【ワテは分からん】重力波 – 何やそれは? LIGOの場所と地図

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

重力波の発見のニュースが世界を駆け巡っている。

重さのある物体が動いたときに周囲の時間や空間がゆがみ、波のように伝わる現象らしい。
アインシュタインが100年前に一般相対性理論で存在を予言したそうだが、ワテにはサッパリ分からん。

大きな「ブラックホール」や高密度の「中性子星」などの非常に重い天体同士の合体や、星が大爆発する超新星爆発などで重力波が発生するらしいが、とても微弱な波らしいのだ。

どれくらい弱いのか?

 

重力波が地球に届いても、地球と太陽の間の距離が原子1個分ゆらぐくらいの僅かな変化しか起きないらしい。

 

そんなもん観測できるのか?

 

観測装置の近くでデカい声出せばその振動で検出器が誤作動するんじゃないのか?

ワテは今回のニュースは信じられない。

つまり、ワテは、懐疑波、いや、懐疑派だ。

 

兎に角良く分からんが、アメリカにある

LIGO

という検出装置で重力波を捉えたそうだ。

Wikipediaにある図表を引用させて頂く。

LIGO control

コンピュータが多いな。

 

LIGO detector sensitivity curve
By Christopher Moore, Robert Cole and Christopher Berry (http://www.ast.cam.ac.uk/~rhc26/sources/) [CC BY-SA 1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/1.0)], via Wikimedia Commons

えらい簡素なグラフやな。でも分からん。

 

 

LIGOsensitivity
By Suiseiseki (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 4.0-3.0-2.5-2.0-1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0-3.0-2.5-2.0-1.0)], via Wikimedia Commons

文字を日本語で書いて欲しい。それなら分かるかもしらん。

 

 

 

Simplified diagram of an Advanced LIGO detector
By Abbott, B. P. et al. [CC BY 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons

分からん。

 

 

 

LIGO-LISA

By NASA (http://lisa.jpl.nasa.gov/gallery/ligo-lisa.html) [Public domain], via Wikimedia Commons

分からんが、この絵は色使いが上手いな。

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そのLIGOという施設の場所と地図

LIGO Laboratory
MC 100-36
California Institute of Technology
Pasadena, CA 91125
Information: (626) 395-2129

われこマップ   http://goo.gl/elvwTV

 

 

そして今、全く話題になっていない

AMSV

というワテの自信作だ。

LIGOとは、四文字と言う以外に共通点は無い。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ生活
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント