【ワテ調査】陸上自衛隊 野外炊具1号(改)の紹介

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

平成28年 (2016年) 熊本地震では、各地の避難所で炊き出しが行われているが、その中で陸上自衛隊の 炊き出し車両が話題になっている。

早速調査してみた。。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

陸上自衛隊 野外炊具1号(改)の紹介

2016年4月16日のツイッターでは以下の写真が掲載されている。

陸上自衛隊の炊き出し車両だ。
Wikipedia情報によると陸上自衛隊の炊き出し車両には、以下の三つのバリエーションがある。

野外炊具2号主に小部隊用の炊き出しに使われる。3つのかまどで構成。最大50名前後の炊飯が可能。
野外炊具1号(改) 
野外炊具2号(改)野外炊具2号の改良バージョン。野外炊具1号のユニット1個に発電機などを組み込んで移動可能にしたもの。

 

冒頭のツイッター写真の車両は恐らく野外炊具1号(改)だと思うのだが、確証はない。

(詳しい人教えて下さい。)

 

その車両の紹介。

陸上自衛隊 野外炊具1号(改)

Yagaisuigu1

写真 陸上自衛隊 野外炊具1号(改)

 

その性能など。

性能
長さ4,595mm
2,310mm
車両総重量2,500kg以下
炊飯能力200人分(最大250人分)の主食及び副食が概ね45分以内に同時に調理できる。
牽引車73式大型トラック
Type73ogatatrusk.jpg
By Ypy31 – 投稿者自身による作品 (Photo by me), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2979626
調理の種類炊飯、汁、焼・煮・炒・揚げ物等の調理が可能
構成
かまど6
外釜6
内釜8
揚げなべ2
バーナーAssy6

 

なお、上記表では、炊飯能力が200名分とあるが、これは炊飯(主食)だけでなく汁など(副食)の料理も同時に行う場合の性能だ。

 

特定の調理に使う場合の最大炊飯性能は以下の通り(主にWikipediaの説明による)

最大炊飯能力
炊飯のみ6釜で約600名分(災害対応時、おにぎりで約800名弱分炊飯することもある)
主食・副食・汁の同時調理約200名(焼き物の調理はほとんど不可・2釜で炊飯、2釜-3釜で副食調理、1釜で汁物、残りの1釜は予備および洗い物用の湯沸かし用)
汁物のみ6釜で1500名分(具材などにより多少の前後がある。ワカメのみなら1800名分まで調理可能)
焼き物の調理:1釜で1度に数名-10名分、または30名分程度が理想。ただし、通常は焼かないで、煮込むなどの加熱処理をする場合、上記の約200名に該当する。通常 の釜では対応が出来ないため、鉄板等を事前準備しなければ対応は基本的に不可であるとともに、バーナーが灯油バーナーであるために灯油の臭いが食材に移る 可能性もあるため、原則として焼き物は調理されない。
揚げ物の調理:1釜で1度に5名-10名分程度の調理が可能。繰り返すことにより約200名分ぐらいまで対応する。天ぷらなどの場合など軽易な揚げ物調理は通常付属品の浅釜を使用するが、とんかつや唐揚げなど大量に調理する場合は内釜を使用する。
炒め物の調理:製造元のマッキンリー社によれば、火力が強い事と火力調整操作はノズルの目詰まりを起こす可能性がある為に、内釜での調理は推奨せずに浅釜で少量の炒め物 程度を行うよう推奨している。部隊には野外炊具が配備される以前から使用されていた「野戦釜」が正式な員数から外された状態で残されている事から、ドラム 缶などで竈を制作したうえで野戦釜による炒め物や煮込み調理がされる場合が殆どである。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/野外炊具

 

ところで、陸上自衛隊 野外炊具1号(改)の炊飯能力が気になる。

6釜炊飯で約600名分を45分と言う物凄い能力

6釜で約600名分を45分と言う物凄い能力だな。

普通の炊飯器の何倍かな。

お米一合でお茶碗二杯くらいだから、お握りにすると 2個くらいになる。

だから、野外炊具1号(改)では、6釜でおにぎりで約800名弱と言う事なので、お米400合くらいを焚けるのかな。

割と一般的だと思われる3合炊きの炊飯器の

133台分か。

凄いな。

 

それを6釜で炊くようだから、1釜では、

400合 / 6 = 67 合

のお米を炊ける計算になる。

想像も付かない巨大な鍋だな。

ここに写真が有った。


ちなみに、お米はこのように鍋で炊いても十分美味しく炊ける。

その件に関しては、この記事で紹介したい。

陸上自衛隊 野外炊具1号(改)の製造元

一体全体、どんな会社がこんな物凄い車両を作っているのか気になったので調べてみた。

野外炊具 製造元

などのキーワードで検索すると、

伸誠商事株式会社

マッキンリーネクスト株式会社

と言う会社名がヒットする。

それらのホームページの情報を以下に引用。

 

■会社名   伸誠商事株式会社
■代表者   代表取締役 松井智則
■資本金   2,400万円
■設 立   昭和17年3月1日
■所在地   〒101-0032 東京都千代田区岩本町一丁目8番3号
■事業内容  各種金属・樹脂製品の製作及び販売、各種厨房機器・医療機器の製作及び販売、その他機器・工具関係の制作及び販売
 http://www.shinseicorp.co.jp/product.html

 

社名マッキンリーネクスト株式会社
創立平成26年12月
資本金4,000万円
代表者名福井 哲雄(フクイ テツオ)
従業員30名
ホームページhttp://www.mckinley-next.co.jp/
事業内容
  • ライスボックス・レンジテーブル等キッチン用品の製造販売
  • ガソリン携行缶の製造販売
  • 次亜水生成装置(CELA)及び周辺装置の販売施工
  • ハラル認証ノンアルコール除菌液(EVARY CELA)の製造販売
  • 保冷庫の製造
  • 防衛関連部品の製造
住所本社
〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和131
TEL:053-542-0516(代表) FAX:053-542-0543

 

はっきりとは書いていないが、防衛関連の製品を作っているようなので、たぶん、このマッキンリーと言う会社が野外炊具1号(改)の製造元なのかな。

それで、伸誠商事さんは何となく商社っぽい名前なので、販売元なのかな?

以上、ワテの推測です。間違っているかもしれません。

まとめ

驚いた事にアマゾンにも売っている。

こういうのを買う人は相当なマニアの人だな。企画して販売する会社も凄いが。
青島文化教材社
と言う会社のようだ。他には、普通の美少女人形フィギュアなども作っているようだが、団地組み立てキット人体解剖スケルトンモデルなどという奇抜なモデルもあるぞ。あらゆるマニアの要望に応えるマニアの中のマニアのような会社だ。

 

スポンサーリンク
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

何でも調査
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント