【ワレコ解説】IIS8.5をWebサーバーにする(8/9) – WordPressの手動インストール (成功)

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

全九回の連載記事で、ワテがWindows Server OSとIISを使ってWebサーバーを構築してWordPressブログシステムもインストールした手順を紹介している。

当記事は、その第八回目。

前回は、WordPressの動作に必要なMySQLをインストールした。

今回は、WordPress本体の手動インストールに挑戦する。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPress本体のインストール

WordPressの日本語版を公式サイトからダウンロードした。

https://ja.wordpress.org/

wordpress-4.2.3-ja.zip

実は、最初、うっかり英語版をダウンロードしてインストールをしてしまったのだが、途中で日本語版が有る事に気づいてい急遽、インストールを中止して日本語版のインストールを行った。

危ない危ない。

インストールの情報は、公式サイトにある

WordPress 日本語版のインストール

が参考になる。

インストール作業自体は、難しい部分も無く、スムーズに完了した。

WordPressインストール後の設定作業

これらのサイトを参考に必要な設定を行った後で、

http://localhost/wordpress/wp-admin/install.php

をInternet Explorer 11 で開くと、下図のような画面が開くので、先ほど作成したMySQLのデータベースの情報

データベース名
ユーザー名
パスワード

を入力すると良い。

03-8-WordPress

これで、一応、WordPressに必要なものは全部入れた。

WordPressの画面が出た

あとは、php.ini ファイルを編集して

extension = php_mysql.dll

を有効化した。これで設定は全部完了かな。

そして、

wp-admin/install.php

を開くと無事に、WordPressの画面が出たがな。

03-9-WordPress-welcome

図 WordPressの初期設定画面が出た

やった。

ここにタイトル、ユーザー名、パスワードその他を入力すると、目出度くWordPressでブログが開始できる。

WordPressの使い方を勉強する

ワテの場合、WordPressは見た事も使った事も無い。

今回、自力でインストールしたのだが、使い方を勉強する為に教科書を買う予定だ。

ネット情報だけだと断片的な情報しか得られず、その場しのぎになり易いし。

やはり本を一冊買って読み通すのが良いと思う。

一冊目のプライム・ストラテジー株式会社の本は、お勧めだ。

プライム・ストラテジー株式会社と言うと、

「超高速WordPress仮想マシン KUSANAGI クサナギ」というソフトを公開している会社だ。

公式サイトからKUSANAGIの説明文を引用させてもらうと、

超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」とは?

プライム・ストラテジー株式会社が開発、構成するWordPressを高速に動作させるための仮想マシンおよびそのイメージです。WordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをページキャッシュ非使用で実現する世界最高速クラスのWordPress実行環境です。

と言う事だ。

物凄く速い。

普通にWordPressを使ってサイトを作ると、表示に数秒掛かるだろう。一方、KUSANAGIの場合、ミリ秒のオーダーの性能が出るらしい。別世界の速さだ。

この会社は、WordPressを使ったWebサイト構築で定評があり、超高速にWordPressを動作させる技術を持っているので、WordPressの専門家集団のようだ。

そんな人たちが書いた本なので、WordPressをやっている人は、是非読んでおくべきだ。

ちなみに、ワテも将来このKUSANAGIを使って高速なWordPressサイトを構築したいと思っている。

つづく

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

IISVPS
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント