WarekoMapThis v1.2 リリースした

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

バージョンアップした理由

2015年11月末頃に、われこマップのドメインを

wareko.jp から wareko.net に変更した。

その結果、われこマップのアドレスは、

wareko maps

に変わった。ただし、旧アドレス

wareko maps

でアクセスが有った場合にも、転送する設定をしているので旧アドレスでも開く事は可能だ。

ドメイン間でリクエストを転送する方法には、いろんな方法があるようだが、

301リダイレクトと言う手法が一般的のようだ。

さて、そのドメイン変更に伴い、WarekoMapThis のバージョンアップを行った。

WarekoMapThis とは何かと言うと、Chromeブラウザーの無料拡張機能 (Chrome Extension) であり、任意の文字列を選択して「WarekoMapThis」を実行すると、その文字列を使って住所検索を行い地図を表示するという便利機能なのである。

それにも関わらず、現在の利用者数は、2015年12月7日現在、全世界で39 人だ。そのうちワテ自身が3ユーザーくらいカウントされているので実際は36人前後だ。

さて、WarekoMapThisでは、現在開いているChromeのタブを調べて、もし既にWarekoMapが起動している場合には、新規タブにWarekoMapを開くことはせずに、その既存のWarekoMapを使って地図検索する仕様にしている。そのほうが、起動に掛かる時間が無くなり高速に検索結果を得られるからだ。

その既存WarekoMapの検索機能においては、Chromeの各タブを調べて “wareko.jp/maps/” という文字列を見つけ出すという方法でやっているのだが、ドメインが “wareko.net/maps” に変わったものだから、既にWarekoMapが開いているにもかかわらず検出できない状態であった。その結果、毎回WarekoMapが開いてしまう状態になっていた。

全世界36名の利用者の皆さんに使い勝手の悪い状態でプログラムを放置するわけには行かないので、この週末に修正を行った。その結果、新ドメイン wareko.net/maps/ において、正常にWarekoMapThisが動くようになった。このバージョンを v1.2 とした。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

広告画像も更新した

もう一つの変更は、WarekoMapThis拡張機能を登録公開しているChromeストアでの広告画像を更新した。

今まで使っていた画像は、WarekoMapThisの使い方が伝わりにくいようなので、簡素なバージョンを作った。それがこれだ。

Chrome右クリック一発_v1.2_uploadしたやつ

Chromeウェブストアの訪問者数は、毎日数十人くらいはあるようなのだが、インストールまで行く人は皆無なのである。その原因は、最初に表示される画像がややこしくて難しそうに見えたのではないかと思う。その結果、インストールまでは行かずに帰ってしまうというパターンだったのでは無いかと推測する。

今回の新画像のアップロードによって、大幅にインストールする人が増えるに違いない。

 

その超不人気な、WarekoMapThisをインストールする人は、こちらへ。

Wareko Map This – Chrome Web Store – Google

このサイトが開いたら、右上の

warekomapthis_chrome_add

CHROMEに追加

をクリックするだけだ。

試して不要なら削除もすぐできる。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント