【ワレコのお知らせ】Google Maps API有料化されたのでワレコマップ継続ピンチ!

スポンサーリンク

われこマップ利用者の皆様へ

2019年(平成31年)も早や2月になり、寒さの中にも春の兆しが感じられる頃となりました。

そんな時に、重大な事件が発生して困っております。

それは、ワレコマップのエラー表示の件です。

こんな表示になります。

図 ワレコマップのエラー表示の例

当記事では、このワレコマップのエラー表示の理由と今後の予定を報告させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Maps APIが有料化された

ワレコマップのサイトでは地図やストリートビュー画像を表示する為に、Google Maps APIと言う機能を利用しています。

その機能は従来はGoogleのサイトで利用者登録をすれば誰でも自由に無料で利用出来ました。

ところが、2018年の7月頃からGoogle Maps APIは有料化されまして、従量制で課金されるようになりました。

従いまして、利用者の皆さんがワレコマップを開いたり、キーワード検索を実行したりする度に、課金されるようになりました。

しかしながら、有料化されたとは言っても年間当たり200ドル分(日本円で2万円分くらい)は無料で利用が可能になっています。

上の文章はワテの勘違いだった。正しくは一ヶ月200ドル分が無料で利用出来るのだ。

1 か月 200 ドルの無料クレジットで利用できるサービス
各カードを下にスクロールし、1 か月 200 ドルの無料クレジットで利用できる各 API のサービスをご確認ください。このクレジットは、マップ、ルート、プレイスに適用されます (レートは変更される可能性があります)。

引用元 https://cloud.google.com/maps-platform/pricing/?hl=ja

 

2019年の年初にはGoogle Maps APIの画面で残高を確認するとその200ドルが有ったのですが、ワレコマップの利用者の皆さんが地図を開いたり、あるいは、私自身がワレコマップなどの地図サイトの開発の為にGoogle Maps APIの機能を頻繁に使っていたら、その無料200ドルを使い切ってしまいました。

追記
と言う事で、当初は無料クレジット200ドルを使い切ってしまったので、今年一年はもうGoogle Maps APIが利用出来ないと勘違いしていたのだが、毎月200ドルとの事なので、来月3月になれば再び200ドルの無料クレジットを貰える可能性がある。
そうなればワテ自作の地図サイトが復活するぞ!

 

その結果、冒頭のエラー表示画面が出るようになりました。

詳しくは分かりませんが、訪問者さんがわれこマップを表示したり、場所検索をする度に、数円程度の費用が発生するようです。

エラー表示を消すにはGoogle Maps APIに追加料金が必要

と言う事で、このエラー表示を消す為には、追加料金を支払ってGoogle Maps APIを使えるようにする必要がありますが、最低でも数万円/月くらいの費用が掛かりそうなので、どうしようかなあと悩んでいる最中です。

応急処置になりますが、エラー表示の対策としては、われこマップを表示して頂いて、GoogleマップではなくてYahooマップモードにして頂ければYahooマップは問題無く見られますので、それでお使い下さい。

ストリートビュー画像はGoogle Maps APIの機能で出しているので、やはりエラー表示になります。

ワレコマップの今後の予定

今後どうするか検討中です。

以下に示す幾つかの解決方法を考えています。

ワレコマップサイトを閉鎖する

ワレコマップのサイトを作ったのは、確か2015年の6月頃だと思います。

その当時はウェブプログラミングも全く未経験でしたが、偶々見たGoogle Maps APIのサイトに地図作成のサンプルコードが有ったのでそれを見よう見まねで使って、ワレコマップの原型を作りました。

その後、改良を重ねて現在のVersion 4.0になりました。

出来れば今後も継続して改良を続けたいのですが、月々最低でも数万円程度の費用が発生するとなると、それは費用的には難しい問題です。

と言う事で、この際、ワレコマップのサイト並びに、自作の地図サイトは閉鎖するかなあと考えています。

クラウドファンディングで資金を調達する

数名の皆様から、当エラー表示に関して質問やご指摘のメールが有りました。

エラー発生の事情を説明しましたところ、皆さんどなたも例えばクラウドファンディングのような手段を使って資金を調達する案をアドバイスして頂きました。

う~ん、そうですねえ、それも一つの選択肢かなあとは思うのですが、なかなかクラウドファンディングなどの手法には踏み切れません。

と言うのは、今までは、Google Maps APIを無料で使えていたから、自分の好きなようにワレコマップのサイトを作っていました。

それが、もしクラウドファンディングに成功して資金を得ることが出来たとしても、そうなると、今までのように気楽な気持ちでは開発が出来ません。変な物は作れない、ちゃんとしたものを作らなくてはならないと言うプレッシャーを感じると思うのです。

それに、そもそもクラウドファンディングで資金を調達する事自体、上手く行くとは思えませんし。

まとめ

と言う事で、現状では、ワレコマップのエラー表示に関しては、解決策が有りません。

Yahooマップモードで地図だけを表示して頂くしかありません。

Google Maps APIの機能を使う操作は全てエラー表示になります。

ストリートビュー画像もエラー表示になります。

場所検索機能も動きません。

次に200ドル分の無料利用が可能になるのは、2020年ですので、2019年いっぱいはエラー表示になります。

出来るだけ早いうちに何らかの対策を講じたいと思っていますが、、、

wareko

最新情報

本文中に追記したように、200ドルの無料クレジットは毎月貰えるようだ。

なので、恐らく来月3月になれば再び200ドルが無料でチャージされると思う。

そうなればワテ自作の地図サイトも復活するので安心だ。

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント