記事内に広告が含まれています

【ワレコのアイデア】桃盗難、ぶどう盗難、ブタ盗難、高級車盗難防止策【犯罪捜査系YouTuber】

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

ワレコ

2022年7月10日(日)は参議院議員選挙の投票日だ。

政治家、政党を批判するよりも、選挙に行って自分が支持したい候補者や政党に投票するほうが有益だ。

日本を住みやすい国に復活させたい。

さて、この所、連日のように報道される農作物盗難のニュースであるが、ワテが画期的な防止策を思い付いた。

当記事では、農作物盗難、自動車盗難、農機具盗難、花壇の花盗難、その他あらゆる盗難事件の犯人逮捕につながる画期的なアイデアを紹介したい。

かつ、そのアイデアを実践するには費用は殆ど掛からないが、もし犯人逮捕につながればいきなり登録者数100万人くらいのYouTuberとしてデビュー出来る可能性があるのだ。

(注意:上のツイッターの軽トラと桃盗難事件との関係は未確認です。善良な産地直販の可能性もあります。)

カップ焼きそばを大食いするとか、回転ずしを大食いするとか、そんな下らない話題しか思いつかない無名の底辺YouTuberの人に是非実践して頂きたいと思っている。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

犯罪捜査系YouTuberのアイデア

連日多発する盗難事件

レクサス、ランクル、ハイエースなどの国産車、ベンツ、ポルシェ、フェラーリなどの輸入高級車が連日のように盗難されるニュースを見る。

たまたまツイッターで見付けたこの人も盗難に遭われたようだ。無事に見付かると良いのだが。

自動車だけでなく、旧車ブームで一台数百万円に価格高騰している古いバイクも盗まれる。あるいは、田舎の田んぼで良く見かけるトラックターや耕運機も盗まれる時代だ。

もうやりたい放題。

農作物、家畜も盗難にあう。雑草を食べてくれるヤギさんも盗まれるのだ。

先日のニュースでは収穫前の桃が数千個盗まれたとの事だ。

もう少し前にはベトナム人犯罪集団による組織的な家畜盗難事件が発生して、逮捕者も出ている。

これら全ての犯罪が外国人だとは思わないが少なからず外国人犯罪者が関与している可能性はあるだろう。

なぜなら、日本は彼らからしてみれば至る所にお宝の山があるようなもんだろう。

防犯意識の少ない農村には簡易的な小屋に無施錠で高価なトラックターが置いてある。

スーパーの店頭にはその気になれば誰でも万引きしても見付からないくらい商品が山積みされている。

そう言う状況でも日本人は他人の物を盗んだりする事無く高いモラルを守って来たのだ。

しかし、そんな常識は異国の文化で育った外国人には通用しない。

盗んでくれと言わんばかりに無防備なものが日本の至る所にあるのだ。

まあ、そんなのを見たら盗みたくなるのは当然だろう。

こんな日本には住みたくない。

鍵を掛けなくても安心して暮らせた昭和の時代が懐かしいと思っている人も多いだろう。

そこでワテは考えた。

高級車窃盗犯人を逮捕すればいいだろう!

どのようにして犯人を捕まえるか?

警察は犯罪が起こらなければ動いてくれない。

でも盗まれた車はどこかのヤードに運び込まれて解体されてコンテナに積み込まれて外国に密輸され、一切の証拠が残らない。

その結果、車の持ち主は泣き寝入り。

そんな悪質な犯人を逮捕する方法を考えた。

囮(おとり)作戦だ。

囮作戦で犯人を誘き(おびき)出す

レクサスとかランドクルーザーなどの高級車を犯罪者が通りそうなところに駐車しておけば良い。

具体的には、人通りが多い場所にあるコインパーキングに数日駐車するとか、あるいは、ヤードが沢山ある地域の幹線道路に路上駐車するとか。

その車にはGPS発信機や小型動画撮影カメラ(無線で動画送信機能付き)などを取り付けておく。

そんな車は直ぐには用意できない人は、レンタカーを借りれば良い。

レンタカー会社のサイトで検索してみたが、レクサス、ハイエース、メルセデスベンツなどの高級車でも5泊6日借りる場合の料金はだいたい10万円前後だ。

そのようにして高級車を放置しておいて、あとはその車の近くで犯人が来るまで待てば良い。

犯罪組織には多くのメンバーがいるはずなので、そんな高級車を目立つ場所に数日停めておけば、数日以内にほぼ確実に盗難に会うだろう。

犯人グループが車を窃盗しに来たら、YouTubeでライブ配信するのだ。もしライブ配信すると犯人に気付かれる可能性がある場合には、録画しておいてあとで配信すると良い。

そして、犯人グループがその盗難車を運転して彼らのアジトに運び込む様子を詳細にYouTubeでライブ中継する。

同時に警察にも通報する。

あとは警察に任せて高級車窃盗犯人グループを一網打尽。

完璧や!

そのYouTube動画は瞬く間に大人気となり、一夜にして数百万回くらいの再生数を稼ぐ事も夢ではないだろう。

そしてチャンネル登録者数も一夜にして100万人も夢ではないぞ!

自称YouTubeの達人のワテが言うのだから間違い無いw

農作物盗難の犯人を捕まえるには?

高級車の場合には、犯人グループをおびき寄せる高級車を囮にすれば良かった。

ところが農作物の場合には、犯人グループがいつやって来るのか予測できない。

先日の桃盗難事件の場合には、まだ十分に熟していない収穫前の桃ですら大量に盗んでいるのだ。

ワテみたいな古い日本人の感覚ならそんな物盗んでどうするんだと思うが、犯罪者の感覚では少しでも金目の物は盗めば良いと思うんだろうなあ。一体全体、どんな国、どんな宗教、どんな教育のもとで育てばそんな人格が形成されるんだろう。

やっぱり正しい教育と言う物は重要だな。

さて、この場合も犯人逮捕は簡単だ。

つまり、この手の高級果物盗難事件が発生すると必ずと言って良いが、その直後に軽トラに果物を積んで駅前などで格安で販売する集団が現れるのだ。いわゆる移動販売車だ。

たまたま見付けたツイッター写真を以下に紹介する。

(注意:上のツイッターの軽トラと桃盗難事件との関係は未確認です。善良な産地直販の可能性もあります。)

ワテも何度も見たことがある。

その怪しい集団を尾行すれば良いのだ。

そうすると、その果物販売の人間は、必ず果物窃盗団と接触するだろう。あるいは、その人間が果物窃盗団の一員である可能性も高い。

そして、その犯罪集団を数日尾行すれば、次の犯罪を起こした時に証拠動画を撮影出来るのだ。

今の時代、スマホにも高性能なカメラが付いているので、誰でも簡単に高画質な写真や動画を撮影出来る。

その怪しい果物販売の車やナンバー、運転者の顔など撮影して証拠として残して置くと良い。

日本の警察は外国人窃盗団に嘗められていると思う。犯罪者に優し過ぎるだろ。

日本では、アメリカみたいに交通違反で逃げた場合に射殺されるなんて事は無いし。

そのようにして、果物窃盗の明白な証拠を何か掴む事が出来たら警察に通報するのだ。

そして犯人グループが逮捕。

あとは今まで撮影した動画を編集して、犯人尾行、警察通報、犯人逮捕に至る過程を10分くらいの動画にしてYouTubeに投稿する。

そうすると、一躍有名になれると思う。

一日で動画再生回数1000万回も夢ではないだろう。チャンネル登録者数も100万人とかも十分ありうる。

食べ物大食い、ブランド品爆買いみたいな下らないネタしか考え付かないYouTuberの皆さんに是非、ワテが考えた新しいYouTuberのジャンルである犯罪捜査系YouTuber、囮捜査系YouTuberになって頂きたい。

何ならワテがやってもいいんだけれど、ここは前途有望な若手に任せたい。

まとめ

ワレコ

さあ無名YouTuberの皆さん、

一躍超有名YouTuberになるチャンスだぞ!

当記事では、日本全国で多発している高級車盗難事件、果物盗難事件、農機具盗難事件などの画期的な犯人逮捕のアイデアを紹介した。

初期費用は殆ど掛からない。レクサスをレンタカーで一週間ほど借りても十万円くらい。

あとはGPS発信機、動画撮影機材、犯人追跡の車かバイクなどが有れば良い。

犯人が囮に引っ掛かる確率は極めて高いだろう。

そして窃盗の犯行現場や無事に犯人逮捕に至るまでの過程を動画撮影して、編集してYouTubeに投稿すれば、貴方も一躍超有名YouTuberの仲間入りが出来るのだ!

そして儲かったら、ワテにも分け前を少しくれ!

スポンサーリンク
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

アイデアコラム
スポンサーリンク
シェアする
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント