【ワレコのWindows】デスクトップの表示(Shows Desktopアイコン)復活方法

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

VMwareにWindows Server 2012 R2 StandardというサーバーOSを入れてみた。

Microsoft Azure Cloud Computing Platform & Services
Microsoft Azure はオープンで柔軟な、エンタープライズ レベルのクラウド コンピューティング プラットフォームです。IaaS と PaaS を使用すると、スピードや効率が上がり、コストを削減できます。無料で試す。

180日利用できる評価版なので、ほぼ半年くらい使うことが可能だ。その後はどうなるのかな?その時に考えよう。

さて、普段使っているWindows7では丸いStartボタンの近くに、下図のように良く使うアイコンを置いている。

02-win7-quick-launch
その中で、左上の青い四角のアイコンは

デスクトップの表示(Shows Desktop)

というアイコンだ。

例えば、メモ帳を一つ開いておく。

その状態でこの「デスクトップの表示(Shows Desktop)」アイコンをクリックすると、現在開いているアプリケーションのウインドウが全部最小化出来る(下図)。

01-win7-quick-launch

そしてもう一回クリックすると全部元のウインドウ状態に復元出来る。

この機能は便利なので良く使うのだが、Windows Server 2012 R2 Standardにはこれが見当たらない。

どうやらサーバーOSではこの手の機能はあまり使わないのでデフォルトでは無効化されているようだ。

でもワテの場合には、リモートデスクトップ接続でWindows Serverにログインして操作する事も多いので、この「デスクトップの表示(Shows Desktop)」アイコンがあるほうが作業が捗る。

この記事では「デスクトップの表示(Shows Desktop)」アイコンを表示させる方法を紹介したい。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「デスクトップの表示(Shows Desktop)」アイコンを表示させる手順

ちなみに、ワテはToolBarを左側に縦に配置するのが好みだ。Windows Server 2012 R2 Standardの場合は以下のようにしている。

03-winSvr2012-toolbar

幾つかのアイコンが並んでいるが、ワテの必要としている「デスクトップの表示(Shows Desktopアイコン)」が見当たらないし、ToolBarを右クリックしてプロパティを表示してもそのアイコンを表示させるような機能が見当たらない。

ググったところ、以下の手順でデスクトップの表示 Shows Desktopが復活できた。

ToolBarの適当なところで右クリックする

ToolBarの適当なところで右クリックすると[新規ツールバー]というメニューがあるので実行する。

05-winSvr2012-new-toolbar

下図に示す新規ツールバーのフォルダ選択画面が出る。

[フォルダーの選択]を実行する

表示されたフォルダー選択画面で、

06-winSvr2012-folder

%userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch

を入力して[フォルダーの選択]を実行する。

そうすると、ToolBarの上にQuick Launchというのが表示される(下図)。

Quick Launchツールバーを適切な位置に移動する

下図のようにQuick Launchツールバーが表示出来る。

07-winSvr2012-quick-launch

あとは、そのQuick Launchツールバー全体をドラッグして ボタン(Windowsボタン) の近くに移動して、文字を非表示にすれば完了だ。

08b-winSvr2012-show-desktop

この結果、上図のように、[デスクトップの表示] アイコンを復活させることが出来た。

試しに、これをクリックすると、現在表示されているウインドウが最小化出来る。もう一度クリックすると復元する。

やっぱりWindowsはこのアイコンが無いと使いづらいなあ。

まとめ

この記事では、Windows Server 2012R2のお試し版をインストールしたワテが、[デスクトップの表示] アイコンが見当たらないのでそれを表示させる方法をネット検索で調べて、その詳細な手順を紹介した。

もしアイコンを使わずに「デスクトップの表示」機能を実行したい場合には、Windowsのショートカットキーの方法で可能だ。

デスクトップの表示 = [Windowsキー] + D

で可能である。

[Windowsキー]とは、キーボードの下段にある漢字ののようなマークのやつだ。

写真中央がWindowsキー(引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/Windowsキー)

Windowsで使うと便利な主なショートカットキー

Win + E エクスプローラを起動
Win + D デスクトップの表示/元に戻す
Win + M 全てのウィンドウを最小化
Win + Shift + M Win+Mで最小化したウィンドウを全て元に戻す
Win + Ctrl Win+Ctrl+D 新しい仮想デスクトップを作成する
Win + Ctrl + ← 前の仮想デスクトップに切り替える
Win + Ctrl + → 次の仮想デスクトップに切り替える

ワテの場合、Win + E くらいしか普段は使わない。

でも、末尾に示した新しい仮想デスクトップ画面の作成機能を使いこなすと沢山のウインドウを開いて作業する時に作業が捗るかもしれない。

今後、その使い方を調査してみたい。

ワテ推薦の音楽

上間さん沖縄出身の歌手で声がとっても良い。それと超美人だ。

沖縄民謡は聴いていて落ち着く。

リンク先で十数曲が試聴も出来る。

沖縄民謡を聴いた事が無い人は、是非試聴してみるとお勧めしたい。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

WindowsWindows Server
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント