【ワレコの推理】茨城県境町の夫婦殺人事件の犯人を逮捕する方法

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

推理小説好きなワテであるが、茨城県境町の一軒家で起こった一家殺傷事件の犯人逮捕につながるアイディアを閃いた。

当記事では、茨城県の事件の概要、事件の場所などを調査すると同時に、そのアイディアを紹介したい。

一刻も早く犯人が逮捕される事を願うのである。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

茨城県境町の夫婦殺人事件の概要

ネットニュースなどの情報を総合すると、事件の概要は以下の通り。

事件発生日時 令和元年2019年9月23日(月)午前0時40分頃
事件現場 茨城県境町大字若林
被害者 小林光則さん(夫48)、小林美和さん(妻50)
重症 長男(13)、次女(11)

各社の報道によると、

事件は9月23日(月)の午前0時40分頃なので、22日(日)の夜に発生している。

何者かが一階の無施錠の窓から侵入したと見られている。

二階寝室で夫婦が刃物で刺されて殺害され、二階の子供部屋の二段ベッドで寝ていた中学1年の長男(13)は足や手を切られて重傷、小学6年の次女(11)も手に軽症との事だ。一階で寝ていた大学三年の長女(21)は寝ていて無事だった。

犯人に襲われている中で奥さんが110番通報し、その後、パトカーが急行して事件が発覚。

両足と腕を切られて重傷を負った中学一年の長男(13)の証言では、犯人は背格好から「男だった」と話している。

さらに長男は「暗くて顔は見えなかったが、一人だったと思う」とも話している。

長男、次女ともに「帽子をかぶりマスクをした人に無言で襲われた」と証言しているとの報道もある。

捜査関係者によると、住宅内に物色された形跡はなかったとの事だ。

つまり、犯人は盗み目的ではなく、何らかの殺意を持って小林さん方に侵入したと見られる。

謎めいた事件だ。

茨城県境町の夫婦殺人事件の場所

茨城県境町若林の事件現場がどの辺りなのかグーグルマップで調べてみた。

下図の四角の枠が茨城県境町だ。

上図の枠を拡大したものが、下図(茨城県境町)だ。

西側には利根川が流れている。

上写真の枠(茨城県境町若林)を拡大したものが下図だ。

上図が茨城県境町若林地区だが、その一角に事件現場となった小林さん宅がある(下図)。

ワテ自作の地図サイトでも同じ場所を確認できる(下図)。

上図の右側に見えるのがストリートビュー画像だ。

ストリートビュー画像の奥に写っているのが事件現場の建物だと思われる。

手前にある看板に「大山」と大きな字で書かれているのが確認出来たが、これは何を意味するのかは未確認だ。

事件現場は利根川流域の長閑な田園地帯と言う感じ。

大きな釣り堀がある。

近くには鉄道も無い。

 

茨城県境町の夫婦殺人事件の犯人像

従来なら何らかの殺人事件が起こると、物色されて金品が盗まれていれば窃盗目的、何も盗まれていなければ怨恨などと推測される事が多かった。

確かにそう思うが、最近では、第三のケース、つまり意味不明な殺人事件が時々起こっている気がする。

例えば、2015年(平成27年)4月21日(火曜日)の朝方に、神奈川県足柄下郡湯河原町の民家で発生した女性殺人並びに放火事件だ。

以下の記事で詳しく紹介している。

【ワレコ探偵】湯河原町の放火殺人の防犯カメラの人物は女性では無いのか?
今日はいつものプログラミング系の話題とは全く無関係な話題を一つ紹介したい。 何かと言うと、先日、ネットニュースを見ていて気になったものがある。 それは、2015年(平成27年)4月21日(火曜日)の朝方に、神奈川県足柄下郡湯河原町の...

ワテの直感でも、今回の茨城県の事件は、犯人の目的は殺人その物だったのかも知れない。

現場の敷地には犯人が履いていたスリッパが見付かったそうだ。

遺留品を現場に残して行くと言う杜撰さも犯人の特徴を表していると思う。

つまり、綿密に計画した犯罪のように思えるが実は単なる思い付きの犯罪かも知れない。

たまたまこの家を狙ったなど。

報道によると、犯人は行き成り二階の寝室に侵入して被害者を襲うと言う強い殺意を持った犯行なので、怨恨か?などと書いているものもある。

今の時代、そんな常識は通用しない。怨恨でも物取りでも無く、単なる殺人が目的なので、強い殺意を持って決行する、そんな犯人像も考慮すべきだろう。

テレビ番組「ポツンと一軒家」は犯罪を誘発しているのでは無いか?

今人気のテレビ番組に「ポツンと一軒家」(朝日放送テレビ)と言うのがある。

出演者は、MCが所ジョージさん、パネラーは林修さんだ。

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。

引用元 「ポツンと一軒家」(朝日放送テレビ)公式サイトから

まあ、1枚の衛星写真を手掛かりに、どんな人がどんな理由でそんな人里離れた一軒家で暮らしているのかに思いを巡らせると言う今までに無かった番組構成なので、興味を持つ人が多いのだと思う。

でもなあ、ワテの場合にはこの番組を初めて見た時に思った。

「こんな番組を作ったら、一軒家の住人は犯罪者に狙われるんじゃ無いのか?」と。

なぜなら、グーグルマップの地図やストリートビュー画像を見れば、住所公開されていなくてもその一軒家の住所を特定する事は難しくは無い。

それに、ネット上の掲示板などでは、番組に興味を持った人が住所を特定して書き込んでいる例も多い。

そう言う情報を集めれば、番組で紹介された一軒家の場所を特定する事は数十分も有れば可能だろう。

一軒家の住所、緯度経度などの個人情報が完全に全世界に公開されてしまっているのだ。

では、犯罪者がこんな辺鄙な場所の一軒家を襲撃する理由はあるだろうか?

ワテは有り得ると思う。

なぜなら、不便な場所にある一軒家に住んでいる人は、ある程度の生活資金を現金で持っていると考えるのが普通だろう。

その理由は銀行や郵便局さえも車で何十分も掛かる場所にあるので手軽には行けない。ましてはコンビニなどは無いし。

だから何百万円とか何千万円などと言う大きな金額では無くても、例えば十万円とか数十万円くらいは手元に置いているかもしれない。

今の日本では、金目のものは簡単に窃盗される時代だ。

山の中に設置した太陽光発電のソーラーパネルが盗まれる、銅を目当てに電線が何百メートルも盗まれる、消防ホース先端の真鍮金具が盗まれる、、、

一般人ならそんな物を盗んでどうするんだよと思うようなものさえも、僅かな金欲しさに盗むのだ。

となると、数万円程度の金欲しさにポツンと一軒家まで数時間掛けて行って強盗に押し入る輩(やから)が出て来ても不思議ではない。

テレビ番組「ポツンと一軒家」を見た悪意のある人物が、日本にはこんなに沢山辺鄙な民家があるのか!犯罪やりたい放題だな!なんて言う発想になる可能性は十分にある。

それに最近では不法滞在の外国人も多い。日本人の道徳観とは全く異なる異民族が多数日本に不法滞在しているのだ。

こんな予感は現実になって欲しくは無いのだが、ポツンと一軒家で紹介された家が数年以内に事件に巻き込まれるような予感がする。

番組で紹介された家でなくても、番組に影響を受けた人物が似た様なポツンと一軒家を探して、今回の犯行を行ったような気がすると考えるのは考え過ぎだろうか?

茨城県境町の夫婦殺人事件の犯人逮捕をするには?

もし犯人の犯行動機が単なる無差別殺人であるなら、今回の犯行現場である茨城県境町の一軒家は木々に囲まれていて周りの道路からは見えない場所にあるので、打って付けの場所と言えるだろう。

では、

なぜ犯人はこの家を選んだのだろうか?

なぜ犯人はこの森の中に人家が有る事を知ったのだろうか?

その理由は、犯人は犯行前にグーグルマップを使ったのでは無いかとワテは思う。

ストリートビューを見れば、木々に囲まれて外界から見えない建物を見つけ出す事は容易だ。

つまりまあ「ポツンと一軒家」は幾らでも見付ける事が出来る。

今回の茨城県境町の犯人は事前にグーグルマップを使って茨城県内のポツンと一軒家を探した可能性があると思う。

そして偶々見付けた茨城県境町若林にあるこの住宅をターゲットにしたのでは無いだろうか?

