【ワレコの抜け毛】育毛剤・養毛剤・頭皮ケア – 今も禿げずにフサフサ【体験談】

この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク

写真 毛髪の生え際が後退して行くのが物凄く気になる人

毛髪を気にしている人は多いと思う。

ワテも20代後半くらいから額がドンドン後退して行き、このまま行くと禿げてしまうんじゃないかなあと心配していた。

その当時は、頭皮に良いと言われているかなり高価なシャンプーも色々試し、育毛剤、養毛剤もかなり長い期間使った。かなりの金額になる。

で、年齢と共に確かに生え際は後退はしたが、現状は年相応の毛髪量かなと言う感じ。

昔使った養毛剤の効果が有ったのかどうかは、今となっては分からない。

 

最近では、ワテは毛髪は気にしていてもなるようにしかならないと半ば諦めて(あきらめて)いる。

いや、諦めていると言うよりも自然に任せているのだ。

ちなみにワテの場合、生え際の形状はM字と言うよりは、生え際が全体的に少し後退している感じ。

 

でも、男性でも女性でも毛髪に関する悩みは多いと思う。特に十代、二十代の若い人は。

毛髪の量とか生え方は、遺伝的な要因もあるかもしれないが、それとは別にやはり生活習慣あるいは生活スタイルを良くすると毛髪にも良い影響があると思う。

当記事では、ワテのヘアケア体験談などを紹介しながら、抜け毛、禿げなどで悩んでいる人にアドバイスしたい。

この記事を読んで頂ければ、毛髪で悩んでいる貴方の悩みも解消するだろうと期待している。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毛髪で悩む必要は無い

現在のワテは毛髪の事で悩む事は全く無い。

先ほども書いたように、気にしていても成るようにしか成らない訳なので、禿げるなら禿げればいいじゃないか!と言う心境だ。

人間、髪の毛の量で悩んでいる程度なら、それはまだまだ心の余裕、生活の余裕があるだろう。世の中には、日々の食事、住居さえも十分では無い人もいる訳だし。まあ、あまり他人との比較で自分の価値観を見出すような考え方は、ワテは嫌いだが。

それに、人類は進化の過程で体毛が少なくなって来た訳なので、毛髪が少ないと言う事は、さらに進化した人類だと考える事も出来る。映画で描かれる宇宙人は殆どの場合、頭髪も体毛も無いし。

でもまあ、男性の場合なら、禿げていると女性にモテないんじゃないの?と心配する人もいるだろう。確かに、禿げている人は嫌いと言う女性も一定数はいるが、大半はそんな事はあまり気にならない女性の方が多い。

孫正義さんみたいに資産数兆円も有れば、禿げ頭すら風格があるし。M字禿げの代表格の笑福亭鶴瓶さんなんてM字頭が似合っているし。

引用元 孫正義さんのツイッタープロフィール写真

引用元 笑福亭鶴瓶さんのツイッタープロフィール写真

いや~、お二人ともに、薄毛・禿げが顔の一部と言う感じと言っても良いくらいに合っている。

或いは、細川たかしさんの髪型!

初めて見た時は驚いたが、今ではこの髪型が違和感なく完璧に似合っているぞ。

薄毛・禿げは顔の一部で帽子みたいなもんだ

まあ、帽子みたいなもんだと思えば良い。

普段から帽子を被っていない人が帽子を被った姿を自分で鏡に映してみると、物凄く違和感があるだろう。でも街中で帽子をさりげなく着こなしている人を見ると、ああ良く似合っているなあと思える人もいる。

つまりまあ、禿げ頭だろうがM字禿げだろうが、そのスタイルに自信が有れば周りの人が見ても違和感が無いのだ。

上のボルサリーノが似合うのは麻生太郎かワテくらいだろう。ほんまかいな!?

 

でも薄毛・禿げは気になる人は気になる。

もし生え際が後退してM字禿げになったなら、思い切って坊主頭にするのも良いだろう。そして、時々気分を変えるためにカツラを使うと良い。

今日は七三分けのカツラ、明日はアフロヘアのカツラとか。

禿げをファッションとして楽しめば良い。

とは言っても、毛髪の事で悩む必要は無いと言っても、気になる人は気になるだろう。ワテの場合も、現在のような心境になるまでに何年も掛かった訳なので。

一応、ワテが過去に行ったヘアケア方法を紹介したい。

ワテ流ヘアケア(過去に行った手法)

まあ、ワテの場合、20代後半くらいから額の生え際が全体的に1cmくらい後退したかな。下図中央だ。

ワテの20代前半 ワテの20代後半 将来こんな風になるのか⁈

このまま行くと、将来はさらに生え際が後退して、上図右のようになるのかなぁ~と不安に駆られた。

今思えば、その当時は、物凄く不安だった。

それで各種のヘアケアを試したのだ。

毛髪に良いとワテが思うのは、

  • 頭皮に良いシャンプーで洗う
  • 養毛剤、育毛剤を振り掛ける
  • 指先やブラシでマッサージする
  • 規則正しい生活をする
  • 好き嫌いなくバランスよく食べる
  • 良く眠る

などだ。

風呂に入って血行を良くし、シャンプーで頭を洗う。

その後風呂上りに養毛剤を振り掛ける。

頭皮にジュワーっと広がる爽快感が気持ちいい。

その後、指先で丹念にマッサージ。

あるいは、豚毛のブラシでツンツン叩いて刺激を与える。

 

ワテはこういうふうな手入れを長年していた。

しかし、現在では、一切ヘアケアを行っていない。

現在のワテのヘアケア

ワテの場合、現在はシャンプーすら使わない。

固形石鹸で週に一回くらい頭を洗う程度だ。

固形石鹸で週一回洗髪する

なぜシャンプーを使わないかと言うと、それは単に、シャンプーの人工的な香料の臭いが嫌いなのだ。無香料のシャンプーなら使っても良いのだが、あまりお店には売っていないし。

それとシャンプーにはシリコンなどの人工的な物質も沢山入っている。ワテはそう言う薬品系があまり好きではないのだ。

それで、固形石鹸で香料の少ない物を使って頭を洗う。

普通の花王石鹸などを良く使う。

まあ、花王石鹸ホワイトも香料の臭いはあるが、まあ完全無香料の石鹸などは入手しにくいので、妥協している。

それと、シャンプーブラシ。

まあ、ワテが使っているのは100均で売っているような安っすい奴だが。

こんな感じで、石鹸を頭に付けてブラシでゴシゴシ洗う。

頭皮の脂は悪なのか?

さて、ワテの場合は、現在は夏場なら一週間に一回くらいシャンプーするだけだ。

冬場なら1~2週間に一回でも全く気にならない。

なんなら一ケ月くらい頭を洗わなくても、不快感など全く無いし。

頭皮の脂を敵視して、シャンプーで完全に洗い落とすのが正しいヘアケアだと言うような風潮があるが、最近のワテは全くそうは思わない。

洗っても洗っても頭皮の脂は出て来る。

つまりそれは皮膚を保護するために体が脂を生成して皮膚にコーティングしているのだとワテは思う。

同じようなものに鼻毛がある。鼻毛の場合も抜いても抜いても生えて来るでしょ。

鼻毛は鼻に異物が入らないようにフィルターするために必要だから生えている訳なので、抜いても人体は鼻毛を生やすように反応するのだ。

つまり、鼻毛は抜いては行けない。気になるなら鋏(はさみ)で短くカットする程度で良い。

と言う訳で、毛髪が気になる人は毎日毎日アホみたいにシャンプーをして頭皮脂を完全除去してツルツルの肌にすればするほど逆効果だと言う事に気付くべきである。

でもまあ、全く髪の毛を洗わないって言うのは、仙人みたいな生活をしている人はともかく、一般の人はなかなかそんな境地や生活スタイルには出来ないので、やはり週に一~二回くらいは洗髪すべきだろう。

医学的に有効性が証明された発毛剤・育毛剤は信じる

ワテの場合、かなり前に水虫に罹った事がある。数年くらい水虫薬を塗っていたのだが、全く効かない。その時の経験で、「水虫薬なんて効かないんだなあ」と思っていた。その数年後にインキンタムシに罹ったのだが、水虫の体験があるので「インキンタムシ薬を塗っても治らないんだろうなあ」と思ってインキンタムシ薬を買う事を躊躇していた。

でも、股間が痒くてたまらん!夜中に寝ていてもあまりの痒さに飛び起きるくらいに重症だったのだ。

ダメ元でいいのでインキンタムシ薬を買って塗ってみたら、塗った直後から患部にジワーっと広がる爽快感があり、夜も熟睡出来て翌朝目が覚めたら痒みが少し和らいでいる!で、数カ月に渡りインキンタムシ薬を塗ったら無事に完治!

その時の体験談で、ワテは現代医学に対する認識を改めた。

従来なら「インキンタムシ薬なんて効かないんだろうなあ」だったのだが、

現在は「最近の薬は良く効く。医学の進歩は素晴らしい。」と言う感じ。

まあ、ノーベル賞のiPS細胞を使えば、今までは治療が不可能だと思われていた数多くの病気に対して有効な治療法が見付かっているようなニュースも見るし。

と言う事で、ワテの場合には、薬は必要以上には飲んだり塗ったりしないのだが、必要な場合には最新の西洋医学を利用している。先日も帯状疱疹に罹ったのだが、皮膚科の先生が処方してくれた飲み薬を二週間ほど飲んだら無事に完治したし。

ミノキシジル

ミノキシジルと言う物質に発毛効果が認められていると言うニュースはワテも今から二十年くらい前に知った。確か、リアップと言う育毛剤が大正製薬から発売された時に、マスコミでも結構話題になったからだ。

ミノキシジルのWikipediaによると

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売であるが、大正製薬が一般用医薬品として開発を行い1999年からミノキシジル成分1%の「リアップ」として発売開始された(ダイレクトOTC第1号製品)。同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬として人気を博し、発売当初は品薄状態が続いた。

との事なので1999年からリアップは発売されている。

ワテも発売直後にリアップを買って頭皮に振り掛けた事を覚えている。その後、数年間、ずっと使っていた。かなりの出費だったが。

ミノキシジル入り胃薬を飲んだ赤ちゃん「狼男症候群」に

当記事に関してタイムリーな話題であるが、先日、こんなネットニュースを見た。

2019/8/28(水) 15:26配信 女性自身
発毛剤入り胃薬を飲んだ赤ちゃん「狼男症候群」に

全身に著しく濃い体毛が生える「狼男症候群」。スペインのコスタ・デル・ソルで、16人の乳児にこの疾患に似た症状が現れたと英Daily Mail紙が報じている。

16人はいずれも胃酸の逆流や消化不良の治療に使われるオメプラゾールを服用したことがわかっており、このオメプラゾールに発毛効果のある成分として知られるミノキシジルが混入していたという。

(以下省略)

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00010007-jisin-soci

う~ん、やっぱりミノキシジルは発毛に効果があるんだなあと思う。でも、あまり過剰に摂取すると副作用もあるみたいなので、お勧めなのはミノキシジル入りの育毛剤・発毛剤・シャンプーなどを正しい処方に従って利用するのが良いだろう。

ワテ推薦の毛髪、頭皮ケアグッズ

では、どんなシャンプーがお勧めか?

ワテの場合は強い香料が苦手なので自然派のシャンプーを選んでみた。

ワテお勧めシャンプー

ワテのコメント入り

植物系洗浄成分をベースにしたノンシリコンのヘアケアシャンプー。ワテは植物派だ。

アマゾン商品ランキングも高い。

ただし、上の製品ミノキシジルは入っていない感じ。

では、ミノキシジル入りのシャンプーを探してみた。

アマゾン商品説明を引用すると以下の通り。

  • バレリーナ絶賛、注目のフルボ酸、ミノキシジル誘導体配合で話題のオーガニックシャンプー
  • 使うほどに頭皮+髪質が改善。天然ミネラルを豊富に含むフルボ酸+ミノキシジル誘導体配合の高級ノンシリコンシャンプー。リンス、コンディショナー不要となるオールインワンタイプ。

ちなみに、バレリーナ絶賛の意味を調べてみたら、バレエジャポン社公式サイトに以下の説明があった。

バレエダンサーの髪は知らない間にダメージを受けています。
シニヨンヘアーは踊りを美しく見せるためにバレエダンサーには必須。しかし髪の毛をまとめるために髪の毛を強くひっぱりながら、整髪料やワックスを使用し綺麗にまとめあげます。バレエダンサーの中には、レッスン時に毎回シニヨンヘアーにしなければならないダンサーも沢山います。

引用元 バレエジャポンのサイト(https://ballet-shop.com/item/aurora-shampoo/)

なるほど、確かにバレエダンサーの人は髪の毛を強く引っ張って束ねたりして髪の毛を酷使している。

「シャンプー ミノキシジル」でアマゾン検索はこちら>>>

 

あと、ワテが以前使っていたシャンプーがこれだ。

ひまわりの種から作った植物派のシャンプーだ。現在は石鹸で頭を洗っているが、気分を変えてこのシャンプーを再び使おうかなあと考えている。

 

アマゾンで「シャンプー」の最新売れ筋ランキング人気上位の2位まで表示している。

シャンプー 売れ筋ランキング Top2 (本日のアマゾン)
1位
2位

シャンプーの 売れ筋ランキングを全て見たい人はこちら>>>

養毛剤・育毛剤

養毛剤、育毛剤に関しては、ワテの経験では、最低でも半年くらい使ってみないと効果は分からないと思う。

大量の抜け毛で悩んでいる人が、有名な育毛剤を使い始めたからと言っても翌日から毛が生えてくるとか抜け毛が止まるとか、そういう即効性は当然ない。

なので、まあ、数か月くらい連続で使う気持ちで商品を選択する必要がある。

 

その時の判断材料は、やはりネットの評価や口コミを頼りにするのが良いと思う。

 

シャンプーがアデノバイタルなら、育毛剤もアデノバイタルで揃えたい。

パッケージ記載の効能効果には、発毛促進、毛生促進、育毛、養毛、その他多数の効能が書かれている。商品ランキングもとても高い人気商品だ。

 

独特の噴射機構によってトニック成分が毛穴にジワーっと染み込んでいるような感じが気持ちいい。

 

昔から有名なカロヤンだ。世界的な指揮者はカラヤン。カラヤンがカロヤンを使っていたのかどうかは未確認だが、晩年のカラヤンの髪の毛は量も多くてフサフサだ。

 

そしてミノキシジル入りのリアップ。

大正製薬のリアップ。これも超有名だな。

頭皮に染み込むような爽快感が気持ちいい。

まあ、現在のワテはこの手の製品は使わないのだが、若い頃はかなりの金額をつぎ込んで発毛、育毛に力を注いだ。

その結果として現在のワテの毛髪はフサフサなのか、単に遺伝的に毛が多いのかは不明だが。

いずれにしても、シャンプーで適度に頭皮を洗浄して、この手の発毛促進剤を使えば頭皮に爽快感が広がり、気分も良くなる。

 

アマゾンで「育毛・養毛・増毛」の最新売れ筋ランキング人気上位の2位まで表示している。

育毛・養毛・増毛 売れ筋ランキング Top2 (本日のアマゾン)
1位
2位

育毛・養毛・増毛の 売れ筋ランキングを全て見たい人はこちら>>>

ブラシ

こういう豚毛ブラシでツンツン頭皮を叩いて刺激を与えると良い。

ワテも毎日やっていた。

 

ちょっと高いが、こういうタイプだとどんな向きで叩いても、うっかり木の柄の部分で頭を叩いて痛いなどと言う心配がないので、ウッカリさんにはお勧めだ。

ブラシなんて壊れる事も無いし、時々風呂に入って頭を洗う時についでにシャンプーでブラシも洗えば清潔に保てるので、これくらいの価格のものを買っても損はしない。

 

電動式で刺激が与えられるブラシらしい。ワテは使った事が無いのだが、一度試してみたいと思っている。

ヘッドマッサージ器など

これを一度使うと止み付きになる人も多い。

経験した事のない快感がある。

パナソニックは、こういう小型の電動製品が得意だな。電気シェーバー、電気鼻毛剃り、その他、いろいろ作っている。

こういうマッサージ器を一つ持っていれば、頭だけでなく腕や肩や足や、どこでもマッサージ出来るのでお勧めだ。

カツラ

まあ、ワテの場合、将来禿げてきたら、思い切って坊主にするつもりだ。

でも冬場は寒いかもしれないので、そういう時にはカツラという選択肢も良いかもしれない。

 

カツラって高価な印象を持っていたが、今は安いのもあるようだ。

 

男性用もあるぞ。

 

こういうのを持っていれば、いつでも好きな時に長い髪型に自由自在に変身できるな。

ワテ試してみたい。

まとめ

当記事では、薄毛・禿げなどに悩んでいる人の為に、ワテの体験談やお勧めのシャンプーなどを紹介した。

頭髪に関するワテの経験では、あまり気にしないのが一番だ。

でも若い人はやはり気になるだろう。

その場合には、あまり神経質になってアホみたいに毎日頭皮がツルツルになるくらいシャンプーをすると逆効果だと思う。

頭皮脂は悪では無いので、完全に除去しては行けない。

毎日シャンプーせずに、一週間に2~3回程度でも十分だと思う。ワテの場合は一週間に一回くらいだ。

でも部活でスポーツをやっている学生なら、毎日大量の汗をかくから、やはり毎日シャンプーが必要かも知れない。

まあ、その辺りの加減は、自分の体の様子を見て、「今日は頭がムズムズと痒いのでシャンプーするかな」などと決めれば良いだろう。

何事も程程が良いのだ。

 

もし、抜け毛が気になってきたら、医学的に効果が確認されている信用出来る会社のシャンプー、トニック、育毛剤、養毛剤を使うと良い。

発毛剤のお勧めはこれだ。

ミノキシジル5パーセント入りとの事だ。

キャッチフレーズが

「生える効果がある発毛剤リアップ!!」

なので、発毛効果は医学的にも証明されているんだろう。

 

そして、頭皮をブラシで十分にマッサージする。

かつ、規則正しい生活を送る。

食生活もバランスよく食べる。

こういう生活習慣を身に着けると、毛髪に良い。

 

でも、禿げてきたら、諦める。諦めると言うとネガティブな印象だが、そうではなくて、自然に任せると言う心境が良い。人間、自然に任せて生きるのがストレス無く生きられるので頭皮にも良い。

 

でも、どうしても諦められない人は、植毛や移植などの高額な手段もある。それは各人の判断で。

 

思い切って短髪あるいは坊主にするのも良い。

あるいはカツラでも良い。最近では安いカツラが売っている。

人生は短い。老人になった時に、若い頃を振り返ると、頭髪に関して悩んでいた事なんてどうでも良かったと思うだろうし。

以上、ワテのヘアケア体験談でした。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

ヘスルケア生活
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント