【ワテのWindows 10講座】Creator Updateを手動で入れてみた。【簡単】

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

ワテの場合、自作したパソコンにWindows 10 Pro (x64) を入れて使っている。

自作パソコンに付いての記事は、他の記事でも説明しているので興味ある人は御覧下さい。

 

そのWindows 10 は元々 Windows 8 だったものを、Windows 10 への無償Upgradeキャンペーン(現在は終了)を利用してバージョンアップしたものだ。

それで快適に利用出来ているのだが、2017年4月6日に発表されたWindows 10向けのCreator Updateと言うのがまだ入っていない。

ネット情報を読む限りは、放っておけばいつかは自動で入るようだ。

 

でも、2017年5月11日に、さらに新しいUpdateが発表された。

Windows 10 Fall Creators Update

と言うのが2017年秋に出るとのニュースだ。

 

ワテのパソコンには Creator Updateすら入っていないのに、あと半年後にはさらに新しいUpdateが出るだと⁈

もう、完全に時代に取り残されている感じ。

ここは、手動でCreator Updateを入れる事にした。

この記事では、手動でCreator Updateを入れる手順を紹介したい。

結論としては、1時間くらいで無事に完了した。

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在のWindows 10の更新の状態を確認する

 

ワテのWindows 10 はまだCreator Updateの対象ではないようで、まだお呼びが掛からない。

まあ、待っていればそのうちに入るのかなあと思うが、気になるので[更新とセキュリティ]のメニューを開いて状況を確認してみる。

 

[スタートメニュー]

  [設定]

 

を開く(下図)。

[設定]をクリックすると下図が開く。この設定メニューはショートカットキー Win + I でも開く。

ここで上図に示す[更新とセキュリティ]をクリックすると下図が開く。

上図のように「お待たせしました! 間もなく Windows 10 Creators Update をお使いいただけます。いち早く手に入れる方法を確認しますか? 」

と表示されているので、

「はい。方法を確認する」をクリックする。

そすると、Edgeが起動して下図が開くので、その中の更新アシスタントをクリックする。

そうすると、

Windows10Upgrade28085.exe

と言う実行プログラムがダウンロードされる。

 

さて、この実行プログラムをダブルクリックするとCreator Updateが開始するようなのだが、ここではその前に念のためにWindows10のイメージバックアップを取得しておいた。

以下、その手順。

Windows10のイメージバックアップを取得する

 

[スタート]

   [コントロールパネル]

      [バックアップと復元]

を開く。

上図のように[システムイメージの作成]をクリックする。

下図が開くので、バックアップ先のハードディスクを指定して[次へ]をクリック。

これでバックアップが開始する。

ワテの場合には、

Cドライブ(SSD 全容量750GB/使用 220GB)のWindows 10を

Gドライブ(HDD 全容量 5TB)

にバックアップした。

約三十分で完了して、起動DVDの作成を促す画面が出たが、過去に作成しているのでその部分はスキップした。

これで無事にWindown10のイメージバックアップが取得出来たので、今から行うCreator Updateに万一失敗しても元通りに戻せる(はず)。

 

いよいよ松本伊代じゃあなくて、いよいよCreator Updateを開始する。

こちらは松本伊代さん。

Creator Updateを開始

先ほどダウンロードしておいた

Windows10Upgrade28085.exe

をダブルクリックしたら下図が開いた。

[次へ]をクリックして進んでいく。

 

Windows 10 Creators Updateに必要な最低スペック

ちなみに、上図では、CPU、メモリ、ディスク領域の全てOKと出た。

では、どういう場合に不可になるのだろう。

 

Windows 10 Creators Updateは、マイクロソフト社のバージョン表記で言うと、Windows 10, version 1703となる。

その1703に関して、マイクロソフト社のサイトで以下の情報を得た。

この表は、version 1703のWindows 10、つまりWindows 10 Creators Updateに必要なWindows 10 for desktop editionsの最低スペックとの事だ。

Components Minimum hardware requirements summary
Processor

1 GHz or faster processor or SoC

RAM

1 GB for 32-bit OS

2 GB for 64-bit OS

For details, see 3.2

Storage

16 GB for 32-bit OS

20 GB for 64-bit OS

Display Screen

7-inches or greater required for tablets, 2-in-1s, laptops, and All-in-one

Optional for desktop PCs

Resolution

SVGA (800 x 600) or higher

Bit depth 32 bits of color per pixel

引用元 https://msdn.microsoft.com/en-us/windows/hardware/commercialize/design/minimum/minimum-hardware-requirements-overview

この表を見る限り、最近のCPUは2GHz程度あり、メモリも4GBくらいは積んでいるものが多いから、まあ、市場にある最近のパソコンなら問題なくCreator Updateの対象になる感じ。

 

 

 

さて、Creator Update作業を続けよう。

 

更新プログラムのダウンロードが開始した。

50%読み込むのに10分くらい掛かったかな。

99%読み込むのに30分くらい掛かったかな。

ワテの場合には、光ファイバーの1Gbpsの環境なので、通信速度は比較的早い部類に入ると思う。

その環境で30分なので、ADSLやWi-Fiなどの低速環境の人は2、3時間くらい掛かるかも知れない。

 

ダウンロードの検証と言うのが始まった

検証作業と言うのは一瞬で終わった。

更新プログラムの準備というのが始まった

更新プログラムの準備がなかなか終わらない。

ようやく更新プログラムの準備が100%まで進んで完了した。この準備作業だけで30分くらい掛かった。

 

「更新プログラムの準備が出来ました。更新を完了するには、PCを再起動する必要があります。」

と表示されて、タイムリミットは30分しかない。

タイマーが動作し始めて、30分経つと自動で再起動する仕組みらしい。

何だか時限爆弾のタイマーみたいで怖い印象を持った。

 

[今すぐ再起動]をクリックして再起動したら再起動を開始した。

再起動すると、設定画面が出た。

今まで何度かWindows10をインストールした事があるが、上図は、今までは小さめの目立たないメニューをクリックしないと表示されない隠しメニューだった。

つまり、各種の個人情報をマイクロソフト社に送信すると言う設定だ。

デフォルトでは全てオンになっている。

従来は、その事に気づかずにデフォルト状態のWindows10を使っている人も多い。

その辺りの不親切設計が原因で、Windows10は丸でスパイウェアかと呼ばれた訳だが、今回はその点が改善されたようだ。

 

さて、ワテの場合には、全ての項目をオフにして、一切の情報をマイクロソフト社には送信しない設定にした。

[承認する]ボタンをクリックして次に進む。

コンタナとか言うヤツが出て来たが、ワテは良く分からんので使っていない。

なので、ここでは上図のように[今は実行しない]をクリックして次に進む。

 

下図のように再起動をした。

数分間、何か裏で設定作業が行われていて、

パソコンが起動した(下図)。

 

Creator Updateをして再起動した直後の起動画面

下図は、Creator Updateが完了した後の、最初の起動画面だ。

行き成りEdgeが起動して、

「Windows 10 Creator Updateへようこそ」

なんて出ている。

それよりも、

なんで蓮舫さんなの?

まあ、たまたまか。

 

まあ、そんな事はどうでも良いので次に進む。

上図のEdge画面を閉じると下図が出ている。

無事に完了したようだ。

[終了]ボタンで完了だ。

 

一方、この時点で、ワテが使っているClassic Shellが反応している。

Classic Shellとは、Windows10をWindows7風のメニューにするフリーソフトだ。

とても便利なので愛用している。

指示に従って[OK]ボタンをクリックするとClassic Shellの設定も完了した。

 

この時点で、デスクトップには、赤枠で囲む別のアイコンが出来ている。

[Windows 10アップグレードアシスタント]と書いてある。

試しにこの赤枠アイコンをダブルクリックしてみたが、上図の

「Windows 10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」

と言う画面が出るだけだった。

なので、Creator Update実行した上のアイコンも、この赤枠のアイコンも、どちらも不要みたいなので削除した。

完了だ。

Creator Updateをしたら何か良くなったか?

今のところ、何かが良くなったなどは気づかない。

逆に、困った事がある。

メモ帳などに日本語入力をする場合に、キーボード左上の[半角/全角]切り替えボタンを押すと、下図のように現在のIMEのモードを馬鹿でかい文字で表示するのだ。

何で急にこんな巨大な文字で表示する必要があるのか?

老眼鏡モードなのか?

分からん。

画面の中央にでかい文字で表示するから、肝心の文章が巨大文字に隠れて逆に見づらい。

その巨大文字を表示しない設定は以下のようにすれば可能だ。

メモ帳などが開いていて、IMEが有効になっている状態で右クリックでプロパティを表示。

IME入力モード切替の通知

□画面中央に表示する

を解除すれば良い。

 

なお、こんなヘンテコな設定は日本語Windows特有だと思うので、英語版Windowsには入っていない機能だろう。

なので、日本マイクロソフト株式会社が勝手に追加した機能なのかな?真実は未確認だが、デカいにも程がある。

 

まとめ

Windows 10 Pro x64 パソコンを手動でCreator Updateした。

その結果、ワテのWindows 10の内部バージョン表示は version 1703となった。

 

確認方法は、[ファイル名を指定して実行]を開いて[winver]を実行すれば良い。

バージョン 1703 (OSビルド 15063.296) と表示されている。

以上の作業に約1時間くらい掛かった。

作業に関しては特に難しい点は無いと思う。

念のために事前にイメージバックアップを取得しておくと安心だ。

で、結論としては、Windows10にCreator Updateを入れたからと言って、実用上何かが良くなったと言う事は今のところ感じない。

逆に、デカいヘンテコな文字と、蓮舫さんの印象しか残っていない。

まあ、いいか。

終わり。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

Windows10
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント