【ワレコ推薦】SteelSeries QcK mini マウスパッド【一度使うと病み付き】

スポンサーリンク

自称、マウスパッドの選定には五月蠅いワテが、ワテ推薦のマウスパッドを紹介したい。

ワテはもう何年も前からこのマウスパッドを使っている。

使い勝手がとても良いのだ。

それが、これだ。

SteelSeries QcK mini マウスパッド

【型番】SteelSeries QcK mini 63005
【サイズ】250 x 210 x 2 mm
【カラー】ブラック

当記事では、なぜワテがこの「SteelSeries QcK mini マウスパッド」を長年使っているのか、その理由を紹介したい。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SteelSeries QcK mini マウスパッドとの出会い

このマウスパッドの一番の特徴は、素材が柔らかいのだ。

お店だと、こんなふうに丸めて箱に入っている。

SteelSeries_QcK_mini

普通のマウスパッドだと、硬質のプラスチック素材が多いと思う。

そういう普通のタイプのマウスパッドだと、下敷きみたいに多少は曲がるが上図のように丸める事は出来ない。

 

ワテの場合、とあるパソコンショップにマウスパッドを買いに行った際に、たまたま店頭でこのSteelSeries商品がデモ用に置いてあったのを見たのだ。

それまでは、こういう柔らかいタイプのマウスパッドは存在は知っていたが、使った事は無くて、何となく見た目が安っぽいかなという印象であった。

先入観と言うやつかもしれないが、マウスパッドと言えば、或る程度硬いプラスチック素材のような物で作られているというイメージがあったのだ。

なので、もし店頭でこの製品を触ってみなければ多分今も普通の固めのパウスパッドを使っていたと思う。

SteelSeries QcK mini マウスパッドをお勧めする理由

マウスの滑りが程よくて薄い

SteelSeries QcK mini マウスパッドを店頭で触ってみて感じたのは、マウスの滑りが程よい滑りなのだ。

ツルツル滑りすぎる事もなく、かといって、手首に負担がかかるような摩擦も無い。

程よい感じなのだ。

それともう一つ重要な点は、薄いのだ。

厚みが2mmと薄いので手首に負担が掛からない。

最近では薄いタイプのマウスパッドも多いが昔は厚みが5mmくらいのものが多かった。

そういうマウスパッドだと、手首を若干上に曲げて使う事になるので、長時間使っていると手首に負担が掛かる。

SteelSeriesマウスパッドは布素材なので手首に優しい

最大のお勧めポイントを紹介しよう。

さらに、重要な特徴は、表面が布製(?)の素材なのだ。

?を付けた理由は、ワテが見た感じでは布なのだが、マウスパッドに使う訳なのでレーザー光線を良く反射するとか、マウスの滑りが良いとか、何かそういう特殊な加工をしてある布だと思うので、そういう意味で普通の布ではないと言う感じを込めて?マークだ。

兎に角、ハイテクな布っぽい素材だと思う。

では、布素材なら何が良いのか?

手首に優しいのだ。

どういう事?

つまり、普通の硬めの素材のマウスパッドだと、マウス操作している時にウッカリとマウスパッドの淵が手首の皮膚に接触すると、痛みを感じる場合があるだろう。

とても不快な感触だ。

皆さんも体験した事が有るだろう。

特に、デザイン分野とかゲームマニアな人とか、そういう人はマウスを激しく動かす場合が多いと思う。そういう時に手首の皮膚がマウスパッドの鋭くて硬いエッジに接触すると痛いし不快だし、兎に角嫌な感じ。

ワテも長年そういうのを我慢してパソコンを使ってきたのだ。

一方、SteelSeriesのマウスパッドは表面が柔らかい布製なので、手首に接触しても痛みを感じる事が無い。

肌に優しいのだ

また、マウス操作をしているとマウスパッドの上をマウスと一緒に手が滑るのが、その時にマウスパッド表面に接触する手首のあたりや、親指の付け根の付近の皮膚の感触も、相手が布なので肌触りが良いのだ。

スティールシリーズのマウスパッドは一回使うともう手放せない。

この特徴が、SteelSeriesの最大の長所だとワテは思う。

なお、SteelSeriesの製品でも何種類かあるので、表面素材も多少異なるようだ。

ワテの場合、SteelSeries QcK mini (63005) しか使った事が無いので他の製品を検討中の方は、この点は各自で確認お願いします。

 

ちなみに、Steelseriesとはデンマークに本拠を構えるソフトトレーディング社のゲーミングデバイス専門ブランドだ。設立は2001年。日本では株式会社ゲートが輸入代理店となっている。

布製マウスパッドを使う際の注意事項

以下では、ワテが10年以上このSteelSeries QcK mini マウスパッドを使って来た経験の基づいて、布製マウスパッドを使う場合の注意事項を紹介したい。

爪が引っかかる

爪が引っ掛かる事がある。

特に爪切りで爪を切った直後には、爪の切断面が滑らかではなく、多少ギザギザになっている。

その状態でマウス操作を行うと手がマウスパッドの上を滑る時にその爪のギザギザがマウスパッド表面の布に引っ掛かるのだ。

具体的には、小指、薬指、親指あたりの爪が引っ掛かり易い。

そう言う場合には、よく切れる爪切りで爪を切って、かつヤスリで爪の切り口を擦って滑らかにしておくのが良いだろう。

ワテのお勧めの爪切りはこれだ。

信頼の「貝印」の爪切り。刃物製造で有名な会社だ。

価格的にも安いし、一個買っておけば何年でも使える。100円ショップなどに売っている安い製品とは大違いだ。

ぜひ一個買っておくのが良い。

スイスイ使い易いマウスパッドで作業効率も良くなり、爪の手入れも気を遣うようになり、あなたのエチケット対策も完璧だ。

まさに一石二鳥のマウスパッドだろう。

数年使うと布が汚れて来る

ワテの場合、ほぼ毎日このマウスパッドを使っているが、やはり数年も使うとマウスパッドの表面が汚れて来る。

手の脂とか汗、あるいは部屋の埃などが混じった汚れが付着する。

まあ、数年使ってそんな状態なら十分に使い切った感じなので、新しいのに買い替えても良いだろう。

でも、まだ使えるし、捨てるのは勿体ない。

ワテの場合は、今まで数回、このSteelSeries QcK mini マウスパッドを洗った事がある。

ワテの洗い方は、お湯に漬けながら、普通の固形石鹸でマウスパッド表面の汚れを擦って洗う。

そして、汚れも取れて洗い終わったら、十分にお湯で濯いで天日干しで乾かした。

その結果、汚れも落ちて気分爽快だ。

なお、洗う場合の注意事項としては、あまり強い力でマウスパッド擦ったり、揉み洗いすると、マウスパッドの台座の部分から表面の布が剥がれる事がある。

その時には、乾燥後に市販の接着剤で貼り付けた。

でも、多少凹凸になって上手く貼れなかったので、結局、そのマウスパッドは廃棄して、同じ型番で新しいのを買った。

まあ、数年も使っていたやつなので、十分使い込んで元を取った気分なので、そろそろ買い替え時期だったと言う事だろう。

SteelSeriesの種類

アマゾンを検索して、ざっと見てみたところ、以下の製品が見つかった。

他にもありそうだが、種類が多いので全部は調べていない。

SteelSeries QcK マウスパッド(主なもの)

メーカー型番  商品名  寸法、特徴
63003 SteelSeries QcK + 450 x 400 x 2 mm
63004 SteelSeries QcK 320 x 270 x 2 mm
63005 SteelSeries QcK mini 250 x 210 x 2 mm (ワテ推薦)
63008 SteelSeries QCK heavy 450 x 400 x 6 mm
63010 SteelSeries QcK mass SteelSeries Qck massはミドルサイズに6mmのヘビーな厚みが特徴。
クッション性のある厚みでさらに精細なマウス操作と長時間使用の快適さを実現。
63201 SteelSeries 3HD 250 x 210 x 2 mm
優れた精度、安定性を求めるプロのために開発された、プラスチックタイプのマウスパッド。
表面には視認することが出来ないくらいの小さな突起が整然と配置されており、この突起が光を跳ね返すことで、マウスの実力を100%発揮させることが可能になっている。

ワテ推薦のやつは、千数百円くらいで買える。

もう、10年以上使っているが、表面の布素材はすり減る事も無いし、まだまだ使えそうだ。

リストの上位の三種類はたぶんサイズ違いだと思う(詳細は各自確認お願いします)。

四番目の奴が6mmと厚めのタイプ。厚いとどういう効果があるのかは未確認だ。

リストの末尾の二種類の製品は、ヘビーユーザー用、プロ用と言うことであるが、ワテは使った事は無いのでレビューは出来ない。

でも、まあ、同じメーカーの製品であり、価格も高価なので、商品としては確かなものだと思う。買ってみたがこれは失敗だったというような人は少ないんじゃないだろうか。心配なら店頭で触ってみるのが一番良いが。

まとめ

長年パソコンを使ってきたワテが推薦の

【型番】SteelSeries QcK mini 63005
【サイズ】250 x 210 x 2 mm
【カラー】ブラック

は、マウスパッドの購入を検討している人にお勧めだ。

理由は以下の通り。

薄い(2mm)ので手首に負担が掛からない。

柔らかいので手首の皮膚にも優しい。

程よい摩擦力でマウス操作がストレスなく出来る。

1年くらい使っていて手の皮脂や汗で汚れても布製なので石鹸を付けて洗えば綺麗になる

洗うと滑りも復活するからとてもいい感じ。

6,7年使っても布がすり減ったりせず全く問題ない(ワテの場合)。

 

と言う事で、マウスパッドを購入するならこの

がお勧めだ。

本日(2016/9/6)の時点でも、アマゾンで

カテゴリ マウスパッド

マウスパッド

ベストセラー1位

だ。

 

なお、SteelSeries社ではマウスパッド以外にも多数のパソコン関連商品を販売している会社だ。

最後の製品は、

SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker 視線測定機 69041

と言うらしい。何やこれは?

値段も結構高いし何に使うのか、現在調査中だ。

 

SteelSeries QcK mini マウスパッドっぽい他社製品

追記(2017/5/8) 

アマゾンを見ていたら、SteelSeries社のマウスパッドによく似た他社製品を見付けた。

価格は結構安い。見た目もソックリ。

ただし、手触り、材質などワテは試していない。

かなり安値でSteelSeries QcKマウスパッドを買う

2017年のゴールデンウイークを利用して便利なWEBサイトを作ってみた。

 

名付けて、

最安価格サーチ

クリックで開く

初回起動時のみ3秒くらい掛かりますがご了承下さい。

 

何が出来るかと言いますと、

Amazon.co.jp

楽天市場

ヤフーショッピング

の三つのショッピングサイトを同時検索して、商品を価格の安い順に表示出来ると言う、お買い物支援サイトです。

 

「最安価格サーチ」で、

63005  SteelSeries QcK mini  250 x 210 x 2 mm (ワテ推薦)

をかなり安値で探したい人は こちらから>

63004  SteelSeries QcK 320 x 270 x 2 mm  (一回り大きめ)

をかなり安値で探したい人は こちらから>

 

もしお使い頂きまして何かご不明な点、改善案などありましたらお知らせ下さい。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

パソコン便利グッズ
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント