【ワテ推薦】カミソリの選び方と髭の剃り方【出血する人必読】

はじめに

4月の新年度を迎えて、新入学生の皆さんや社会人の皆さんの中には、新しい土地で新生活を始めている人も多いだろう。

冷蔵庫、電子レンジ、タンス、その他の生活必需品を買い揃えて一人暮らしの準備を着々と進めているに違いない。

さて、男子の場合、10代後半くらいから髭が生えてくる人が多い。

ヒゲの濃さや生える場所は個人差があると思うが、髭が濃くても薄くても伸びてきたら放置しておくわけには行かない。

何らかの方法で剃らざるを得ない。

主な方法は以下の通り。

  • 電気カミソリ(電気シェーバー)
  • T字カミソリ
  • 普通のカミソリ(I字カミソリ)
  • 毛抜きで抜く
  • 床屋に行く
  • 永久脱毛

などの髭の手入れの方法がある。

今回、この記事で紹介するワテの髭剃り体験談は、T字カミソリによるヒゲ剃りのテクニックだ。

T字カミソリで初めて髭を剃る初心者の人や、今までT字カミソリを使っているのに剃り残しなどが気になる人に是非読んで頂きたい。

全国の髭剃り男子に贈るワテの体験談だ。

髭以外の他の部位の体毛処理を、T字カミソリで行う場合にも参考になると思う。

なので、むだ毛処理女子にも参考にして頂きたい。

初心者にありがちな事

初めてT字カミソリを使って髭を剃る場合には幾つかの注意が必要だ。

  • カミソリは刃物だ
  • カミソリは良く切れる
  • カミソリは怖い

などだ。

I字型の普通の安全カミソリを使う人も多い。

とてもポピュラーな製品だ。でもやはりこのI字タイプの剃刀は使い方を間違うをスパっと斬れるので神経を使う。

一方、T字型のカミソリなら比較的安全性は高い。

しかし、T字カミソリでもうっかり横に滑らしたり、皮膚に強く押し付けて使用すると、最悪の場合、皮膚を切ってしまう場合がある。

なので、I字、T字に限らずカミソリを使用する場合には、良く切れる非常に危険な刃物を使っているのだという意識を持って慎重に扱う事が必要だ。

何年も使っていても、うっかりして口の周りをカミソリで切ってしまった人も多いと思う。

朝、会社に出勤前にウッカリ口の周りをカミソリで傷つけてしまい、絆創膏を貼って出社するなどというミスは避けたい。そういう日は気分は落ち込むし、そんな日に限って大事な商談が有ったりするものだ。

特に女子は注意が必要だ。顔に傷が付いたら取り返しが付かない。

T字カミソリがお勧め

ワテの場合、電動カミソリも過去に何台か使った。現在も一つ持っている。

これだ。水洗い出来て小型なので携帯に便利。それでこの価格なら一つ買っておくととても便利だ。

さて、普段の髭剃りには、紆余曲折を経て現在はT字カミソリを使っている。

ワテがこのT字カミソリを使うようになった一番の理由は、良く剃れるからだ。

ワテが思うT字カミソリの長所は以下の通り。

  • 良く剃れる
  • 手軽に入手できる
  • 安い
  • 手入れが簡単
  • 軽いので携帯しやすい(旅行、出張など)

など。

いつ剃るか?

ワテの場合、夜風呂に入る場合に、T字カミソリで剃っている。夜に剃ると、翌朝には少し伸びて来るが、わざわざ翌朝にもう一度剃らなくても、その日一日くらいなら全く問題なく過ごせる。

髭剃りには、髭剃り専用のシェービングクリームを使う場合もある。

そういう専用クリームが無い場合は、普通の石鹸を泡立てて塗って使う。

もし、朝シャワーを浴びる人は、朝のシャワーの際に、髭を剃っても良いだろう。

夜でも朝でも良いが、一つ注意するならいきなり剃るのは良くない。

お湯で有る程度は皮膚が温まって、しっとりして来たらクリームや石鹸を付けて、それから剃るべきだ。理髪店で髭剃り前に熱いタオルで顔面を蒸らして、その後で髭を剃るが、それと同じ感じで。

そういうステップを飛ばして冷たい肌をいきなりカミソリで剃っても、スムーズに滑らないし、肌は荒れるし、カミソリ負けをし易いからだ。

何枚刃が良いか?

最近では6枚刃というのがあるらしい。

昔は、2枚刃、3枚刃くらいしか無かったと思うのだが。

この先、一体全体、何枚刃まで登場するのだろうか。

主な剃刀メーカーの主要商品

剃刀のメーカー 主要ブランド名
シック(Schick) イギリス シック ハイドロ5プレミアム ホルダー(替刃1コ付)
ジレット (Gillette) アメリカ ジレット プログライド フレックスボール パワー 替刃8個入
カイレザー(Kai-razor) 日本 カイレザー 5枚替刃 6P
フェザー(FEATHER) 日本 フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー 替刃2個付 (日本製)

何枚刃が良いのかは、結局はその人の好みの問題なので、何枚刃が良いというような断定的な意見を言う事は出来ない。

企業側としても、良く剃れる製品を開発する為に、日夜研究しており、その結果生み出された複数刃の剃刀を商品化している訳だ。3枚刃、4枚刃、5枚刃、6枚刃…と。

だから、そういう製品を使えば、剃刀の初心者の人であっても簡単に扱えると同時に、良く剃れるはずだ。万人向けの製品と言っても良いだろう。

スポンサーリンク
トラ子

ワテ推薦のT字剃刀

ワテは、もう長年に渡ってこの製品を使っている。

それは、これだ。

これがとっても良いのだ。

特徴は以下の通り。

  • 2枚刃
  • 固定ヘッド
  • 替刃式

この3つしか特徴が無い単純明快な製品なのだ。

しかし、ハイテクな6枚刃カミソリが世の中に登場した今でも、シックの製品ラインナップから消える事が無い隠れた人気商品なのだ。

確か、以前は

シック スーパーII

と言う名前だったと思うが、その後、

シック スーパーII プラス

シック スーパーII プラスX

と改良されたのかな?

その点は未確認だ。

また、

シック スーパーI

が有ったのかどうかも気になる。

兎に角、このように何年、いや何十年に渡って改良され続けているロングセラー商品なのだ。

2枚刃

何が良いのかと言うと、先ず一点目の特徴である2枚刃がワテには丁度良い。

カッターナイフや鑿(ノミ)、鉋(カンナ)などの刃物は全て一枚刃だ。日曜大工でDIY好きなワテの場合、剃刀で髭を剃る場合も、そういう大工道具と同じ感覚で刃物を扱いたいのだ。

なので、3枚、4枚、5枚、6枚のように多数の刃があるよりも、2枚刃くらいのほうが、自分の手先で上手く刃先を制御出来るのだ(あくまでワテの感覚的なものであるが)。

固定ヘッド

次に、固定ヘッドで有る点も、その刃先の制御に関して使い易い。

鉋で材木を削る場合に刃先の角度が動くのは、ワテには使い辛い(そんな鉋は無いと思うが)。

なので、固定ヘッドがワテには向いているのだ。でも、最近では、固定ヘッドの2枚刃剃刀はあまり見かけないのが残念。
なので、探せばあるのだ。ワテみたいな固定ヘッド剃刀ファンが少数派ながらいるのだろう。根強い人気のあるロングセラー商品と言っても良い。

可動ヘッド

なお、市販の主要なT字剃刀製品は、殆どがヘッドがぐらつく構造になっている。

可動ヘッドとか、フレキシブルヘッドと言われるようだ。

これらの特徴は、皮膚表面の形状に応じてヘッドの角度が自動的に変わる事によって、最適な角度で髭を剃る機構だと思う。

なので、髭剃り初心者の人や、手軽に髭を剃りたいと言う人には最適な構造の製品だと思う。

自動車もMTが好き

つまり、例えて言えば、自動車のオートマチック車かマニュアル車かの違いみたいなもんだ。

ワテの場合は自動車でもマニュアル派だ。今何速かは自分で決めたい。

なので、剃刀のヘッドの角度も自分の手や腕を使って、自分で決めたいのだ。

ワテの経験では、慣れてしまえば固定ヘッドのほうが自分の好きな角度で剃れるので、剃り易いと思う。勿論、髭の種類、状態、形状、密度などに依存すると思うが、ワテの場合には、口回りに剛毛の髭が生えている。

その髭が、皮膚に対して真っ直ぐに生えておらず、45度くらい角度があるのだ。

なので、剃る方向によって剃れたり剃れなかったりする。

俗に言う、順剃り逆剃りと言う奴だ。

ネットの情報などを見ると、逆剃りをすると髭が濃くなるなどと言う記述も見かける。その真偽のほどは未確認だ。

でも、ワテの場合、髭が濃いので、逆剃りをしないと綺麗に剃れないのだ。それに、理容店に行っても、日本剃刀で丁寧に剃って貰えるが、そういう場合にも逆剃りが多い。

プロの床屋さんでも逆剃りをしているので、自分でT字剃刀で剃ってスッキリしたい人は、やはり逆剃りをしたいと言うのが本音だろう。

そういう逆剃りをする場合に、固定ヘッドのほうがワテには使い易い。つまり、自分の狙った角度で、こっちの方向からこんなふうに刃先を動かして髭を剃り落としたいと言う場合に、固定ヘッドなら正確にその通りに刃先を制御できるからだ。

もちろんフレックスに動くヘッドの場合には、その辺りの角度制御を刃先が自動的にやってくれているとは思うのだが、ワテの場合は、長年の髭剃りの経験で、自分の腕をこの角度でこう動かせばいいと言うのを体が覚えているので、やはり自分の腕を使って角度を制御するのが使い易い。

と言う事で、この辺りはオートマチック車に乗るかマニュアル車に乗るかみたいな好みの問題なので、髭剃り初心者の人の参考にして頂きたい。

口の周りが血まみれになる

T字剃刀で髭を剃ると、出血する人も多い。

深剃りをしたいので、剃刀の刃先を強く肌に押し当てて剃ると、髭だけでなく髭の周囲の皮膚も一緒に反り落としてしまうからだ。

中には、そんなに強く押し当てなくても出血する人もいる。

あるいは、電気カミソリで剃っても出血する人もいる。

ワテも若い頃は、口の周りが血まみれになるくらい出血していた。

自宅で剃る場合は、出血しても絆創膏を貼るなどで対処できる。

ところが、銭湯で髭を剃って出血した場合とか、旅行で温泉に行って髭を剃ったら出血したとかだと、なんだか恥ずかしいわ、血が止まらんわで、右往左往する。

あるいは、通学前とか出社前とかに出血すると、絆創膏を貼って満員電車に乗って会社まで行くなんて、恥ずかしいし。会社に着くと、「どうした?」とか聞かれるし。

くれぐれも髭剃り流血男子にならないように注意して頂きたい。

出血対策

ワテの経験では、T字カミソリで毎日髭を剃っても、数年間はほぼ毎回口の周りから出血していた。

ワテの場合には、出血する場所もだいたいいつも同じで、全部で数カ所だ。

なので、その出血の恐れのある要注意場所を剃る時にはソフトに優しく剃る事で対処できる。

それと数年くらい髭を毎日剃り続けると、次第に出血しなくなってきた。あくまで推測だが、剃刀の刃で皮膚表面を削りとり、平坦になったのかも知れない。

なので、皆さんも毎日ヒゲを剃っていると、数年くらいで出血しない丈夫な皮膚になるかもしれない。

応急で血を止める

出勤前に出血して血を止めたい場合には、見栄えを気にしないのであれば、バンドエイドなどの絆創膏が良いだろう。もちろん、

  • バンドエイド
  • カットバン
  • リバテープ
  • サビオ
  • ハンザプラスト

など何でも良い。こういうのを貼っておくと、個人差があると思うがワテの場合には10分もすれば血液が凝固して流血しなくなる。

見栄えを気にするなら、絆創膏を貼らずに、歩きながら駅に向かう途中にティッシュでこまめに血液を吸い取れば、同じく10分もすれば血が固まる。あとは、駅のトイレで鏡でチェックして、血液を拭き取り、止血効果のあるクリームや軟膏を塗っておけば完璧だ。

なお、ワテの場合、一度ティッシュの断片が顔に付いたまま気付かずに駅で電車を待っていた事がある。なので、ティッシュで止血した人は、必ず駅で鏡を見るのが良い。

恥ずかしい~

で、見ず知らずの可愛い女子高生が教えてくれた。

「顔にティッシュが付いていますよ」

って。

髭剃りで出血するのも悪くは無いな。

まとめ

以上、全国の髭剃り初体験の髭剃り男子、無駄毛処理女子向けにワテが長年の経験で体得したT字カミソリを使った髭剃り方法を紹介した。

ワテ流の髭剃り方法をまとめると以下の通り。

  • 剃刀は刃物なので十分注意する。慣れが危ない。
  • 固定刃のT字カミソリを使う。
  • シック スーパーII プラスX ホルダー 替刃2コ付
    がお勧め。
  • 熱い湯で皮膚を良く蒸らしてから剃る。
  • 出来れば専用のシェービングクリーム、無ければ石鹸を塗る。
  • 逆剃りの善し悪しは未確認だが、良く剃れるのは確かだ。
  • ワテは逆剃りしてもヒゲが濃くなったとは思えない。
  • 出血しやすい場所を把握して注意する。
  • 意地になって深剃りしない(ワテみたいな神経質な人は要注意。)
  • 止血には絆創膏、冷却、ティッシュなどが良い。

以上、あくまでワテが好きな固定ヘッドのT字剃刀を使った髭剃り術の紹介です。

最新のフレキシブルな構造の可動ヘッド剃刀を使った事が無いので、もしかするとそういう最新剃刀を使うと、目から鱗くらい驚くほど良く剃れるかも知れない。

その点は、別の機会に調査したい。

最後にもう一度注意!

カミソリは、刃物なので十分注意して下さい。

良く切れます。

男性用シェービング用品 の 売れ筋ランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする