何が出来る?

マイクロソフトオフィスのワードで文書を作成するような感じで、ブログサイトのページを作成出来る。具体的には、

  • 文字のフォント、サイズ、色などの設定
  • 表の作成
  • 画像の貼り付け
  • 文字にハイパーリンクを貼り付ける

などがワープロ感覚で作成出来る。

WordPressを使って実際にWEBページ作成作業をする手順

WordPressを使って実際にWEBページ作成作業をする手順としては、以下の通り。

使い慣れたブラウザーで自分のサイトを開く

  • 管理者のIDとパスワードでログインする(ダッシュボードと呼ばれる管理画面が開く)
  • [新規投稿]をクリックすると、ワードのような編集画面が開くので、文章を書いたり、画像を貼ったり自由に編集すれば良い。
  • 完成したら[公開]すれば他の人が自由に閲覧できる状態になる。
  • もし下書きとして保管したければ[下書き]をクリックすれば良い(下書き状態の文書は公開されない)
  • 既に公開済の文書を編集する場合には[編集]機能を使えばよい。
  • アドセンス広告などを貼りたい場合には、各ページに手作業で貼る必要はなくて、自動で広告を各ページに挿入出来る便利機能を使う(プラグインなど)
  • 文書を更新しても過去の編集履歴が残る機能があるので、必要なら変更前の文書に戻すことも簡単に出来る(過去の全バージョンが自動で保管される – リビジョン機能)。


WordPress専用サーバーと普通のレンタルサーバーの違い

まあ、多少の誤解はあるかもしれないが、両者は殆ど同じものだと思っても良い。

レンタルサーバーを借りた場合には、自分でWordPressをインストールする必要がある。

その場合には、WordPressを公式サイトからダウンロードしてきて、FTPなどの機能を使ってサーバーに転送して、そして自分でインストールするなどと言う原始的な方法でも可能ではある。

しかしながら、そういう手法でWordPressをインストールするためにはLinuxオペレーティングに関して専門知識が必要となる。さらにWordPressが利用するデータベースソフトであるMySQLという無料ソフトも自分でインストールする必要がある。

現在でもそう言う手法でWordPressやMySQLをインストールしている人もいるのは確かだ。

WordPressの簡単インストール

しかし、現在では殆ど全てのレンタルサーバー会社では、「WordPressの簡単インストール」と言うサービスが無料(有料もあるかも?)で提供されている。その機能を使えばボタンをクリックするだけでWordPressやMySQLのインストールが数秒で完了して、その直後から利用できるのだ。

こんな楽チンな機能はとても有り難いし、一般の人はそういう機能が無ければレンタルサーバーを借りてもWordPressすら使う事は困難だ。WEB関連企業の多くは、レンタルサーバーの管理業務を代行してくれるサービスを提供している。個人でやっている人も多い。そういうサービスを利用してレンタルサーバーにWordPressやMySQLをインストールしてもらう事は可能だが、作業料金として恐らく数万円程度の費用になると思う。

と言う事で、「WordPressの簡単インストール」機能はレンタルサーバーには必須と言える。

WordPress専用サーバー = WordPressに特化したレンタルサーバー

「WordPress専用サーバー」と言えば、まあ、WordPress専用サーバーと言う名称から判断して、WordPressに特化したレンタルサーバーである事は理解できる。

では具体的にどの辺りがWordPressに特化しているのだろうか?

その辺りの違いは、レンタルサーバー会社によっても微妙に異なるので一概には言えないのだが、あくまで一般的な説明を行うならば、両者の違いは殆どないと言っても良い。

  • どちらの場合でもWordPressのインストール作業は自分で行う必要はある。
  • しかしどちらの場合でも「簡単インストール機能」を使えば簡単に出来る。
  • サーバーと自宅パソコン間でFTPソフトを使ってデータの送受信が出来る。
  • WordPressでの文書作成作業はもちろんどちらのサーバーでも同じ。

では何が違うのか?

ワテの知る限り、WordPress専用サーバーと普通の共用サーバーとの違いは、リモートログインが出来るかどうかの違いだけだと思う(多少の誤解があるかもしれないので最終的には各社に問い合わせるのが良い)。

WordPress専用サーバーにはリモートログイン出来ない

つまり、一般的な共用サーバーならLinuxオペレーティングシステムが稼働しているので、自宅パソコンに何らかのソフトをインストールすれば、そのサーバーにリモートログインが可能だ。

具体的なソフトで言うと、

  • Poderosa
  • telnet
  • rlogin

などと言った無料のSSH接続ソフトがある。

それらのソフトで共用サーバーに接続すると、コンソール画面が開くので必要に応じてLinuxのコマンドを操作して各種の管理業務を行う事が可能だ。

例えば、WordPressやMySQLの手動インストールなども可能だ。

共用サーバーには、そういう風に手動でサーバーを管理する手段が用意されているのが一般的なのだが、WordPress専用サーバーの場合にはその機能が無い(XSERVER社のWPXプランなど)。

WordPress専用サーバーに手動でのサーバーの管理機能が無いと言う事は欠点ではなくて長所と考える事が出来る。

つまり、自分で管理しなくてもサーバー会社側でやってくれていると言う事になるので、利用者はWordPressの作業に専念してブログ記事などの投稿に時間を使えるのだ。

要するにWordPress専用サーバーとは、ややこしい事は考えずに本当にWordPressでWEBサイトを作成する事に専念したい人に最適なサーバーと言える。



まとめ

ややこしい事は考えずにWordPressでWEBサイトを作成する事に専念したい人に最適なサーバーがWordPress専用サーバーだ。

コンソール画面からLinuxのコマンドを実行する事もできないが、WordPressに専念していればLinuxのコマンドなどは一切覚えなくても良い。

自分のブログサイトをWordPressで作成してGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、A8などのアフィリエイトに挑戦しようと思っている人には最適なのがWordPress専用サーバーだ。

 

次の話題
ASP.NET共用サーバー