もしその推理が正しいとすれば、グーグルマップの閲覧履歴を調べて、犯行日よりも前に茨城県境町若林の衛星写真を表示した人物が犯人の可能性が極めて高い。

それを調べる事が出来るのはグーグルマップの運営元であるGoogle社と言う事になる。

誰がいつどこの地図を閲覧したのかなどと言う情報をGoogleは取得しているのか?

それは分からないが、GoogleにしてもFacebookにしても、大勢の利用者の趣味趣向を把握してその人に有った広告を表示するなど、個人情報の収集が売り上げに結び付く訳なので、その手の情報を収集している可能性は高いと思う。

いわゆるクラウドデータと言うやつだな。

と言う事で、警察はGoogle社に掛け合って、事件の数日前あたりに茨城県境町若林の衛星写真をグーグルマップで閲覧した端末の接続履歴を調査すると良いだろう。

接続プロバイダー、IPアドレス、MACアドレスなどが分かれば犯人はほぼ間違い無く特定されるし、逮捕できる確率も極めて高い。

茨城県警は防犯カメラに写った不法侵入者の顔を公開すべき

フジテレビの「情報ライブグッディ!」によると、昨年(2018)11月に、この事件の近隣の民家の防犯カメラに写った不審者映像が紹介された。

トレーニングウエアのような上下セットのジャージと言う感じ。フードか帽子も被っていて手には手袋をしている。

映像では白っぽい服に写っていたが、夜間監視用の防犯カメラなので恐らく赤外線を照射して撮影していると思う。赤外線を良く反射する素材、例えばガラスなども白っぽく映るらしいので、この不審者が着ていた服は必ずしも白っぽい色合いとは限らないようだ。

グッディ!の映像をキャプチャした不審者画像はツイッターなどのSNSでも広く拡散しているが、顔の部分が消されている。

ワテの意見としては、茨城県警はこの不審者の顔がはっきり写っている防犯カメラの画像あるいは動画を公開すべきだ。

今回の事件との関係性はもちろん今の時点では分からないが、犯人に限りなく近い最重要人物で有る事には間違い無い。

そもそも民家の敷地に不法侵入している訳だから、顔を隠す必要も無いだろう。

しかしながら警察はこの手の情報を公開したがらない。理由は分からない。そして事件から何年も経って迷宮入りしそうになると、情報を小出しにして、今も必死で捜査していますよ!と言う感じのアピールをするのだ。

そんな事するくらいなら、今の時点で公開しても差し支えない情報をネット社会にばら撒くべきだろう。そうすれば一瞬にしてこの不審者の顔写真をもとに、犯人逮捕に結びつくと思うのだが。

まあ警察もそんな前例の無い事はやりたくないんだろうなあ。犯人を逮捕出来なくても、だれも責任を取らなくても良いわけだし。

まとめ

当記事では、令和元年2019年9月23日(月)午前0時40分頃、茨城県境町大字若林で発生した殺人事件の概要、事件現場の地図、犯人像などを推測した。

さらに今流行りのテレビ番組「ポツンと一軒家」が犯罪を助長しているのでは無いかと言うワテの懸念を紹介した。

今回の事件の犯人は事前に茨城県境町若林の事件現場のグーグルマップやストリートビュー画像を閲覧した可能性が極めて高いと思う。

警察はグーグル社に連絡を取って、グーグルマップの閲覧履歴を提供して貰うと良いだろう。

そうすれば犯人を逮捕できる可能性がかなり高くなると思う。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメントを読む

この記事には読者の方からコメントが 7件あります。
興味ある人はこのページ下部にあるコメントを参照下さい。

何でも調査
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント

  1. ポリンキー△ より:

    私も茨城県の家族殺傷事件の謎には興味があります。私が思う謎は、以下に記します。
    ①なぜ、この家族(この家)をターゲットにしたのか?
    ②なぜ、1階から侵入したとされるのに、1階の長女を無視し、2階に上がって犯行を起こしたのか。
    ③殺人目的であれば、二人殺そうが4人殺そうが変わらないのに、子供たちは殺害されなかったのか
    ④なぜ、犯人は逃走するのに走りにくいスリッパをはいていたのか?また、そのスリッパは、犯行宅のものか?
    ⑤被害者の証言で、長女以外の証言はあるが長女の証言はあまり出てこないのはなぜか?
    ⑥スリッパを脱ぎ、車で逃走した可能性があるというが、その車は周辺の防犯カメラで撮影されているのか?
    ⑦そもそも、警察に通報したのが奥さんであるという証拠はあるのか?さらに、奥さんは犯人がいるであろう現場でなぜ警察に電話できたのか?

    以上の疑問点を踏まえ、私の推理は、
    ①通り魔的な、殺人事件
    ②庭が広い持ち家家族を狙った、もの取りによる犯行
    ③逆恨み的な、知人・親族による犯行
    ④遺産相続・保険金目的の殺害
    ⑤長女や子供たちと交友関係を持った者の、怨恨による殺害
    ⑥遺産相続を目的とした、殺害

    のどれかではないかと考えています。
    最後に、『ポツンと一軒家』については、私は個人のプライバシーの侵害をしていると思っております。情報の公開について当事者に了解を取っているとはいえ、全国ネットで放送する内容ではないのかなと思っています。

  2. 三毛猫ホームズ より:

    この事件発生の一か月前に約5㎞離れた八千代町平塚で
    同じような殺傷事件があったこと。
    逮捕されたベトナム人実習生は
    被害者との接点が見つかっていないことです。
    もしかすると彼は真犯人でなく、
    今回と同一のシリアルキラーである可能性が。
    さらに1年前のここから10㎞離れたつくば市の夫婦殺害も
    いまだに解決していません。
    3つの事件とてもよく似ています。

    第四の茨城中高年夫婦連続殺人事件が起きないことを祈ります。

  3. 三毛猫ホームズ より:

    「大山」とは小林美和さんの旧姓であり、彼女の実家です。
    10年前に両親が亡くなって相続されたのでしょう。

    この事件発生の一か月前に約5㎞離れた八千代町平塚で
    同じような殺傷事件があったこと。
    逮捕されたベトナム人実習生は
    被害者との接点が見つかっていません。
    もしかすると彼は真犯人でなく、
    今回と同一のシリアルキラーである可能性が。
    さらに1年前のここから10㎞離れたつくば市の夫婦殺害も
    いまだに解決していません。
    3つの事件とてもよく似ています。

    第四の茨城中高年夫婦連続殺人事件が起きないことを祈ります。

  4. wareko より:

    ポリンキー△さん、三毛猫ホームズさん
    コメントありがとうございました。
    「大山」に関する情報ありがとうございます。
    謎の多い事件ですが、私の直感では、やはり犯人は無差別殺人が目的だったような気がします。
    犯人はバイクあるいは車で犯行現場まで来ていると思うのでNシステム、防犯カメラ映像などから車両が特定されるんでは無いかと期待しています。
    いずれにしても事件が早く解明されると良いのですが。

  5. 気になる木 より:

    私も今回の事件が大変気になっています。茨城県内で3件目の似たような夫婦殺人事件が起きた中で、手口や目的に共通点を感じるからです。茨城県警とドロケイを楽しんでいるような気さえもしてきます。先日、グッディで近所の防犯カメラに映っていた不審人物が気になっています。早く捕まえて欲しいです。

  6. クロ より:

    私は家庭内での殺人ではないかと思います。夫婦を殺害し、奥様が通報したのを見た犯人が警察が来るのをわかっていて、わざわざ子供部屋に行って殺害せずに傷だけ付けるという捕まるリスクがあるのに、不思議でなりません。外部ともめ事もないようですので家庭内でのもめごとで今回の事件に発展してしまったのではないかと思います。もしかすると子供達は何か隠しているのではないかと嫌な予感がします。早く解明して欲しいです。

  7. wareko より:

    クロ様
    この度は小生の記事にコメント有難うございました。
    さて、クロ様の推理では犯人身内説との事ですが、事件発生当初は唯一被害を免れた長女さんが怪しいなどと言うネット記事も多数見かけました。
    でも、その後の報道を見る限り、犯人は男で有る事がほぼ確実ですので、身内説は成り立たないのでは無いかと私は思います。
    いずれにしましても不気味な事件ですので早く解決されると良いのですが。
    私の予想では、犯人はバイクあるいは自動車を使って移動していると思いますのでNシステム、防犯カメラなどの情報から車両が特定される可能性が高いと思っています。
    早ければ年内くらいには解決するのでは無いかと予想しています。
    茨城県警には頑張って欲しいと思います。