【ワレコのPC講座】パソコンファイル・フォルダ整理術決定版【簡単明瞭な方式】

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

写真 ワレコ式パソコン仕事術を実践してサクサクと作業が捗るノマド女子

さて皆さん、

恐らく皆さんはパソコンのファイル・フォルダの整理方法・管理方法で悩んでいるに違いない。

先日作成したあのワードファイル、どこのフォルダに保管したっけ?

去年沖縄に行った時に撮影したデジカメ画像、どこに保管したかなあ。見付からん!

まあ、全世界数十億人のパソコン利用者が毎日経験している根源的な問題だ。

当記事では、自称パソコン10段、英検3級、空手段位なし、そろばん苦手のワテがこれぞ決定版と言う画期的なファイル・フォルダ整理術、パソコン仕事術を発明したので、当記事で紹介したい。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世間一般のファイル整理術・ファイル整理ソフトは役に立たない

さて、パソコンのデスクトップにアホみたいに多数のアイコンを並べている人も多い。

その原因は、デスクトップにフォルダを行き当たりばったりで作成しているからだ。

その結果、こんな風になるのだ。

写真 アホみたいに多数のアイコンが並ぶパソコンのデスクトップ

それはワテやがな。

あかんがな。

 

で、ワテの場合、この世界的超難問を解決すべく、日夜考えを巡らせていたのだ。

例えば、

  • パソコン ファイル 整理術
  • パソコン ファイル 整理 ソフト

などで検索すると、数多くの整理術や専用ソフトなどが紹介されている。

まあ、興味ある人はそう言うのを見てみると良いだろう。

ワテも過去に数多くの手法を試した。あるいはファイル整理ソフトも幾つも試した事がある。

でもワテの経験で言うと、どの手法もそれを実践している人には便利かもしれないが、やり方が複雑だったりして万人向けと言える良い手法は見た事が無い。

あるいは整理ソフトの類を試してみた事もあるが、操作が複雑だったり、そのソフト固有の癖のある手法だったりして、三日坊主で終わったものも多い。

と言う事で、ワテの経験で言うと、現時点ではパソコンファイル・フォルダの整理術に関しては、決定版と言うような物は知られていない。

ファイル・フォルダ整理で直面する問題とは何か?

パソコン利用者がファイル、フォルダの整理で直面する問題は簡単だ。

つまり、ファイルやフォルダがどんどん増えて行って、収拾がつかなくなる。

  • あのエクセルファイルどこに保管したかなあ~、三時間探しても見付からない!
  • あのワードで作成した資料、直ぐに送らなくてはならないのに、検索してみ見付からんぞ!
  • あのデジカメ写真、どこに行ってしもたんや?

こんな感じだ。

それを解決する為に、数多くのパソコン仕事術、ファイル・フォルダ整理術が紹介されているのだが、ワテが調べた限りでは完璧なものは無い。

結局のところ、フォルダを上手に分類出来るアイディアが浮かべば、それがこの問題解決の糸口になるだろう。

多くの人がやっているような気まぐれや行き当たりばったりでフォルダを作成していると、数カ月後には

あのファイルどこに行ったんでしょう?

夏、碓氷(うすい)から霧積(きりづみ)へゆくみちで、谷底へ落としたあのファイルです…

てな状態になる。

それは麦わら帽子か。

冗談はさて置き、フォルダを上手く分類出来れば、この問題は解決するのだ。

時系列で整理するかカテゴリーで分類するか?

デスクトップにアホみたいにファイルやフォルダが増える原因は、ファイルを時系列で管理するか、カテゴリーで管理するかで迷うからだ。

時系列で管理する場合

例えば時系列で管理する為に、年月日で始まるこんなフォルダにどんどん貯めて行くとする。

でも、数カ月後に、

あの淀川花火大会のデジカメ画像、どこに保管したかなあ?

確か、花火大会は2018年の夏だったので8月だったかな?

と思い出せればこのフォルダを見つけ出す事は可能だ。

 

でも、通常は往々にして

自動車にドラレコを取り付けた時に撮ったデジカメ写真はどこかなあ?

あの作業はいつやったのかなあ?

思い出せないぞ!

二時間探したが見付けられない。

消しちゃったのかな?

てな事になりがちだ。

カテゴリーで管理する場合

では、時系列ではなくてカテゴリーで管理すると解決するのか?

まあ、カテゴリーでフォルダやファイルを分類している人も多い。

花火大会のデジカメ画像は、例えば「写真」と言うフォルダをデスクトップに作成しておいて、その中に貯め込んで行くとする。

こんな感じだ。

大分類カテゴリーのフォルダとしては、自分の趣味や仕事などに応じて決める人が多い。

  • 写真
  • 旅行
  • 電子工作
  • 日曜大工
  • 料理

みたいな感じか。

でもそうすると、日曜大工で作った棚を撮影したデジカメ画像はどこに保管すべきか迷うだろう。

写真フォルダなのか日曜大工フォルダなのか?

そこに無理があるのだ。

 

では、いよいよ、もったいぶらずにワテが考えた画期的なファイル・フォルダ整理術を紹介したい。

ワレコ式ファイル・フォルダ整理術令和元年バージョン

令和元年(2019年)に思い付いたアイディアなので、「ワレコ式ファイル・フォルダ整理術令和元年バージョン」と勝手に命名しておく。

商標登録してもいいかもしれない。

ワレコ式ファイル・フォルダ整理術令和元年バージョンのデスクトップ例

ワレコ式のファイル・フォルダ整理術では、デスクトップには数個のフォルダを置くだけで良い(下図)。

写真 ワレコ式ファイル・フォルダ整理術令和元年バージョンのデスクトップ例

これら数個の簡素なフォルダを使って全てのファイルやフォルダを管理できるのがワレコ式だ。

基本は「日々の記録」フォルダにオリジナルデータを保管する

基本は「日々の記録」フォルダにあらゆるオリジナルデータを保管するのだ。

フォルダ名は自由なので「日記」、「時系列フォルダ」など好きな名前に変えても良い。

その「日々の記録」フォルダの中身は、上で紹介したように日々の出来事をフォルダに保管しておけば良い(下図)。

上図のように、年度ごとにサブフォルダを分類する。

年度フォルダはさらに毎月のサブフォルダに分類する(下図)。

例えば2019年8月のフォルダの中身は以下の通り。

こんな風に、「日々の記録」フォルダには、花火大会のデジカメ画像でも、ブログ記事のワードファイルでも、電子回路シミュレータの計算結果なども、兎に角全部このフォルダに時系列で保管する。

もし、一日の中で複数のイベントを記録したい場合には、例えばこんな風にフォルダ名を命名すれば良いだろう。

16[金]a-のんさんの舞台「私の恋人」を見に行った
16[金]b-夜はのんさんと二人で食事

まあ、妄想日記で有る事には間違い無い。

でも、このように時系列で分類するだけだと不便だ。カテゴリーでも分類したいのだが。

それを解決したのがワレコ式だ。

さっそく解説しよう。

カテゴリー分類はフォルダのショートカットで行う

例えば

10[土]-なにわ淀川花火大会へ行った

の「日々の記録」フォルダなら、それはデジカメ画像も保管しているので、このフォルダのショートカットを大分類「写真」フォルダにも作成しておく(下図)。

要するに、「日々の記録」フォルダに保管したオリジナルデータの中で、写真に関係するものは「写真」フォルダにショートカットを作っておくのだ。

もし、なにわ淀川花火大会が旅行にも分類しておきたい場合には、そのフォルダのショートカットを「写真」だけでなく「旅行」フォルダにも作っておいても良い。

このようにしておくと、

去年の淀川の花火大会の写真どこに仕舞ったかなあ?

と悩んだ場合に、

 

確か2018年の8月だったので2018/8フォルダを探してみよう。

デジカメ写真も撮ったので写真フォルダを探してみよう。

花火大会は旅行フォルダにもショートカットを作った気がするなあ。

と言う感じに、目的のデータに辿り着く手がかりが幾つも閃くのだ。

その結果、短時間で目的のデータを見付ける事が出来るだろう。

検索に三時間も費やして、結局見付けられないなんて言う事態は起こらない。

かつ、最終的に辿り着くのは「日々の記録」フォルダにあるオリジナルデータなので分かり易い。

ファイルやフォルダがパソコンのハードディスクやSSDに分散する事なく、一つのフォルダ「日々の記録」に集約されるからだ。

素晴らしいぞ!

フォルダの命名規則に関しての補足

上に示した例では、年月日のサブフォルダは下図左のように「年」「月」「日」の形式にした。

図 時系列フォルダの命名規則は各自で工夫すると良い

でも、例えばマウス操作の手が滑って知らないうちに2019年8月の出来事の

10[土]-なにわ淀川花火大会へ行った

フォルダを2010年フォルダに移動してしまうなんて言う事もありうる。

でも、それを後から見付けても、淀川花火大会は何年何月の出来事だったかなあ?と分からなくなるだろう。

そう言う混乱や勘違いを避ける為に、上図右のようにフォルダ名には年月日を付ける案でも良い。

フォルダ名が長くなり冗長にはなるが、うっかりミス回避には効果があるだろう。

例えば花火大会のフォルダなら、

2018-08-10[土]-なにわ淀川花火大会へ行った

のように年月日を先頭に付ける。

もちろん、

20180810[土]-なにわ淀川花火大会へ行った

180810[土]-なにわ淀川花火大会へ行った

などでも良いだろう。その辺りは好き好きだ。

ワテのお勧めとしては、上図右のように、年月日を先頭に付ける方式だ。

そうしておくと、そのフォルダのショートカットをカテゴリーフォルダ(例えば写真フォルダ)に作成した場合でも、

2018-08-10[土]-なにわ淀川花火大会へ行った - ショートカット

となるので、複数個のショートカットを一つの「写真」フォルダに全部まとめて保管した場合でも、ファイル名でソート(並べ替え)すれば時系列で並ぶので瞬時に目的のフォルダが見付かるからだ。

もし、上図左のように分類する場合には、「写真」フォルダも同様に年月日のサブフォルダを作成すれば良い。

どちらを採用するかは自由だが、あるいは、両方の手法を採用しても良い。

つまり「写真」フォルダは年月日サブフォルダで分類する。

それとは別に「写真全部」フォルダを作成しておいて、そのフォルダにはサブフォルダは作成せずに、全部のショートカットを入れておくのだ。

そうすれば、年月日で探す事も出来るし、全部のショートカットを並べ替えて目で見ながら探す事

出来る。

後から修正・追加する場合も「日々の記録」オリジナルデータに対して行う

例えば、

2018-08-14[水]-自動車にドラレコを自分で取り付けた

の中に、ドラレコ取り付け時のデジカメ画像を保管した。

その数日後に、両面テープで貼り付けていたドラレコが剥がれ落ちてしまったのでネジ止めに改良し、その作業をデジカメ画像に撮ったので再び保管した。

2018-08-24[水]-自動車にドラレコを自分で取り付けた(取り付け方法を改良)

こんな風にオリジナルデータは「日々の記録」フォルダに対して保管する。

また、この例のようにドラレコ取り付けと言う関連するフォルダはそれぞれのフォルダの中に、互いのショートカットを保管しておくと、ドラレコ取り付け作業は二回行ったと言う事も分かる。

まとめ

自称パソコン十段、英検3級の、漢字検定未受験のワテが、画期的なパソコンフォルダ整理術を思い付いた。

名付けて「ワレコ式ファイル・フォルダ整理術令和元年バージョン」だ。

その要点は、日々の出来事を「年」「月」「日」のサブフォルダを用いて時系列で保管する。

次に、その日々の出来事フォルダに何か関連テゴリーがあれば、その日の出来事フォルダのショートカットを各カテゴリーフォルダの中に作成する。

これだけだ。

これによって、パソコン上のあらゆるファイル、フォルダを時系列で管理できると同時にカテゴリーでも分類できる。

他には何のテクニックも必要ないし、専用のソフトウエアなども全く必要無いのだ。

完璧や!

本を読む

まあ、興味ある人はこの手の本を読んでみると良い。

果たしてこの記事で紹介したワレコ式を上回る手法があるのかどうか?

もしそんな素晴らしい手法があるのなら、下のコメント欄などからお教え下さい。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

アイデアパソコン
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント