【ワレコスポーツ新聞】大相撲は八百長か?8勝7敗は怪しいのか?

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

さて、

大関稀勢の里(30=田子ノ浦)の綱取りに期待がかかる2017年1月の大相撲初場所(大相撲九州場所:福岡国際センター)であるが、金星が連発するという別の話題もある。

 

  • 御嶽海が日馬富士を破って初金星、座布団が舞う。
  • 満身創痍の日馬富士が松鳳山に敗れて二日連続の金星配給、引退勧告か。松鳳山は3個目の金星だ。
  • 日本とフィリピンのハーフで中々イケメンの御嶽海が日馬富士に続き鶴竜も撃破して2つ目の金星
  • 5連敗中の荒鷲(30歳)が鶴竜を破って初金星
  • 荒鷲が白鵬も倒して二個目の金星、懸賞金は138万らしい。
  • 勢(いきおい)が鶴竜を破り金星をゲット、懸賞87万円だ。

 

もう金星の連発!

図1. 金太郎と熊の相撲

 金太郎伝説のある金時山のワレコマップを見る。

WarekoMaps Mobile ver1.5 - Wareko.NET アプリケーション

パソコンのみ、携帯は動作未確認。

 

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

金星とは

Wikipediaによると、

金星 (相撲)

金星(きんぼし)とは、大相撲で、平幕の力士が横綱と取組をして勝利することである。三役以上(小結以上)が横綱に勝っても金星にはならず、普通に白星と呼ばれる。

 

まあ、平幕力士が横綱を倒す訳なので、それはとっても嬉しいと思うが、金銭的にも嬉しい事がある。

 

懸賞金は6万2000円

永谷園の懸賞金が有名だが、一本あたり6万2000円で垂れ幕で自社商品を宣伝出来るのだ。

図2. 永谷園の懸賞 引用元     https://ja.wikipedia.org/wiki/懸賞_(相撲)

ポールマッカートニーも懸賞金を出した事がある。

いずれは、ワテも

 

「提供ワテ」

 

こんな垂れ幕を10本くらい提供してみたいと思っている。

 

勝った力士が行司さんから熨斗袋(のしぶくろ)に入った懸賞金を手渡されるが3万円入っているそうだ。

6万2000円の内訳は、

  • 5300円は日本相撲協会の事務経費
  • 2万6700円は納税充当金として日本相撲協会が獲得者本人名義の預り金として天引き
  • 勝利力士には勝ち名乗りに際し懸賞1本当たり手取りで現金3万円を受け取る

らしい。

まあ、ボーナスみたいなもんだな。

なお、現金が包まれている熨斗袋(のしぶくろ、封筒)は東京の麻布十番にある長門屋商店で制作されているとの事。

Wikipedia情報

 

月給も増える

ネットの情報によると、金星を取ると給料も増えるのだ。

一個の金星で一場所あたり4万円が給料に加算される。

年6場所なので、一個金星を取ると年収が24万円増えることになる。それが引退するまで続くのだ。

 

場所

会場

一月場所

国技館

三月場所

エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

五月場所

国技館

七月場所

愛知県体育館

九月場所

国技館

十一月場所

福岡国際センター

 

 

松鳳山は3個目の金星だから、年収が72万円増えるのかな。

今の時代、年収が一気に72万円も増える人は少ないだろう。

月給が1000円だけ上がったとか、そんな人も多い。

パート、アルバイトの人なら時給が10円上がったとか。

そんな時代に、大相撲の世界はなかなか景気が良い。

でも、大相撲協会としては横綱が簡単に金星を連発すると、協会の出費も増える訳なので、横綱に頑張ってもらわないと財政破綻しかねない。

 

さて、そんな大相撲であるが、八百長疑惑は昔からある。

実際に、逮捕者が出たり、廃業した人もいる。

 

大相撲は八百長か?

大相撲の八百長疑惑に関して、有名な研究としては、

シカゴ大学スティーヴン・レヴィット教授の調査結果がある。

スティーヴン・デヴィッド・レヴィット(Steven David Levitt、1967年5月29日 – )は、アメリカ合衆国の経済学者。

相撲の八百長は確率・統計学で簡単に証明できますか?シカゴ大学の先生が証明してます。↓ - 米学者が八百長証明!「7勝」対「8勝」千... - Yahoo!知恵袋
相撲の八百長は確率・統計学で簡単に証明できますか?シカゴ大学の先生が証明してます。↓ 米学者が八百長証明!「7勝」対「8勝」千秋楽の勝率は?2011.02.04ケータイメールが動かぬ証拠となった大相撲の八百長問題。相撲協会の放駒理事長は「過去には一切なかったこと」と言うが、実は米名門大の経済学教授が過去の膨大な取組を分...

を要約すると、スティーヴン・レヴィット教授の調査では、

期間1989年1月から2000年1月まで
調査対象本場所の上位力士281人による3万2000番の取組
調査内容

14日目が終わった時点で7勝7敗であり千秋楽で勝てば勝ち越せる力士と、既に8勝6敗と勝ち越している力士の千秋楽での対戦をピックアップ。

 

その結果、千秋楽の時点で7勝7敗の力士と8勝6敗の力士が対戦すると、7勝7敗の力士の勝率が異常に高いと言う結果が出たらしい。

だから八百長と言う結論のようだ。

 

まあ、それは色んな見かたが出来るだろう。

7勝7敗の力士は、この勝負に勝ち越しが掛かっているので、必死で戦う。だから強い。

一方、8勝6敗の力士はもう勝ち越しているので、必死になる必要は無い。だから負けやすい。

など。

相撲は他の格闘技とは対戦形式が違う

大相撲の場合には、他の格闘技、例えばボクシング、空手、K1、などとは根本的に異なる側面がある。

それは、一回限りの勝負ではないのだ。

力士の場合には、大相撲協会に所属して、幕下から始まり順調に勝ち上がれば数年かけて幕内力士になり、最終目標は横綱だ。

なかなか上位に上がれない人もいれば、途中で廃業する人も多い。

年6場所で、対戦相手も一回限りの戦いではなくて、今日対戦した相手と来場所で戦うかもしれない。

来場所ではなくても、また来年あたり戦うかも知れない。

順番に巡って来るのだ。

一方、プロのボクシングのタイトルマッチなら、世界チャンピオンと2位の選手が対戦するとして、そんな試合は一回限りだろう。

年に6回も同じ試合がある訳ではない。

ボクシングの試合なら、兎に角勝てば良いのだ。

図3. ボクシングは勝てば良い

 

しかし相撲は違う。

8勝6敗の力士が7勝7敗の力士と戦う。

7勝7敗の力士は勝ち越しが掛かっている。それは、8勝6敗の力士にも良く分かっている。

もし8勝6敗の力士が30代後半で、力士としてのピークを越していて、あと何年かしたら現役引退も頭にある。

今場所はどうにか勝ち越せたが、来場所はどうなるか分からない。

ここは多少の手加減をして、7勝7敗の力士に勝たせて恩を売れば、もし来場所以降で自分が負け越しそうな場合には逆に助けてくれるかもしれない。

そんな気持ちになるのは当然だろう。無意識にそんな気持ちになる場合も有るだろう。

それを八百長と呼ぶのが正しいのか、あるいは、戦略と捉えるのが正しいのか。

相撲を一場所限りの単なる対戦と捉えるなら、八百長かもしれない。

しかし、長い力士人生に於いて、自分が勝ち上がって行く為の戦略として、7勝7敗の力士に勝ちを譲ると言う考えも有るだろう。

いわゆる、「人情相撲」とか「情け相撲」言う奴か。

それが力士の美学なのだ。

今風に言うと空気を読むと言う奴やな。

「出来レース」と言ってしまうと風情が無い。

 

ただし、その勝ち負けを金銭で売り買いしたり、組織的に裏で勝ち負けを全部決めるなどすれば完全な八百長になる。

図4. 賄賂・裏金

 

そうでは無くて、あくまで力士が長い相撲人生を勝ち進んでいく為の戦略として、ここは相手に勝たせてやろうなどと思うのは、それは、ワテに言わせれば八百長ではなく戦略になる。

 

まとめ

図5. 行司

まあ、大相撲と言うのは、力士の人生が掛かっている訳で、一つ一つの取り組みにはそういう人間模様が見られる訳だ。

単なる勝負として見るのではなくて、そんな力士の心理を予想しながら見るのが大相撲なのである。

投げられたレスラーが約束通りにロープから跳ね返って来るプロレスを八百長と言う人もいる。

ワテはそうは思わない。

野球でバッターがボールを打ったら一塁へ走るのが野球のルールだ。

プロレスでロープに投げられたら、跳ね返って戦うのがプロレスの暗黙のルールなのだ。

つまりまあ、プロレスはエンターテイメントとして楽しむのが正しいのだ。

それと同じように、千秋楽に7勝7敗の力士の勝率が高いのは、大相撲が八百長だからではなくて、それが大相撲と言うものなのだと言う認識が正しい。

 

つまり、結論としては、アメリカ人には相撲の精神はなかなか理解できない。

だから単純に統計で結論を出してしまう。

大学教授ですら。

数千年以上の歴史を持つ日本と、200年ほどしか歴史の無いアメリカとの根本的な違いだ。

欧米人は、スポーツとはボクシングみたいに殴り合って勝ちさえすれば良いと思っている。

相撲は、そんな単純なものではないのだ。

スポンサーリンク
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

コラム
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント