【ワレコの講座】JavaScriptで変数が変更されたタイミングで何か処理をしたい(解決)

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

JavaScript で WEBプログラミングをしていると、複数の html ページの間で変数の値を受け渡したい場合が出て来る。

当記事では、ワテが知っている幾つかの方法を紹介したい。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JavaScriptでデータを受け渡す幾つかの方法

調べた限りでは、各種の方法があるようだが、ワテが試したのは、

window.postMessage()                      // メッセージを送信
window.addEventListener("message", ... )  // メッセージを受信

localStorage.setItem()  // ローカルストレージに書き込む
localStorage.getItem()  // ローカルストレージを読み取る

の二種類だ。

前者は、メッセージを送受信する方式。

後者は、ローカルストレージという記憶領域に読み書きする方法だ。

Cookie に良く似ているが Cookie の場合、書き込む時に有効期限何日とかの値も指定する必要があるが、ローカルストレージには無いようだ。

JavaScript の変数が変更されたタイミングを検出する

さて、ここでは上記の二例とは少し趣が異なるが、何かに使えそうな機能を見つけた。

それは JavaScript の変数の内容が変更されたタイミングを検出する事が出来るのだ。

その例を以下に示す。

実際に実行してみたい人は、このHTMLの部分をコピペしてメモ帳にでも貼り付けて

test.html など適当な名前で保存してそれをブラウザーで開いてみると良い。文字コードはUTF-8にしておくと良い。他の文字コードだと化ける場合がある。

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
    <title></title>
</head>
<body>
     <script type="text/javascript">
 
        var Item = function (val) {
            this._val = val;
        }
 
        Item.prototype.setValue = function (val) {
            this._val = val;
            alert('Itemの値が ->' + val + '<- に変更された。');
        }
        Item.prototype.getValue = function () {
            return this._val;
        }
 
        function btn_set_CB() {
 
            var datetime = new Date();
 
            Item.prototype.setValue(datetime);
 
        }
 
    </script>
 
    <input type="button" value="値をセットする" onclick="btn_set_CB()" /><br />
 
</body>
</html>

実行結果は以下の通り。

ボタンを押すと、押した日時の値を文字列として変数 Item に保管 (setValue) する。

そのタイミングで、アラート画面が出る。
2015-12-31-javascript.prototype.setvalue

まあ、何かに使えそうな機能だ。

 

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

JavaScript
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント