京都市右京区 ゴミ屋敷 行政代執行で強制撤去 場所と地図

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

2016/3/25(金)報道のニュースはこちら

【ワテ調査】京都市行政代執行 出町商店街の種苗店 ダンボール箱山積み【これはアカンだろ】

 

以下は 2015/11/14 執筆の記事


 

ネットニュースで興味深いニュースを見た。

ごみ屋敷のごみを「ごみ屋敷条例」に基づき京都市が強制撤去したと言うニュースだ。

年に何度かはこの手のゴミ屋敷問題のニュースが報道される。自宅の敷地内に積み上げたゴミの悪臭などで近隣住民が迷惑しているというニュースだ。

それらの多くは自宅私有地内に置かれているので、行政は指導するけれども、強制撤去することが出来ない。

今回ニュースになったのゴミは、京都市右京区の50代男性が自宅玄関前に積み上げたもので、それを京都市の職員が今年の1月に制定された条例に基づき行政代執行をしたのだ。

その条例では、「ごみを放置すると緊急時の避難や救急搬送が妨げられ、住民の生命も脅かしかねない状態」と判断されるような場合には、強制撤去出来るらしい。

ニュースでは、5,6人の職員がゴミを運び出す様子が映っていた。

その場所と地図

たまたま見たネット動画ニュースに映っていた一場面だ。

職員がゴミを車に積み込んでいる場面だ。車は空地のような所に停めてある感じだ。

右端の男性の頭のところに緑色の看板が見える。

何となく気になったので、

京都市右京区のあたりを自作のわれこマップで散策してみた。

そうすると、なんとなくこの動画の場面らしき場所があるのに気付いた。


緑色の看板が良く似ている。

たまたま似ているだけかもしれない。

なので、この付近にゴミ屋敷があったのかどうかは未確認です。

現在は、ゴミも無くなり住人だけでなく近隣の人もスッキリしている事だろう。

ちなみに報道では、この日のごみ収集にかかったゴミ袋代金の費用として1万円程度を男性に請求するらしい。

これを聞いて大変驚いた。市の職員5,6人が一日作業した訳だから人件費だけでも

数万円 x 5,6人 = 数十万円

は掛かっていると思う。

それにもかかわらず1万円で自宅周りのゴミを回収してもらえるんなら、これを逆手にとって不用品を自宅周りに積み上げて行政に1万円で処理してもらおうなどど考える不逞の輩が出て来るかもしれないぞと思った。

まあ、そんな世の中にならない事を願う今日この頃だ。

 

さて、私も久しぶりに部屋を掃除するかな。

皆さんも掃除してみてはどうですか?

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

われこマップ
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント