【ワレコDIY】工具収納方法の画期的アイデア2【大型版作成】

スポンサーリンク

写真 座禅をして精神統一を図るDIY女子のイメージ(このあと木工作業か)

最近、木工DIYに凝っているワテであるが、作業台を自作したのでDIY作業が大変やり易くなったぞ。

一方、ワテは昨年こんな工具収納ボックスを作成した。

ビニールホースを使う世界発だと思われる画期的なアイディアだ。

当記事では、工具収納ボックスの大型版(Ver2)を作成した。

その製作過程を紹介したい。

では、本題に入ろう。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビニールホースを使う世界発だと思われる画期的な工具収納方法

構想に十年以上の歳月を掛けてワテが考えた工具収納のアイディアがこれだ。

ホームセンターなどで売っている安いビニールホースを使うのだ。

写真 ホームセンターで売っている透明ビニールホース(各種サイズ)

このホースを10cm程度にカッターで切断して、木枠にはめ込んだ(下図)。

写真 工具収納ボックス1号機の設計図(Rhinocerosお試し版で作成した)

 

その第一号ツールボックスにハンドツールを収納した状態。

写真 第一号ツールボックスにハンドツールを収納した状態(横置き)

 

実は、元々は縦置きにして下図のように使う予定であった。

写真 第一号ツールボックスにハンドツールを収納した状態(縦置き)

この時には、チューブの角度がほぼ水平になるのでチューブに挿し込んだ工具が抜け落ちそうになる問題があった。また、荷重が片側に集中するので安定性も悪かった。

それと、チューブの数が少なかったので入りきらないハンドツールがあった。

そこで、今回、チューブ式工具収納ボックスVersion2を作る事にしたのだ。

チューブ式工具収納ボックスVersion2の製作開始

Ver1での反省を踏まえてVer2を設計した。

チューブ式工具収納ボックスVersion2の仕様

大きさは以下の通り。

  • 縦  275mm
  • 横  390mm
  • 奥行 80-165mm

この後、実物の写真が登場するが、二枚の側板は台形の形状をしているので、奥行きは底辺が165mm、上辺が80mmとなっている。

使う材料は、以下の通り。

  • 12mm合板(側板)2枚
  • 1×4(19×89)木材 2本
  • 透明ビニールホース 直径10mmから32mmくらいのもの(7種)

木材のカット作業開始

今年の正月に自作した工作台を使って木材のカットを行う。

マキタ丸ノコM565も買ったので直線カットが楽しい。

写真 自作した2台の作業台がL字型の配置になっている

2台の作業台の隙間を2cmくらい広げておく(下図)。

その上にカットしたい板材を置き、丸ノコを直線カットするためにガイドとなる板(茶色)を載せる。

その状態でF型クランプで部材を作業台に固定する(下図)。

写真 自作作業台の上にカットする合板と直線ガイドよう合板を重ねてF型クランプで固定

DIYにはクランプは必須だ。特に木工作業の場合には木材をしっかり固定しておくと両手が自由に使えるので作業がやり易い。クランプは多過ぎて困る事は無いが少ないと困る。特に板材を接着する時などに。

マキタ丸ノコM565はAC100Vタイプなので電源ケーブルをコンセントに挿す。

テーブルタップは、先日作成した棚の棚受け棒(45度傾斜)に固定しているので、そこに電源ケーブルを挿した(下図)。

写真 マキタM565電動丸ノコでカットする前の状態

電動丸ノコはコードレスのほうが作業はやり易いが、値段も高くなる。

でもワテの場合は上写真のように電源ケーブルが垂れ下がる構造にしたので作業中にケーブルが絡みにくいのでコード有りだが作業性は良いと思う。

で、実際にカットしたのが下写真。

写真 2台の作業台の隙間を利用して側板を台形形状にカットした

なお、カットには失敗した。上写真のように切り口に大きなバリが出来てしまった。

その理由は、上の方で紹介した写真のようにカットしたい板、直線ガイドの板(茶色)を重ねたが、その直線ガイド板が厚すぎたのだ。

その結果、丸ノコの左側に出っ張っているモーター部分が板に当たるので丸ノコのベースプレートが数ミリ浮いていたのだ。

それに気づかずにカットしたので、木口がバリバリになってしまったのだ。

なので、上写真の切断は両刃鋸を使って手作業で行った。

次回何かカットする時にはもう少し薄い板材を使ってカットしたい。

あるいはこんな工具を買えば良いのかな。

アマゾンのレビューでは高評価だ。ワテも買ってみるかな。

横板を釘で固定する

下写真のように2枚の横板を固定した。

写真 2枚の横板を側板に釘で固定した

横板は1×4木材を360mmくらいにカットした。

それを32mmの釘で側板に固定した。当初は木ネジで固定しようとしたが、上写真のように横板は水平ではなく斜めに配置している。

この状態で木ネジを電動ドリルでねじ込むのは手が二本では足りなかったので位置がずれてしまう。

なので、木ネジはやめて単純に釘で打ち付けた。

横板の角度は目分量で適当に決めた。計測はしていないが35~40度くらいかな?

ビニールホースを詰め込む

さて、木枠の部分が完成したのでいよいよビニールホースをカットして詰め込む。

写真 ビニールホースを詰め込んでいる途中の写真

ビニールホースは適当に90mmくらいにカットした。

下のほうに大型のペンチなどを挿し込んで収納する予定なので、下部には太目のホースを詰め込んだ。上に行くほど直径の小さめのホースを詰め込んでみた(上写真)。

ここでチューブを使い切ってしまった。

 

ちなみに、チューブ式工具収納ボックスVersion1は以下の通り。

写真 チューブ式工具収納ボックスVersion1を上から撮った写真

上写真の第一号機はチューブの費用が約千円だった。

第二号機のチューブが足りなくなったので一号機のチューブを抜き取って利用した。

写真 チューブを目一杯詰め込んだチューブ式工具収納ボックス第二号機の写真(ちょっとキモイぞ!)

チューブを差し込む時には摩擦が大きいので水を霧吹きで吹き掛けると良い。

ワテの場合は、消毒用エタノールスプレーが有ったのでそれをシュッシュを吹き掛けて作業したら、スルスルとチューブを差し込む事が出来た。

完成したチューブ式工具収納ボックスを早速使ってみる。

チューブ式工具収納ボックスVer2を早速使ってみる

山金工業の作業台の上にチューブ式工具収納ボックスVer2を設置した。

ワテが電子工作に使ってる作業台はこれだ。

ちょっと値段が高かったのだが、丈夫な作業机を欲しかったので以前に思い切って買った。

なので、冒頭で紹介した木工用の作業台(2台)は出費を抑えるために自作した(設置場所にピッタリのサイズで作りたかったのが最も大きな理由だが)。その時の費用は材料代だけで約1万円だった。

チューブ式工具収納ボックスVer2に手持ちのハンドツールを適当に挿し込む

取り敢えずその辺りにある手持ちのハンドツールを適当に挿し込んでみた(下写真)。

これら以外に部屋中に散らかっている工具があるのでそれらもこの後で挿し込んで収納する予定だ。

写真 取り敢えず手持ちのハンドツールを適当に挿し込む

まあ見た目は今一つであるが、実用性は抜群だと思う。

ワレコ式チューブ式工具収納ボックスVer2の長所

  • 何と言っても多数のハンドツールを高密度に収納出来る
  • 大中小の様々な直径のビニールホースがあるので工具の先端形状に応じて好きな場所に挿せば良い
  • 押しつぶされて楕円形状になったチューブには先端が幅広のツールを挿し込める
  • スプリング付きラジオペンチも先端が広がる事無くピッタリ閉じて収納可能だ
  • 金属製の収納ボックスならガラガラと不快な接触音が出るがワテ方式では素材がビニールなので工具の抜き差しで一切音が出ない
  • どこに何を挿しても良いので使いながら自分が最も使い易い場所にそれぞれのツールを挿せば良い。
  • 工具の持ち手が自分の方を向くので収納も取り出しも無駄な操作が一切不要
  • 設置場所の大きさに応じた縦横寸法で作れば良いのであらゆる人の作業台に設置可能
  • 完成後もいつでもチューブのサイズや位置を入れ替えられる
  • 割と安い費用で作成出来る(Ver2のホース代は2500円くらい、Ver1は1000円くらいなので合計3500円+木材)

などか。

まあ、今回作成したVer2は大型化したので使用したホースも長くなりホース代金が合計3500円になってしまった。

もし皆さんが同じようなものを作る場合は、透明ホースではなくて園芸・農業用の散水ホースが安いのでお勧めだ。

これなら30メートルで約3000円なのでメーター当たり100円。

ワテが買った透明ビニールホースの場合は細い物(内径10mmくらい)でメーター200円、内径32mmくらいのものでメーター600円程度だった。

それとワテの場合は直径の事なる7種類ものビニルホースを使ったが、大小二種類くらいで良いかもしれない。

さらに、ビニルホースは90mm程度にカットして使ったがもう少し短くても良いかもしれない。例えば50mmくらい。でもあまり短くすると詰め込んでいるホースが何かの拍子にばらけてバラバラに分解する可能性もあるので要注意だ。

そいう言う心配がある場合には、接着剤で貼ってしまっても良いかもしれないが、その辺りは皆さん自由にして下さい。

裏板は取り敢えず無しで使っている

なお、写真で示すように、現状では裏板のようなものは張っていない。

その結果長いトライバーの軸なども何かに当たる事無く奥まで差し込める。

でも、チューブの直径より細いペンとか精密ドライバーなどを挿し込むと引っ掛かるものが無いので奥に抜け落ちてしまう問題がある。

その辺りは必要に応じて裏板を貼るとか、あるいは、全面に貼るのではなくて、抜け落ちるような細目のツールを挿し込む予定の部分にのみ裏板を貼るなどで対処すれば良いだろう。

まとめ

構想に十年以上の年月を掛けてワテが考案したチューブ式工具収納ボックスであるが、今回作成した第二作目(Ver2)は物凄く使い易い。

「ワレコ考案 チューブ式ハンドツール収納ボックス」

とでも名付けるかな。

Ver1では縦置きにすると片側に荷重が集中して不安定になる欠点があったので、Ver2ではその辺りの対策を施して安定感のある構造にした。

すなわち側板を台形形状にすると同時に、棚板も傾斜させたので差し込んだハンドツールが斜め上に向くようにした。

下部には太目のチューブを配置して大型のペンチ、プライヤー、ニッパーなどを挿し込むとより安定感が増す。

好きな場所に好きなツールを挿し込めるので操作の自由度が高い。

どんな先端形状のツールであってもチューブの直径より細ければ挿し込んで保持出来る。

例えばこんなツールですら難なく収納できるのだ。

上写真の場合は二本のチューブに挿し込めば良い。

上写真の圧着工具の場合は、先端が幅広なので、最も太いチューブ(内径32mm)を押しつぶして細長くなっている場所に挿し込めばどうにか保持出来た。32mmよりもう少し太いチューブを使うと尚良いと思う。

その場合は、工具に合わせていつでも太さの違うチューブに入れ替えるなども自由自在に出来るのが素晴らしいぞ。

上写真のバネ付きラジオペンチも、チューブに挿し込めば先端がピッタリと閉じていい具合に収納できるぞ。

完璧や!

構想十年以上のワテの努力がここに実を結んだのだ!

皆さんにもお勧めしたい。

スポンサーリンク
ワテ推薦のプログラミングスクールで学ぶ
コメント募集

この記事に関して何か質問とか補足など有りましたら、このページ下部にあるコメント欄からお知らせ下さい。

DIYアイデア
スポンサーリンク
warekoをフォローする
スポンサーリンク
われこ われこ

コメント