【ワレコ解説】IIS8.5をWebサーバーにする(9/9) – まとめ

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

全九回の連載記事で、ワテがWindows Server OSとIISを使ってWebサーバーを構築してWordPressブログシステムもインストールした手順を紹介している。

当記事は、その第九回目の最終回。

前回までで、WordPress本体の手動インストールに成功した。

最終回は今までの作業を振り返ってみたい。

では、本題に入ろう。

Windows Server 2012 R2 に

IIS 8.5
wordpress-4.2.3-ja
MySQL Server 5.6.26
PHP 5.6.11

をインストールして、IISサーバー(Webサーバー)を構築しWordPressのブログ機能を入れることが出来た。

このブログ自身、そのWordPressで作成している(注)。今のところ問題なく動いている。

注:現在はエックスサーバーのWordPressを使っています。下記追記を参照。

当初は、これらの作業を終えてWordPressを使い始めたところ、

WordPress投稿のタイトルが日本語だと他のPCから見えない(解決)

WordPressで画像がアップロードできない(解決)

などの問題が発生した。前者はphp.iniで日本語UTF-8を使う設定にしたら解決した。後者は、 wp-content/uploads/ ディレクトリに IUSR ユーザーの読み書き許可を有効にしたら解決した。

ということで、ようやく新しいブログの環境が整った。ワテのような初心者でもやれば出来るので皆さんもどうぞ。使ったソフトウェアは全て無料なので、あとはやる気が有れば出来ると思います。

ところで、以前使っていたgooブログはどうするかな。

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows VPSにWordPressのインストール成功

約2日がかりでAblenetレンタルサーバーのWindows VPSにWordPressのインストールに成功した。

当初は右も左も分からない状態から作業を開始したのだが、人間、やる気になれば何とかなるものだ。

IIS
Web Platform Installer
PHP
MySQL
WordPress

など、どれも未知の領域。

全く未経験であったこれらのインストール作業をネット検索で仕入れた知識のみで完遂する事が出来たのだ。

WordPressの使い方もある程度覚えたので、日々の出来事などを当ブログ記事に書いている。

WordPressはエックスサーバーに引っ越した

必死に苦労してWindows VPS上に構築したWordPressサイトであるが、その後、当WordPressのブログサイトは新規に契約した エックスサーバー社に引っ越した。

なので、現在皆さんが読んで頂いているこのブログはXSERVER社のレンタルサーバー上で動いている。

サーバーを引っ越した理由

引っ越した理由は以下の通り。

WordPressの反応がのろいのだ(AblenetのWindows VPSの前に借りていた某Windows VPS専門会社のサーバー)。

具体的にはページを表示するのに5秒以上かかる。遅い時だと10秒くらい掛かる。

レンタルサーバーのハードウェア自体が遅いのかもしれない。でも、例えば10MBくらいのテキストファイルを単純にダウンロードする実験をしてみると、1秒前後でダウンロード出来るのでサーバーやネットワークはそんなに遅くは無いようだ。

遅いのはどの部分なのかをいろいろ試行錯誤して切り分けてみたのだが、断定はできないのだが、なんとなくレンタルサーバー自身が遅いという結論に達した。

その結論に達するまでには、ネット上の情報を元にMySQLのチューニングなどいろいろと試してみたのだが解決しなかった。

もし、そのあたりのサーバーチューニングの知識が豊富なら自分でWindows Server 2012R2に入れたWordPressをIISサーバー上で動かしても、最適なチューニングを行えばかなり高速に動かせるのかもしれない。

そのあたりを突き詰めても良かったのだが、時間も掛かりそうだしネット情報だけでは限界がある。何らかのセミナーなどで習うと効率が良いかもしれないが、そこまでヤル気にはならない。

引っ越し先はエックスサーバーにした

ここは、餅は餅屋と言う事で、WordPressが高速で稼働すると宣伝している各社のレンタルサーバーを比較して、その中で価格的にも割安であり、サポートも良さそうな(ネット情報)エックスサーバー 社に契約してWordPress環境を引っ越したのだ。

その結果、従来5秒以上掛かっていた表示が、2秒弱くらいになりとても快適になった。

また、バックアップも自分で取る必要はなくて、エックスサーバー側で自動で取得してくれる。

楽ちんだ。

ちなみに各社のレンタルサーバーを比較する中でワテがエックスサーバーの各プランを比較しする為に作成したのがこの表だ。

分り易いと思う。自画自賛だ。

レンタルサーバー検討中の人にはお勧めだ。

なお、旧サーバーも並行して使っていて、そちらではASP.NET系のアプリを公開している。

まとめ

全九回の連載記事でWindows VPS上にWordPressブログサイトを構築した過程を紹介した。

ワテの場合、プログラミングに関してはかなりのレベルだと自負している。

ところが、Windows VPSやウェブサイトの構築などは全くの未経験。

そんなワテで有ったが必死にネット検索して得た知識のみで、約二日がかりで無事にWordPressサイトの構築が成功した。

その過程で、

IISのインストール
PHPのインストール
MySQLのインストール
WordPressのインストール

などを学習出来た。

今は、業界で有名なエックスサーバーに引っ越してその上でWordPressサイトを運営しているので、上で紹介したような知識は無くてもボタンクリック一つで全自動でWordPressのインストールが行える。

と言う事で、今回の作業で多くの事を学ぶ事が出来た。

(完)

このあたりのインストールの試行錯誤の経緯は、また別の記事に書きたい。

WordPressでブログやるならワテの一押しはエックスサーバー社

Windows VPS借りるならワテの一押しはエイブルネット社

スポンサーリンク
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

IIS VPS
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント